スポンサード リンク

ハワイへ旅行に行った時、マハロと聞く時ってありますよね。

ハワイのもう一つの有名な言葉でアロハがあり、これは「こんにちは」という意味だと知っている人は多いですが、マハロはどんな意味なのでしょうか?

マハロの意味は”ありがとう”

マハロの意味は”ありがとう”です。

英語で言うと”Thank you”ですね。

また、マハロ ヌイ ロア(Mahalo nui loa)は、”どうもありがとう”、”Thank you very much”という意味になります。

ただ、マハロはハワイの文化から生まれて来た言葉なので、日本語の”ありがとう”や英語の”Thank you”と完全に一致するワケではありません

ですから、もう少し詳しく、マハロの意味をお伝えしていければと思います。

マハロのスペルとそれぞれの意味

マハロはハワイ語ですがスペルは、Mahaloとなります。

この言葉を分解すると、

  • Ma:~の中に
  • ha:息
  • alo:~の前に

と3つのパートに分かれます。

ここで、最も重要な言葉はhaで、息という意味以外にも命や魂、そして神の息吹という意味もあります。

つまり、マハロという言葉は、”あなたが魂の中にありますように“、すなわち”あなたがあなたらしく生きられますように“という意味が込められている訳ですね。

ですから、マハロは軽い挨拶ではなく、相手に対する深い敬意が含まれているということが出来るのです。

アロハの意味は?

マハロと同様にハワイ語でよく使われる言葉として、アロハがありますが、アロハのスペルは、Alohaとなり、

  • alo:~の前に
  • ha:息

と、マハロで使われるる言葉が二つありますね。

アロハは直訳すると、”正面を向かい合って息をする”という意味になります。

そういった語源があるので、アロハは、”こんにちは”、”さようなら”、”愛しています”と幅広い意味が生まれて来るのです。

マハロで手はどうする

ハワイでは、話をする時に、ハングルースとシャカという2種類の手のポーズを使います。

どちらも親指と小指を立てるという点では同じですが、

  • ハングルース:手のひらの側を見せる
  • シャカ:手の甲の側を見せる

という違いがあります。

マハロと言う時は、ハングルースの方を使います

ちなみに、ハングルースは、挨拶全般で使うので、マハロだけでなくアハロを手で表現する場合でも使います。

その一方で、シャカは、相手を励ます時などに使います。

マハロと言われたら返事は?

では、ハワイの現地で、マハロと言われたらどう返事をすれば良いのでしょうか?

この時は、自分でもマハロと返事すれば大丈夫です。

例えば、お店で買い物をした時、店員さんから「マハロ」と言われたとします。

店員さんとしては買い物をしてくれたので、感謝の気持ちを込めて「マハロ」と言っている訳ですが、こちらも、楽しい買い物が出来たので、「マハロ」と言えば良いということになります。

ハワイ語のあいさつ

ハワイ語のあいさつには他にも、

  • ペヘア・オエ?(Pehea oe):お元気ですか?
  • ハウオリ・ラー・ハーナウ(Hauoli la hanau):誕生日おめでとう
  • メレ・カリキマカ(Mele kalikimaka):メリー・クリスマス
  • エ・コモ・マイ(E komo mai):ようこそ
  • ア フイ ホウ(a hui hou):さようなら
  • ヘ ラ マイカイ ノウ(He lā maikai nou):よい一日を

などの言葉があります。

あいさつは、現地の人と交流をしていく上で、とても大切ですし、簡単なあいさつが出来るだけでも、ハワイ旅行の楽しさは違って来ます

是非、あなたも簡単なハワイ語のあいさつを覚えて、ステキな旅の思い出を作って下さい。

ここまで記事を読んで下さって、ありがとうございました!

マハロ

スポンサードリンク