米2キロだと何合になる?一人暮らしにはベストな量って本当なの?

米2キロだと何合になるのでしょうか?最近は、スーパー以外にもドラッグストアなどで色々なお米が手に入るようになりました。サイズや銘柄など種類が豊富ですが、どのくらいのお米の量を買ったら新鮮なうちに使い切れるのか知っていますか?店頭でもよく見かける2キロの米が何合分のご飯になるのかわかれば、買い物もしやすいですよね。

この記事では2キロのお米で何合になるかという情報だけでなく、何食分で何日持つのかという観点からもお伝えしていきます。さらに、2キロの米を買うメリットについても詳しく解説をしていきますので、ぜひご参考にしてください。

次郎
次郎
米2キロだったら、どれくらい持つのかなあ。

米2キロだと何合?


米2キロは何合分になるのか、すぐにわかる人は少ないのではないでしょうか?お米は1合が150グラムです。2キロのお米を1合分の150グラムで割れば何合分か割り出すことができます。

2キロ=2,000グラムなので、2,000グラム÷150グラム=13.333… 
 
ということで米2キロは約13.3合分であることがわかります。

昔、遠足や家庭科の調理実習でカレーなど作る時に一人1合の米を持っていきましたが、結構な量があったように記憶しています。その13.3倍ですから、それなりの量にはなりそうですよね。

ただ、この情報だけだと、あまりピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、次に、ご飯13.3合分はもう少し具体的に言うと、どのくらいの量なのかお伝えしていきます。

花子
花子
13.3合と言われるても分かったようで分からないような。

米2キロは一人暮らしだとどうなる?

一人暮らしなどで自炊にチャレンジする時、どのくらいのお米を買ったら使い切れるのか気になりますよね。もしも一人暮らしの部屋でお米が余って虫なんて湧いたら最悪です。

米2キロが13.3合であることはわかりましたが、これっていったい何食分で、どのくらいで使い切れるのか具体的な数字がわかると買いやすいですよね。では、2キロの米を買ったらどのくらいで使いきれるのでしょうか。

米2キロだと何食分?

米2キロは何食分になるのでしょうか?米を炊くと水分を吸って膨張するので2.2倍のご飯になります。2キロの米は

2キログラム(2,000グラム)×2.2=4,400グラム

つまり、ご飯の量は4,400グラムになります。レンジでチンできるご飯のパックの標準サイズは200グラムなので1食200グラムと考えると、

4,400グラム÷200=22

ということで米2キロは22食分のご飯になります。

米2キロだと何日持つ?

米2キロだと何日持つのでしょうか? 米2キロが22食分ということは

  • 一人暮らしで1食だけご飯を食べるとすると22日
  • 一人暮らしで2食だけご飯を食べるとすると11日
  • 一人暮らし朝昼晩3食ご飯を食べるとすると約7日(1週間)

こんな感じで消費できることがわかります。米2キロを買うと新鮮なうちに消費できそうなことがお分かりいただけるかと思います。

米2キロを買うメリット

米2キロは一人暮らしでも新鮮なうちに消費できますが、一人暮らしでも朝昼晩と毎回3食ご飯を食べていると米2キロで1週間しか持たないのですぐに無くなってしまいますよね。

しかし、スーパーなどでは2キロの米が、たくさん売られています。つまり、それだけ米2キロを買うということにはメリットがあることの裏返しとも言えます。では、実際に2キロの米を買うメリットとしては、どんな点が挙げられるのか詳しくご紹介していきます。

新鮮なお米が味わえる

すぐに使いきれる量ということは、新鮮なうちに使いきれるので美味しいお米を味わえることを意味します。お米の鮮度はおよそ1か月と言われています。一人暮らしで毎日1食しか食べない場合でも22日で使いきれるので、平日だけの消費でもおよそ1か月で食べきることができます。

新鮮な米というと新米を想像しがちですが、精米したての米も新鮮な米で美味しくいただくことができます。新米は秋の収穫後にしか味わうことができませんが、精米は出荷量に合わせて徐々に行われるので、必要な時に購入した方が新鮮な米をいただくことができますよ。

米は玄米の状態では長持ちしますが一度精米してしまうと表面の脂質が酸化して臭いがきつくなってしまうんですよね。このことからも、精米されたお米はなるべく早くに食べた方が、良いことがわかりますですから、2キロの米は早くに使いきれるのでいつでも精米したての美味しいお米を食べることができるのです。

太郎
太郎
お米が美味しいと食生活が充実するよね。

持ち運びが楽

米2キロを買うメリットは何といってもその軽さです。米5キロぐらいになると女性一人でギリギリ持つことができますが、ほかの食品も買うとなると持って帰るのは難しくなります。

お米を買って帰ってまたほかの食材を買いにスーパーに戻ってとなるととても面倒ですよね。しかし、2キロの米だと他の食材などを買っても一緒に持って帰ることができます。スーパーに2回行く手間が省けるという点でもすごく便利なのです。

いろいろな産地や品種を楽しめる

お米ってどうしてもメインのおかずに隠れて目立たないことが多いですが、結構、重要な役どころにいます。ご飯が美味しくないとせっかくのおかずも美味しくなくなってしまうからです。

特売などに釣られてあまり口に合わない時に限って、大量に買っていてなかなか消費できずに困ったことありませんか?(特売のお米が美味しくないという意味ではありません。あしからず)その点2キロだと万が一口に合わなくてもすぐに使い切ることができます。

また、いつもは食べたことのないような、高級な銘柄でも2キロだとまだ手を出しやすいですよね。色々な銘柄のお米を買って試すことができるのが2キロ買いのいいところです。

まとめ

米2キロだと新鮮なうちに食べきることができ、いろんな味も試せるのでまさに一人暮らしで自炊する人にはピッタリの量だと言えます。実際、米を2kgで買うと、10キロなど大量に買う場合に比べると値段がどうしても高くなってしまうデメリットがあることも事実す。

しかし、それ以上に米を2kgで買うことのメリットもいろいろあります。ですので、米2キロを買おうか迷っている方は、この記事でメリット・デメリットをよく考えて参考にしてみてくださいね。

その他のキロ数だとどうなる?

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました