本を読むのにお勧めの場所7選!自宅以外ならココがおすすめ!

本を読む時には場所も大切ですよね。より集中できる場所を選ぶことによって、本の世界に没頭をすることができます。私も、より快適に本が読めるところを探して、いろいろなところで試してみたりもしました。

実際、自宅以外でしたらどのような場所で読むのがお勧めなのでしょうか?ここでは、本を読む際にお勧めの場所について私の体験談も含めて解説をしていきます!

次郎
次郎
本を読む時も、やっぱり環境が大切ということで。

本を読むのにお勧めの場所


本を読む場合、やはり自宅で読むことが多いと思います。しかし自宅で本を読んでいても飽きてしまったり、集中ができないということで本を読む場所が欲しいと思う人も多いでしょう。

そんな本を読む際にお勧めの場所としては以下の7つがあります。

  • カフェ
  • ファミレス
  • 公園
  • 図書館
  • 電車
  • 職場
  • 旅行先・出張先

それぞれの場所について、詳しく解説をしていきます。

カフェ

自宅以外で本を読む定番の場所としてはカフェがありますよね。カフェでしたらゆっくりとくつろぐことができる他、コーヒーや軽食を楽しむことができるので読書も最適です。

最近は本屋にカフェが併設されている場所もあるので、そのようなお店で好きな本を探すというのも良いでしょう。

一般的に、カフェと読書は、すごく合うイメージがありますし、カフェで読書をしていると、おしゃれな気分に浸ることもできますよね。カフェで本を読む人からは、何となく知的な印象を受ける方も多いのではないでしょうか。

また、読書の趣味と合わせてカフェ巡りも趣味にすれば、一石二鳥で趣味が広がっていきますよ。

ファミレス

カフェと同様に本を読める場所としてはファミレスもあります。ファミレスの場合、ドリンクバーもあるので、飲み物には困ることはありません。好きな飲み物を飲みながら読書に熱中をすることができます。

ただ。ファミレスの客層によってはかなりガヤガヤしてしまう場合もあります。また、お昼時や夕飯時になると食事以外の利用が禁止で、本をゆっくり読むことができないということも。

ですので、もしファミレスで読書をしたい場合には、慌ただしい時間を避けていくのがおすすめです。

公園

晴れた日などは公園のベンチなどで読書を楽しむのも良いですね。爽やかな空気に触れながら読書に集中することで、より気持ちよく本の世界に没頭をすることができます。

芝生のスペースがある場合には寝っ転がりながら読書を楽しむというのも、気持ちよくてお勧めです。

ただ、公園で本を読んでいると、アリなどの虫が這いあがってくる時があるので、あまり地べたに座り込まないようにしたり、シートを引いたりして、対策を行うことも忘れないようにしてください。

図書館

図書館で読書をするのももちろんOKです。図書館でしたら無料で冷暖房の効いた室内でゆっくり本を読むことが可能です。

また、当然他の本もたくさんあるので、読んでる本に飽きたら、気分転換に他の本を読むということもできちゃいます。

図書館には、実はたくさんの種類があります。一般的なのは市立の図書館ですが、私設図書館も多く、上記のような図書館とカフェが合体しているお店も多くあります。

他にも個人的にお勧めなのが大学図書館です。大学構内の図書館は、申請をすれば部外者でも利用できることがあります。大学図書館の場合、専門書も多く、違った面白さを楽しむことができます。

私の場合は、子供と市立の図書館に行って、そこで一緒に読書をすることが多いですね。読書好きなら図書館に行けば何時間でも集中して潰せてしまいます。

電車

少し変わり種の場所でしたら電車で本を読むということもできます。電車は、ガタンゴトンというリズムとシートの座り心地がちょうどよく、実は本を読むのにとてもお勧めの場所であったりします。

今でも電車に乗っていると本を読んでいる人はいますし、どこでも楽しめるというのが読書の大きなメリットの一つですね。

もし、電車で通勤をしている方がいらっしゃれば、電車の中で本を読むのは、すごくおすすめです。(もちろん、満員電車だと厳しいですが・・・)

その一方で、本を読むためだけに電車に乗る場合は、注意が必要です。山手線のような環状線の場合にはぐるぐると回っていれば良いので、料金が余分にかかることはありません。

環状線でぐるぐる回って同じ駅で無料で降りるということはできないので、一区間だけは移動をして運賃を払うようにしましょう。

ですが折り返しの電車の場合、ずっと同じ電車に乗っている場合にはその分の料金がかかることがあります。もともと運行会社の規約にも折り返しが禁止されていることが多く、読書のためにずっと乗っていることは難しそうです。

なのでその場合には本を読みながら電車に乗って少し遠くに移動がてら、本が読めそうな素敵なカフェなどを見つけるお出かけをするなどが良さそうですね。

花子
花子
私は通勤で電車に乗っている時間が長いから、いつもそこで本を読んでいるわ。

職場

あえての職場で本を読むということもできるかもしれません。職場に自由に出入りできる場合には、自分のデスクで本を読むと集中ができることもあります。ただその場合には休日出勤をしている同僚の邪魔にならないようにしましょう。

また、オフィスに出入りの記録が残っている場合には、上司からも聞かれることがあるかもしれないのでしっかり説明をできるようにしましょう。

旅行先・出張先

旅行先や出張先で本を楽しむことも面白いですよ。移動の時間もたっぷりあるのでその時に本を楽しむことができますし、旅行先や出張先にまつわる本を読んでおくのも楽しいものです。

観光できる時間がある場合には、ぜひ本で得た知識を活用してより楽しむようにしましょう。

太郎
太郎
出張する時に本は欠かせないかな。
自宅の読書環境を整えてみよう
自宅で、読書環境を整えるというのも実は、非常に楽しかったりします。おしゃれなライトや肘置きなど、読書を楽しめるアイテムはたくさんあります。

また、私の場合、最近家を建てたのですが、妻が在宅勤務なので、テレワークスペース兼書斎のスペースがあります。小さなスペースではあるのですが、妻が好きなライトや雑貨などを置いて、読書を楽しめるスペースとなっており、満足をしています。

このように自宅での読書環境を整えるのも面白いですよ。

まとめ

読書は、自宅だと集中ができないことがあります。その場合、ゆっくり読書を楽しむことができる場所を見つけるのも楽しみの一つです。是非、自分でお気に入りの場所を見つけて読書を楽しむようにしましょう。

また、自宅で本を読める環境に整えることもできます。読書が楽しめるぴったりな場所を見つけて、より本の世界に没頭してくださいね

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました