金色の作り方!水彩絵の具だと難しい?裏技も画像付きでご紹介!

金色は水彩絵の具で作ることができるのでしょうか?金色は小学校などで使うような、水彩絵の具の12色など基本的なセットではを作ることはできません。しかし、金色を表現することはできます。そこでこの記事では金色の作り方について様々な観点から解説をしていきます。

紫色の作り方!絵の具だと難しい理由と対処法を解説【画像付き】

絵の具で紫色を作る方法についてお伝えしていきます。私はカラーコーディネーターの資格を持っているので、その観点から、紫色をきれいに作るコツだけでなく、紫色にまつわるお話もご紹介していきますね。

緑色の作り方!いろいろな緑色もこの方法で自由自在!【画像付き】

緑色は万が一、絵の具を切らしても、実は基本セットに入っている他の色を使って簡単に作ることができます。そこでこの記事では、基本の緑色の作り方といろいろな緑色の作り方をご紹介していきます。

エメラルドグリーンの作り方!2つの方法と混ぜ方のコツを徹底解説

エメラルドグリーンは宝石のエメラルドに由来する、透明感のある青みを帯びた緑を指します。この記事では、私がカラーコーディネータの資格を持っているのでその観点から、エメラルドグリーンの作り方や使う場面などお伝えしていきます。

肌色の作り方!6つのパターンで思い通りの色が作れる【画像付き】

肌色は色を混ぜて作る中で一番むずかしく感じる色ではないでしょうか。というのも、肌色は人によって全然違うからです。赤ちゃんのような透明感のある肌なのか、成人をかくのかによっても大きく変わってきます。そこで、この記事では、さまざまな肌色の作り方をご紹介していきます。

黄土色の作り方!目的に応じた6つのパターンを徹底解説【画像付き】

黄土色って、絵の具などの12色セットだと、入ってないことも多いんですよね。枯葉などはもちろん、動物の優しい毛並みなどを表現するにももってこいの黄土色。ないならば作ってしまえ!ということでカラーコーディネーターの資格を持つ私が黄土色の作り方や使う場面などをご紹介していきたいと思います。

オレンジ色の作り方!何色を混ぜると良い?画像付きでわかりやすく解説

オレンジを作るには何色を混ぜるの良いのでしょうか?この記事であh、オレンジの基本的な作り方から色合いを変えるアレンジ方法、色を混ぜるときのコツまで詳しくお伝えしていきます。

茶色の作り方!絵の具を使って自由自在に作るやり方をご紹介【画像付き】

茶色を切らしてしまった時に、他の色を混ぜて作ることができたらいいのにと思うこともありませんか。私はカラーコーディネーターの資格を持っているので、その観点から、この記事では、基本的な茶色の作り方や、色合いを変えて様々な茶色を作る方法にご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました