赤色の作り方はないって本当?どうしても作りたい時のやり方はコレ

赤系の色は、国旗に一番使われている色です。他にも赤色は暖色と言って、暖かさを感じる特徴を持っています。赤色は交感神経に作用して活動的になると言われているので、鼓舞するためや士気を高めるために、国旗に多く採用されたのかもしれませんね。

さらに赤色は目立つ色だからか、子供にも性別関係なく人気の高い色となっています。そんな大人気の赤色なので、絵の具などすぐに切らしてしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、赤の作り方についてご紹介していきます。私はカラーコーディネーターの資格を持っているので、その観点から、赤色にまつわるお話も併せてご紹介していきます。

次郎
次郎
赤は情熱的な色だから好きだな。

赤色の作り方


まず、残念なお知らせなのですが、結論から言うと

  • 赤色は、他の色の絵の具を混ぜて作ることはできません。

赤を使って様々な色を作り出すことはできますが、元となる色である赤を作ることはできないのです。

赤色は作れない理由

では、赤色は、なぜ他の絵の具を混ぜて作ることができないのでしょうか。色の三原色であるマゼンタ・シアン・イエローはすべての色の基になります。この中のマゼンタが赤色です。この色の三原色は、すべての色の元なので他の色を使って作り出すことはできないのです。

正確にはマゼンダと赤は違うのですが、近い色の赤も他の色との混色で作り出すことは難しいです。絵の具は減法混色と言って、混ぜれば混ぜるほど色が濁り暗くなります。赤はとても鮮やかな明るい色ですよね。なので、他の絵の具を混ぜて作ろうとすると、どうしても暗く濁ってしまい、赤の絵の具のような鮮やかさを出すことは難しいのです。

ただ、それでもどうしても、何とかして赤以外の色を使って赤を作りたいという方のために赤に似たような色の作り方をご紹介します。

濃いピンク+黄色


濃いピンクと黄色で赤に近い色を作ることができます。濃いピンク3:黄1で混ぜると上の写真のようになります。

ただ、赤系統の色にはなるものの、絵の具の単色の赤とは少し違いますよね。

赤紫+黄色


赤紫に黄色というのは、後からご紹介するマゼンタと黄色を混ぜるというのとほぼ同じです。マゼンダはセットには入っていませんが、赤紫なら色数の多いセットであれば入っているかもしれません。

正確にはマゼンタではないので、黄色と混ぜると赤に近い色になります。上の写真は赤紫3:黄色1で混ぜたものです。ただ、この場合も、先ほどと同様に単色の赤のような鮮やかさを出すのは難しいですね。

マゼンタ+黄色

赤色は理論的には、色の三原色であるマゼンタとイエローを使うと作り出すことができます。会社や家で使うプリンターのインクを見てみると、赤ではなくマゼンタが入っていますよね。赤よりは少し赤紫に近い色です。

これに黄色を加えることで赤ができ上がるのです。しかし、このマゼンタは大きな画材屋さんなどに行かないと、手に入れることは難しいです。それに比べて赤の単色は大型スーパーなどでも売っています。最近では100均でも単色で手に入れることができるので、容易に手に入れることができますね。ですから、赤の絵の具がない場合は、混色よりも買いに行った方が確実で早いと言えます。

花子
花子
無理をして別の色から赤色を作ろうとするよりも、赤の絵の具を買いに行った方が費用対効果は高そうね。

いろいろな赤色の作り方(赤色がある場合)

赤は他の色の元となるものなので、逆に言えば赤があれば、いろんな色を作ることができます。そこで、ここからは赤を使ってさまざまな種類の赤の仲間を作っていきましょう。

朱色の作り方


朱色と言えば神社の鳥居など、和風のものを描くとときに重宝しますよね。赤とはまた違った鮮やかな色です。ハンコの朱肉もこの色ですよね。朱色は日本人になじみ深い色と言えるでしょう。そんな朱色は赤に少し黄色を入れると作ることができます。

ただ、黄色を入れすぎてしまうとオレンジ色になってしまうので注意が必要です。

ワインレッドの作り方


ワインレッドはその名の通り、赤ワインの渋い落ち着いた色ですよね。赤よりも暗く濃い色をしています。このため明るさや鮮やかさを落とすために暗い色で調整していきます。

ワインレッドは、赤にほんの少しだけ茶色と青を入れて調整すると作ることができます。また、暗い色にする時には安易に黒を混ぜないようにしましょう。というのも黒を混ぜてしまうと一気に彩度(色のあざやかさ)が落ちてしまうからです。上の写真は赤2:茶1:青1で混ぜたものです。

レンガ色の作り方

レンガ色を作るには、まず、赤とオレンジで朱色に近い赤を作り、そこへ黒を少しずつ混ぜて茶色に近づけていきます。これでレンガのような赤みの強い茶色の完成です。レンガ以外にも、パンのこんがり焼けた部分などを表現するのにもいいですね。

太郎
太郎
赤系の色を表現できるといろいろなシーンで重宝できそうだね。

最後に

赤は色の三原色の一つなので、どうしてもあのチューブの赤そのものを再現するのは難しいです。もし、オレンジ色など赤系統の色を持っていれば、色相対比を使って、より赤に見せるという方法もあります。たとえば、オレンジ色の周りに黄色を配置することで、黄色の補色である青紫方向へ誘導されるので赤に近づきます。

つまり、オレンジ単体で配色するよりもオレンジの周りに黄色を配色することで、オレンジ色が赤に近く見えるようになるのです。緑の敷物の上にマグロの赤身を置くと、より赤身が強調されるというのと似たような原理です。このように色を混ぜること以外でも、赤に近づけて見せるということも可能ですので、いろいろ試してみて自分の見せ方を見つけてみてくださいね。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました