お局に独身が多いのはなぜ!対処法も年代別にご紹介!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

どこの会社にでもいる職場のやっかいに思われてしまっている存在といえばお局ですよね。年齢や既婚・未婚に関わらずお局とされている女性社員はいらっしゃいますが、なぜかお局=独身であることが多いと世間からは思われています。

お局の恋愛事情に触れることはタブーとされているので、お局のプライベートの謎は多いです。ただ、見るからに彼氏すらいないまま年齢を重ねてしまっているというお局も存在します。実際、なぜお局は独身の人が多いのでしょうか。

そこで、この記事では、お局に独身が多い理由と、独身のお局に対してどのように対処していけば良いのか、お局の年齢別に解説していきます。

花子
花子
独身のお局には慎重に対応していかなければならないところがありそうね。

お局に独身が多いのはなぜ?

お局 独身
お局に独身が多い理由としては以下の以下の4つの点が考えられます。

  • 心に余裕がない
  • 愛情がない
  • 承認欲求が強い
  • プライドが高い

独身になってしまうのもしょうがないと思わず納得してしまう理由ばかりですが、お局の性格と合わせて解説していきますね。

心に余裕がない

独身のお局には、自分の心に余裕がない人が多いです。まず、攻撃的なお局の特徴として、自分に自信がなくてコンプレックスを持っている人がほとんどです。おそらく、プライベートが充実していない焦りや苛立ちから、人に厳しい態度を取ってしまうのだと思います。

また、若くて可愛い人や自分より仕事ができる人にメラメラと嫉妬心を燃やしていていることも相まって、お局は常にストレスを感じていて心の余裕がない時も多いです。自分の心に余裕があれば自然と人に優しくできますし、表情やオーラも柔らかくなるはずですが、その全く逆の方向へ向かっているのが独身のお局の特徴だと言えます。

ただ、そういった心の余裕のなさは男性には悪い印象を与えてしまうので、自ら良縁のチャンスを逃しているところがあります。

次郎
次郎
男性は心にゆとりがあって包み込んでくれるような女性が好きだからなあ。

愛情を持っていない

独身のお局は、人に対して愛情を持っていない人が多いです。私も会社でいろいろなお局を見てきましたが、自己中心的なお局は他人に気を使うこともなく、自分さえ良ければそれで良いというまるで女王様のような存在でした。さらに、年齢と共にそういった性格はどんどん強くなり、他人へ接する態度も強くなってしまう傾向があります。

人の気持ちを考えられずに嫌がらせを繰り返すお局は、優しい人とは真逆の愛情をもっていない冷たい人だと思われてしまっていることが多いです。そうやって、態度が大きく嫌味や文句をいう人は、男性から見ると結婚対象にはなりづらいですよね。

やっぱり暖かい家庭を持ちたいと思う男性は多いですが、家に帰ってこんな人が待っているかと思うと恐ろしいですから…

承認欲求が強すぎる

独身のお局には、承認欲求が強すぎる人も多いです。自分のポジションを守りたいがために他人を攻撃してしまうのですが、そういったことは全て「まわりに認めてほしい」という気持ちが人一倍強いからだと言えます。

また、独身のお局はプライベートがうまくいっていないことも多く、唯一の居場所である会社に執着して自分は会社に必要な人間だと思いこむことで、強気な態度を取っている場合もあります。

常に人に褒められたい・認められたいと思っている人は、こちらがおだてて常に気を使わないといけないので、一緒に働いていると疲れてしまいます。ただ、そうやって疲れてしまうのは、男性も同じですよね。その結果として結婚ができないとも言えます。

プライドが高い

独身のお局には、プライドが高い人も多いです。仕事ができる人もいますが、勤続年数が長いだけで、それほど実力もないのにプライドだけは高いという人もいます。そういう人に限って自分をデキる女だと思い込んでいて、他人には厳しかったりします。

それは恋愛面でも同じで、お局は自分が常に一番でいたいタイプです。お相手の男性に対しても思い通りにいかないとすぐに機嫌が悪くなったり強い口調で怒ったりすることも多々あります。ただ、そういった性格だと、男性からしてもめんどくさい女性だと思われてしまいますよね。

また、プライドの高いお局の中には、必要以上に男性の理想が高い人も多いです。その結果、自分に合った人がなかなか現れないからと独身を貫いているお局も結構います。

太郎
太郎
理想を求めるすぎると結婚ができなくなっちゃう可能性が高くなるから難しいところだよね。

年代別!独身のお局の対処法

では、そのような独身のお局にはどのように対していけば良いのしょうか。実際、独身のお局と一言でいっても様々な年齢の人がいますし、年齢ごとに対処法も違ってきます、そこで、ここでは独身のお局の年代ごとに対処法を解説していきます。

30代の独身お局

30代の独身お局が実は一番多かったりします。ちょうど会社にも仕事にも慣れてきた頃であり、元気にバリバリ仕事をこなすので、周りからの評価が高いことは事実です。

しかし、その一方で過剰な期待の大きさから自分はデキる女だと思い込んでいる人が多く、また、若さゆえに「嫌われ者になりたくない」「人に好かれたい」という気持ちが強いお局も多いです。

ですから、そういった独身のお局とは、ある一定の距離は保ちながらも、仕事の愚痴を話を聞いてあげたり、褒めてあげたりしながら、当たり障りなく仲良くしておけば、うまく付き合える可能性は充分にあります。

40代の独身お局

40代のお局はやっかいな存在です。というのも、社歴が長くなっている為、ある程度会社から評価されて管理職になっている人も多いからです。権力をもっている人に嫌われると仕事がしづらいだけでなく人事評価などにも響くので、できれば変に衝突することは避けたいところです。

ですから、直接、お局と対立するよりは、他部署の上司やもっと偉い人に相談をしながら、その人たちを味方につけていくことをおすすめいたします。もし、結果的に会社の上の立場の人がお局に対して「管理職には向いていない」と思ってくれるようになれば、何らかの対処をしてくれる場合もあります。

50代の独身お局

最もやっかいなのがラスボス、50代の独身お局です。この年になるとまわりも腫れ物扱いで偉い人でさえも対処をすることができず、お局の言動を見て見ぬふりをするしかなくなってくる可能性が高くなります。

実際、お局は周りから嫌われたり、陰口を叩かれたりして、意外に辛い立場に立っている人も多いです。しかし、そういった逆境をものともせずに会社に居座れるのは、図太いという次元を超えて、相当な精神力の持ち主だと言えます。そういった、ある意味特殊な人には、あまり深く関わらないほうが無難です。

見方を変えれば、そういったお局は、人望がないまま、あとわずかで定年を迎え退職していく運命にある、かわいそうな人だとも言えます。ですから、少し可哀そうだと思いながら、相手にしないぐらいがちょうど良いと言えます。

まとめ

人に厳しく自分に甘いお局は、結果周りの男性から相手にされないことから独身である可能性が高いということがお分かりいただけたと思います。

そういった独身のお局を見ると厄介だなあと思ってしまうかもしれません。しかし、だからといってお局との関わりは避けられないことも多いですよね。ですから、お局の年齢も考慮しながら対処法を実践してうまく距離を保っていくことをおすすめいたします。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました