スポンサード リンク

キリスト教と言ってもいろいろな宗派に分かれています。

メインの宗派は、やはりローマ法王を中心とするカトリックです。

そして、カトリックと共に、よく聞くのがプロテスタントではないでしょうか。

そこで、今回は、カトリックとプロテスタントの違いを分かりやすく、まとめて解説いたします。

なんでカトリックとプロテスタントに分かれたの?

カトリックもプロテスタントも、同じキリスト教です。

神様とイエス様を信じています。

では、なぜ、種類が分かれてしまったのでしょうか?

簡単に歴史を振り返ってみましょう。

まず、11世紀頃、教義に対する考え方の違いからキリスト教は、

東の東方正教会(ギリシャ正教)と
西のローマ・カトリック教会(カトリック)に

分かれます。

しかし、そこで分裂は終わりませんでした。

ローマ・カトリック教会では、教皇や聖職者たちに、お金と権力が集中していく中で、腐敗・堕落していきます。

簡単に言ってしまうと、

「俺たち(教会)を通じてじゃないと救われないよ」

という感じになってしまったのです。

しかし、そういう現状に対して、16世紀に

「それは違うでしょ。やっぱ、聖書が大切でしょ」

と言いながら、ルターやカルビンという聖職者達が起こした活動が、宗教改革です。

ここから、どんどんプロテスタントの宗派が生まれていきます。

ちなみにプロテスタントは、カトリックから分派したグループをまとめて呼ぶ時に使う言葉です。

プロテスタントの語源は、PROTEST(プロテスト)、つまり、カトリックに抗議する人達という意味となっています。

実際、プロテスタントの宗派は有名どころだけでも数十派あるので、プロテスタントって読んじゃう方が早いという話になった訳です。

特徴の違い

では、カトリックとプロテスタントの特徴はどう違うのでしょうか?

簡単に話しましょう。

カトリックは、教会という組織や儀式を大切にしています。
プロテスタントは、聖書を大切にしています。

実は私、以前、アメリカに留学していたことがあって、その時、それぞれの教会の礼拝に潜入してみたことがあります。

カトリックの教会は、一言でいえば、厳かな雰囲気です。

説教は、結構、短くてその前後の儀式がやたら長かった^^;

「形にこだわっているなあ~」というのが、率直な印象でした。

それに対して、プロテスタントの教会は、激しいところが多かったです。

とにかく説教者は、激しく語りますし、聞いている人も、「オー、ガーッド(あぁ、神様~)」と叫んだり、踊ったり、突然倒れたり、随分、賑やかでした^^;

プロテスタントは、教会とか儀式という形にとらわれず、聖書と祈りを通じて神様を感じたい~という雰囲気があります。

(※ただ、プロテスタントによっても、宗派によって、特徴が違ってくるので、ご注意下さい)

 カトリックとプロテスタントは仲が悪いの?

ちなみに、カトリックとプロテスタントは、同じキリスト教ですけど、仲は悪いんでしょうか?

実際、今は、それほど、対立はしていませんが、昔は、ムチャクチャ対立していました。

宗教改革の時に、プロテスタントを起こした人は、元々のキリスト教(カトリック)から見れば、異端だったので、それこそ、火あぶりの刑の対象です。

プロテスタントの勢力が拡大してきたら、今度は、三十年戦争という長い戦争が起こってきていますし・・・

キリスト教の宗派の歴史は、ある意味、血で血を洗う歴史だったわけですね。

一つになるのってなかなか難しい

私が、アメリカで感じたのは、

「違う宗教や宗派の人達同士が一つになるのは簡単ではないなあ」

ということです。

宗教の宗派って、よく見てみると、大体、似た物同士で集まっているんですね。

白人なら白人で集まっているし、
黒人なら黒人で集まっているし、
儀式が好きな人は、儀式で集まっているし、
激しいのが好きな人は、そういう人達で集まっているし、

白人の人が、黒人の集まりの中に入るのは、難しいですし、激しいのが好きな人が、形式ばった宗派にはやっぱり行きたくない訳です。

「みんな同じ神様、信じてんだから、もっと、お互い、仲良くしたら、いいんじゃないですかね~」

と、私なんて、思ってしまうのですが、宗教ってやっぱり簡単ではないですねえ^^;

スポンサードリンク