クリーム色の作り方!絵の具で作る方法や似た色まで徹底解説!

クリーム色は、ほんわかとした色合いで子供の遊ぶ施設や小児科など、優しいイメージの施設の壁紙などで使われることも多い色です。他の色ともなじみがよく、とても合わせやすい色なのですが、学校で使うような絵の具セットにはクリーム色は入っていませんよね。

白だとなんだか眩しすぎるし、黄色だとちょっと派手だという時にクリーム色があると使い勝手が良いです。そこで、この記事では、そんな黄色系の色の中でも優しくかわいらしいイメージのあるクリーム色を学童用などの基本的な12色セットで作る方法をご紹介します。

私はカラーコーディネーターの資格を持っているので、その観点からクリーム色にまつわるお話も併せてご紹介していきますね。

次郎
次郎
クリーム色は子供たちにも人気の色だよね。

クリーム色の作り方


クリーム色の作り方について、まず基本のクリーム色の作り方をお伝えした後、他の色を加えて調整する方法もご紹介していきます。

基本は白色+黄色


基本のクリーム色は、白と黄色で作ることができます。比率は白3:黄色1です。白の方は色味がないので、白に少しずつ黄色を混ぜるようにして作っていきましょう。白は無彩色と言って、明るさだけを持ち、色みや鮮やかさを持たない色です。そのため、黄色の鮮やかさを消して、淡い色にしてくれますが、明るさは保ったままなので、混ぜても濁ったような印象はないですよね。

白や黄色のような明るい色を混ぜるときは、筆に他の色が残っていると、その色の影響を受けやすくなり濁った色になってしまいます。ですから、混色する前にしっかり筆を洗い、水気も切っておくようにすることが大切です。

黄色はもともと鮮やかで視認性も高いことから、刺激の強い色です。白が混ざって色みが薄まり鮮やかさが抑えられたことで、まろやかになります。そのためクリーム色は、優しさなどのイメージも与えることができます。

花子
花子
クリーム色は綺麗な色だから濁らないように気を付けなくちゃいけないってことね。

赤を加えて調整する


基本のクリーム色が作れたら、少し他の色を混ぜて調節し、いろんな雰囲気のクリーム色を作ってみましょう。まずは赤色で調整する方法です。先ほどの白と黄色に、赤をほんの少し入れます。比率は白3:黄1:赤0.1です。

少しベージュに近いようなクリーム色になりますね。色数が増えると、絵の具はどうしても色が濁ったような印象になってしまいます。そのため、この基本のクリーム色に赤を加えると、2色で作るよりは、すこし濁ったような印象になります。しかし、その一方で、色みが増えることで、より他の色となじみやすくなるので、周りとなじませたいような場面では、重宝しますよね。

もし、意図的に目立たせたいのであれば、色数を少なくしたものを使った方が濁りは少ないので、他の色ともなじみづらく、その分、目立ちやすいと言えます。

茶色を加えて調整する


今度は茶色を加えて、調節していきましょう。茶色は赤みもありますが、黄色みもある色なので、元の黄色と合わさってより黄みの強いカスタードクリームのようなクリーム色に近づきます。上の写真は白3:黄1:茶0.1で作ったものです。

柔らかい色なので、黄色だと派手すぎるという時など、控えめに黄色を使いたい時、このタイプのクリーム色は他の色となじみやすいので使いやすいですね。基本のクリーム色に茶色を混ぜたことで茶色の持つ赤みも黄色みを持つので、暖色と言って暖かみの感じる色とのなじみは抜群です。

太郎
太郎
なんだかとっても美味しそうな色だね。

クリーム色に似た色

ここからはクリーム色によく似た色との違いをご紹介していきます。「アイボリーやベージュなんてクリーム色と同じじゃない?」と思っている人もいらっしゃるかと思いますので、どのような違いがあるのかご紹介していきますね。

アイボリーとの違い

まずはアイボリーとの違いです。アイボリーとは象牙という意味です。そのためアイボリーはクリーム色を薄くしグレーを少し混ぜたような色です。白に近くなりますが、白よりは明度が低い(暗い)ためナチュラルな印象を与えてくれます。言ってみれば、白に近いけれど真っ白ではないといった感じですね。

白など明るい色を置きたいけれど、真っ白だと光の反射が強すぎてまぶしく感じるような時にはこのアイボリーを配置するとしっくりくることが多いでしょう。

ベージュとの違い

ベージュはクリーム色よりも、さらに色が濃く薄い茶色と称されることもあります。そのため、黄色みよりは赤みが強いです。もともとベージュという言葉は、染めていない羊毛の織物を指す言葉でした。そこから、羊毛の織物のような色を、ベージュというようになったんですね。

クリーム色やアイボリーと比べると色が濃いので、落ち着いた印象を与えることができます。

まとめ

クリーム色は、黄色や白といった明るい色同士の混色なので、思ったよりも成功しやすい混色です。色を混ぜると、濁ってイメージ通りの色が作れないと苦手意識のある人でも、チャレンジしやすい混色ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

クリーム色は背景にもってくると、絵全体がとてもやさしい印象になります。食べ物だと、スープなど暖かくてほっこりした感じが出せますね。辛味というよりはまろやかで甘いイメージの物にもピッタリです。

また、混色する時は、くれぐれも筆や水は汚れがなく、きれいなものを使用して、かわいいクリーム色を作ってみてくださいね。

タイトル
急に絵の具がなくなってもこの方法で作ってみよう!カラーコーディネーターが解説する色の作り方
>>絵の具を使った色の作り方一覧!混ぜ方のコツも分かりやすく解説

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました