風速10mってどのくらい?自転車や電車などはどうなる?

スポンサード リンク

風速が10mを平均して超えると強風注意報が発令されます。(東京の場合)

時速で言えば時速36kmとなりますね。

風速10mと言われると、

電車大丈夫かなあ?
自転車大丈夫かなあ?
服装大丈夫かなあ?

っていろいろ考えちゃいますけど、実際、どのくらいなのか分かりそうで分からないところがありますよね。

そこで、風速10mが体感的にはどのくらいなのかまとめてみました。

風速10mってどのくらい?

強風注意報、つまり風速10mになる場合

「強風によって、災害が起こる可能性がある」

という定義されています。

日本の場合、風の強さは、風速で表す時もあれば、風力階級という0~12の数値でも表されたりします。

ちなみに風速が、秒速10mの場合、

風力5:(秒速8.0~10.8m)か
風力6:(秒速10.8~13.8m)

という感じになります。

風力5では葉のある低い木が揺れ始めるようになります。

そして、風力6では、気の大きな枝が揺れて、電線がうなります。

また、傘がさしくにくなったり、壊されたりする場合があるので、注意が必要です。

スポンサード リンク

風速10mは生活とどう関わってくるのか?

では、風速10mは私たちの生活と具体的にどう関わってくるのでしょうか?

具体的な例を挙げながら、まとめてみました。

自転車

走れないことはないですが、ちょっときついかんじになってきます。

もちろん、傘さし運転は危ないから絶対ダメです。

電車

電車は秒速15~20mぐらいで、徐行運転を始めるところ多いと言われています。

ですから、基本的には大丈夫だと言えます。

飛行機

飛行機も風速13mぐらいから制限されてくる場合があります。

ですから風速10mであれば何とか大丈夫でしょう。

ディズニーランド

ディズニーランドは風速10m以上になると、ショーやパレードが中止になってくるので注意が必要です。

ですから、強風注意報が出ている時は、事前にチェックしておいた方が良いと思います。

工事現場

労働安全衛生法によると、10分間の平均風速が、秒速10m(風速10m)以上になった場合、強風と定義され、クレーンを使うような作業が禁止されるようになってきます。

工事現場は何か事故が起こったら大変ですからね。

海は説明するのが少し難しいところもあるので、風速10mの時の海の様子を映した動画をご紹介しておきます。

出来るだけ、分かりやすく具体的にまとめてみましたが、強風注意報が出た時は、風速10mでこれぐらいの感覚なんだなあとご参考にして頂ければ幸いです。

また、風速が20mを超えると、今度は暴風警報に変わり、いろいろなところに支障が出始めます。

ですから、風が強くなってきたら、天気予報を小まめにチェックしながら、しっかり対策をしていって下さいね。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

サブコンテンツ

ブログランキングに参加しています。

このページの先頭へ