仕事サボる人の末路!因果応報でバチがあたる?

仕事をサボる人を見るとあなたはどう思いますか?自分の仕事をやった上でサボるならまだしも、仕事を本当に何もしないでサボるとなると迷惑極まりないですよね。

そういった人を見かけると、一言二言文句を言いたい気持ちになってしまうからもしれません。でも、そんな必要はありません。なぜなら、あなたが何も言わなくても仕事をサボる人の末路は悲惨なものとなり、自ら教訓を得る可能性が高いからです

この記事では、そんな仕事サボる人の末路について解説をしていきます!

次郎
次郎
仕事をサボっている人を見ると本当にムカつくんだよねえ。

仕事サボる人の末路


仕事をサボる人といってもいろいろなタイプの人がいますよね。その中には自分の仕事を効率よく進めて、余った時間でうまくサボるという人もいます。この場合でしたら、仕事はきっちり終わっているので要領もよく、サボっているというより時間の使い方が上手く、実は優秀だと言うこともできます。

その一方で許せないのは仕事を何にもしないでサボるという人です。ただそのような仕事を本当にサボる人の末路は、大抵以下のような残念なものになります。

  • 人間関係が悪化する
  • 陰口を叩かれる
  • 相手にされなくなる
  • 重要な仕事を任されない
  • 昇給・昇進ができない
  • 辞めざるを得なくなる

それでは、具体的に解説をしていきましょう。

人間関係が悪化していく

仕事をサボる人は、人間関係がどんどん悪化していきます。周りが一生懸命仕事を進めていく中で、自分は仕事をしないわけですから浮くのは、ある意味、当然ですよね。チームワークを乱していることにもなり、周りもイライラしてしまいます。そうなると信頼はされませんし、良い人間関係が築けるわけがありません。

そうやって社内で孤立をするのは辛いものです。しかし、それは仕事をしてこなかった自分が悪いのであって自業自得だと言えます。

陰口を叩かれる

仕事をサボっていると陰口も叩かれることが多いでしょう。自分のいないところであっても陰口を言われていることはすぐに気がつきます。そしてそのような状態が続くとストレスも溜まってしまいますよね。

ただ、これも結局は身から出た錆だと言えるのです。

花子
花子
もちろん、陰口を叩くのは良くないことだけれども、どうしようもできない時ってあるわよねえ。

周りから相手にされなくなる

仕事をサボっていても、周りから相手をされているのであれば、まだマシかもしれません。しかし、人間関係が悪化して周りの評判が落ちると、次第に相手にもされなくなってしまいます。いわゆる窓際族と呼ばれる人になり、相手にもされずただ出社をするだけという日々を送る可能性が高まってしまいます。

仕事において自分の居場所を作ることはとても大切です。その居場所がなくなってしまうと自分がコミュニティにおいて必要ないものだと感じてしまうからです。

重要な仕事が任せられなくなる

仕事をサボっていると当然重要な仕事も任せられなくなります。ただ、仕事をサボってチームワークを乱すばかりか、スキルもないのであればしょうがないですよね。サボる人には誰でもできる簡単な仕事しかせずスキルアップにもつながることもありません。

むしろ簡単な仕事でも回ってくるだけマシかもしれません。簡単な仕事さえも回ってこなく、いわゆる社内失業の状態になる方がもっと辛いものです。会社に来てもやることがない、仕事が回ってこないという状況は言ってしまえば忙しいよりも辛いのです。

そういう状態に陥ると、いつまで経っても時間が全然経過しないのがしんどく感じられ、仕事をしていないのに心が疲れてしまうという状況に陥ってしまいます。

昇給・昇進ができなくなる

仕事への打ち込み方は人それぞれですが、やはり昇給・昇進というのはしていきたいですよね。それができれば生活も楽になりますし、仕事への責任感も生まれてきます。

ただ仕事をサボっていると昇給・昇進は拒否していることと同じです。昇給は部内評価に基づくものが多く、サボっていると知られれば当然評価は低くなります。それでいて昇進もしないとなると後輩達にどんどん立場が抜かされていきます。そうなると後輩から仕事の命令を受けるという悲しい立場になってしまいます。

また、この場合は後輩側も先輩に対して仕事の命令をしなくてはいけないのがやりづらいと感じることも多いです。ましてや仕事をサボる人への仕事の振り方というのは悩みのタネにもなってしまいます。

辞めざるを得ない環境に追い込まれていく

仕事をサボっていると、いつの間にか辞めざるを得ない環境に追い込まれていくこともあります。

閑職と呼ばれる暇な部署に飛ばされ、窓際族として一日を過ごしたり、シュレッダー係のようなどうでも良い仕事しか与えられなかったいるすると、やはり普通は徐々に、いづらくなってしまいます

他にも上司との面談の中でやんわりと退職を勧めらることがあるかもしれません。やることがないため一日の時間が長く、心が疲れてしまい、結局はサボっているがために退職をする必要が出てくる可能性もあるのです。

一応、ごく稀に強靭なメンタルによって、窓際族を楽しみ謳歌する人も中にはいます。ただ、そのような人はあくまでも一部の人であり、普通は辞めざるを得ない環境に追い込まれたら大抵心が折れてしまいます。

太郎
太郎
こういうったプレッシャーはじわりじわりとやってくるものだよね。

仕事をサボる人は因果応報で追い込まれていく

仕事をしていく上で真面目に取り組むということは前提条件ですよね。ですから、もし上司であったり、親しい関係にあったりする人であれば、もっとがんばるようにアドバイスをしてあげるのも良いでしょう。

ただ、それでも相手が仕事をサボり続けた場合「なぜ、あの人は仕事をサボっているくせにみんなと同じように給料をもらっているんだ」という許せない気持ちが湧いてくるかもしれません。

でも、そこであなた自身が変にカリカリする必要はありません。仕事をさぼる人はやはり社内でも相応の評価になり、相応の仕事しか与えられなくなるからです。それは因果応報でありしょうがないことです。

ですから周りからの忠告を受けても、仕事をサボり続ける人がいれば「可哀そうな人なんだな」と哀れみの気持ちで見てあげるのが良いかと思います。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました