スポンサード リンク

集団的自衛権の行使を容認することが、安倍政権の下、決定しました。

私は、韓国に住んでいるのですが、韓国人の妻は、大反対

「安倍首相は、戦争を起こそうとしているの?」

でも、私は、日本人なので、もちろん、日本を擁護します。

「そんなことないよ。自分から戦争を起こすわけではないんだし、韓国にも軍隊はあるじゃん」

「韓国は、北朝鮮があるから、しょうがない」

「でも、今は、中国といつ戦争になってもおかしくないからね」

とまあ、こういう類の押し問答は終わりがないのですが・・・

それでも、集団的自衛権が一体どんなものなのか、分かりやすく整理しておく必要があると思ったので、まとめてみました。

集団的自衛権って

まず、集団的自衛権って何なのででしょうか?

簡単に言ってしまえば、

同盟国が攻撃されたら、一緒に戦う

ということです。

日本はそれまで、個別的自衛権しかありませんでした

つまり、

自分の国をが攻撃したら、戦うけれども、
仲間の国が攻撃されたら、戦わない

とうい原則を貫いてきました。

そのようなスタンスが取れた理由は、日本には、憲法第九条があったからです。

参考までに第九条の全文を載せておきますね。

第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、 国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

簡単に言ってしまえば、

戦争はしません
戦力はもちません
交戦(戦い)もしません

と宣言しているわけです。

平和な国日本と不満なアメリカ!?

もちろん、日本にとっては、戦争をしないというのは、良いことなのですが、日米同盟を結んでいるアメリカにとっては、

日本が攻撃された時、アメリカは日本を助ける
アメリカが攻撃された時、日本はアメリカを助けない

という図式になっていたわけです。

国同士だったらピンと来ないかもしれないですが、普通の人間関係に当てはめてみたら、

「日本は、なんて友達がいのないやつ」

という話になっちゃいますよね。

ある意味、対等な友達関係、いや同盟関係ではないわけです。

国際的にみたら、目の前で友達がいじめられても見て見ぬふりをする日本は、嫌な奴というイメージで見られる場合もあります。

それによって、日本が外交上、不利な立場に置かれることも多かったわけです。

有名なクウェート事件

たとえば、2002年にイラクがクウェートに侵攻した際、多国籍軍がイラク軍と戦いました。

この時、日本は、集団的自衛権を持っていなかったので、戦闘には参加せず、その代わり、130億ドルという、
最大規模の資金援助
をしました。

その後、クウェートが多国籍軍に対する感謝をアメリカの新聞に全面広告で出したのですが・・

そこでクウェートが感謝の意を表した約30か国の中に、日本は入っていなかったのです。

今のままではアメリカが日本を守ってくれなくなる!?

実際、日本が他国から攻撃された場合、アメリカは守ってくれない可能性もあります。

こちらの記事にその内容をまとめています。

日米安保条約の問題点、アメリカは日本が戦争になったら守るか? 

アメリカからしたら、

「日本はアメリカが攻撃された戦ってくれないくせに
なんで、俺たちが、日本を守らないといけないのか」

という考えるようになる可能性は十分あるわけです。

jieitai

集団的自衛権を持つとどうなる?

ところが、今回は、この憲法第九条のもとでも、集団的自衛権を行使することはできると発表されました。

これによって、これから日本は変わっていくのでしょうか。

集団的自衛権を持つメリット

集団的自衛権を持てば、日本は、国際的に、認められやすくなります。

アメリカも、

「日本が、それだけ決心してくれるのなら、
アメリカも日本を守らないとね」

という発想になりやすくなります。
(本当のところは分かりませんが)

他国とも対等な同盟関係を結びやすくなり、それによって、戦争を未然に防ぎやすくなると考えることも出来ます。

集団的自衛権のデメリット

その一方で、集団的自衛権を持てば、同盟国が攻撃された時、自衛隊は戦場へ行かなければならなくなります。

当然、死者が出る確率はグンと上がります

また、日本を攻撃していない国と戦うわけですからその国との関係も悪くなります。

場合によっては、その国から恨みをかって、日本や日本人がテロの対象になる可能性も高くなるでしょう。

結局、良かったの?悪かったの?

では、日本は集団的自衛権を持つべきだったのでしょうか?

持つべきではなかったのでしょうか?

結論から言うと、これはフタを空けてみなければ分からないところがあります。

もしかしたら、集団的自衛権を持つことによって、他国との信頼関係が深まり、日本が国際的に孤立することを免れ、逆に、日本が攻撃された時、他国は、快く日本を助けてくれるかもしれません。

しかし、その一方で、アメリカの侵略戦争に日本が巻き込まれて、多数の死者が出てしまうかもしれません。

すべては、集団的自衛権を利用する政治家の思惑次第というところがあります。

ただ一つだけ言えるのは、日本は、もう集団的自衛権を行使できると宣言する前の状態には戻れないということです。

今後、いくら、日本が、

「いや、我が国には、憲法第九条があるから」

と言って、集団的自衛権を否定するようになっても、

「いや、あなたの国が、大丈夫って解釈したでしょ」

と言われてしまいます。

そういった意味で、日本は、新しい局面に突入したということは間違いのないことでしょう。

私は、ただ、集団的自衛権が良い形で活用されて、戦争が事前に防がれることを願ってやみません。

スポンサードリンク