ヒョウモントカゲモドキはなつく?慣れさせるためのポイントは?

ヒョウモントカゲモドキはトカゲに似ていますが、ヤモリの仲間で豹のような模様がついています。とても温和な性格で飼育しやすいため、最近とても人気がありますよね。あの豹柄の模様に思わず惹かれてしまう方もいらっしゃるかと思います。

そんなヒョウモントカゲモドキですが、飼い主になついたりするのでしょうか?そこで、この記事では、ヒョウモントカゲモドキは人間になつくのか、また、どうすればヒョウモントカゲモドキとの距離をグッと縮めることができるのかという点について詳しく解説していきます。

次郎
次郎
飼育もしやすいし、なついてくれたら最高なんだけどな。

ヒョウモントカゲモドキはなつく?


ヒョウモントカゲモドキはなつくのかについての答えですが、残念ながらなつくことはありません。しかし、ヒョウモントカゲモドキは、人間に慣れやすい生き物なのであなたに慣れて、まるでなついてくれているように見える時もあります。

なつくというよりは慣れる

ヒョウモントカゲモドキは、犬や猫のように人間になつくことはありません。しかし、慣れるケースはとても多いです。

実はヒョウモントカゲモドキは学習能力がとても高く、エサをくれる人や危害を与えない人など、人の顔を覚えることができます。そのため、エサの用意をすると「ちょうだい」と言わんばかりに近寄って来たりするので、人によってはなついていると感じることもあるのでしょう。

しかし、これは単に、エサをくれる人であることを学習しているだけなので、なつくというよりは慣れているといった方が近いのです。

ヒョウモントカゲモドキは慣れやすい動物

ヒョウモントカゲモドキは、最初こそ警戒心がありますが、エサを与えたり、お世話することであなたのことを認識するようになれば、すぐに慣れてくれます。しかし、その一方で何か怖がらせたり、ストレスを与えたりすれば、それも覚えられてしまうので注意しましょう。

まずは、あなたがヒョウモントカゲモドキに「危害を加えない人間であること」「エサなどお世話をしてくれる人間であること」など友好的な存在であることを覚えてもらうことが大切です。

花子
花子
まずは味方だって認識してもらわないとね。

ヒョウモントカゲモドキが慣れるためのポイントは?

では、ここからはヒョウモントカゲモドキが、あなたに慣れるためのポイントについて、詳しくご紹介していきます。

ストレスを与えない

ヒョウモントカゲモドキはとても臆病な生き物です。普段はシェルターの中などに隠れて生活していて、音などにも非常に敏感です。急にシェルターを移動したり、水槽をゆらしたりするなど、ヒョウモントカゲモドキがびっくりするようなことをしてはいけません。

このようなことをしてしまうとヒョウモントカゲモドキは、ストレスを強く感じてしまいます。ですから、普段の水替えや糞の掃除などもなるべく驚かせないように、そーっと行うようにしましょう。

ヒョウモントカゲモドが安心して生活できる場所を作ることで、飼い主に徐々に慣れて、まるであなたになつくように見える時もあるはずですよ。

エサは直接与える

ヒョウモントカゲモドキを飼っていて楽しみな時間の一つは、エサを与える時間ではないでしょうか。そして、このエサを与える時間が慣れてもらうための絶好のチャンスです。

ヒョウモントカゲモドキは、コオロギなどの昆虫や市販の爬虫類用のエサを与えますよね。ヒョウモントカゲモドキに慣れてもらうためには、エサをケージの中にいれて与えるのではなく、ピンセットなどでつまんで直接エサを与えるようにすると良いでしょう。

こうすることによって、あなたがエサを与えてくれる人だということを認識してくれるようになるからです。また、ケージの中にエサを置いておくと、床材などを誤飲する恐れもあるので安全のためにも、直接エサをあげることをおすすめします。

ピンセットは様々な形状のものがありますが、先がとがっていないもので、できれば金属製でなく木製の物のほうがヒョウモントカゲモドキの口を傷つける心配がありません。

エサを直接与える内に段々慣れてくると、エサを見せただけで、ヒョウモントカゲモドキがキラキラと目を輝かせながらあなたに寄ってくるようになってくるでしょう。

ヒョウモントカゲモドキがストレスを感じる行動は以下の記事で詳しく解説しています。

ハンドリングはやり過ぎない

爬虫類のハンドリングは、ヒョウモントカゲモドキなどを手の上にのせて飼い主とスキンシップをとる行為のことを言います。病院に連れて行ってケージの外に出すときなど、このハンドリングに慣れていればとても便利です。

ヒョウモントカゲモドキはおとなしい性格で人を噛むこともありません。また、慣れてくるとハンドリングすることも可能です。しかし、だからといって、ヒョウモントカゲモドキはハンドリングが大好きというわけではありません

というのもヒョウモントカゲモドキなどの爬虫類は、本来群れなどでは過ごさず単体で行動することが多いことから、他の生物とベタベタとかかわることを好まないからです。慣れるけれどなつかないというのは、こういったところにあります。

ヒョウモントカゲモドキはかわいいので、ついつい長い時間ハンドリングをしたくなってしまうものですよね。ただ、長時間のハンドリングはヒョウモントカゲモドキにとってストレスになってしまうので、短時間でとどめることをおすすめします。

また、ヒョウモントカゲモドキがあなたに慣れる前に、無理矢理ハンドリングをしようとしてしっぽをひっぱってしまうと、自分で自分のしっぽを切ってしまうことがあるので注意しましょう。

太郎
太郎
ハンドリングもヒョウモントカゲモドキのペースに合わせてあげないとね。

まとめ

ヒョウモントカゲモドキがあなたに慣れてくると、あなたがケージ近づくと寄ってくるようになったり、手を差し出すと手にのぼってくるようになります。こうなってくると、あなたに慣れて心を許したと言えるでしょう。

これは慣れるというよりなついているのでは?と錯覚してしまうこともあります。そう感じてしまうほど、慣れてくると、豊かでかわいらしい仕草や表情を見せてくれるのがヒョウモントカゲモドキを飼う醍醐味だと言えます。そういう姿を見ることができるよう、ぜひヒョウモントカゲモドキがあなたになつく(慣れる)ように工夫してあげてくださいね。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました