なぜ本を読むのか?読書が大事である7つの理由をご紹介!

なぜ本を読むのか考えたことはありますか?よく本を読めとは言われますよね。子供の頃から本を読むように言われていて、なんとなく本が好きになったという人も多いかと思います。

私もそのタイプであり、本好きではありますが、特別深い理由があって読んでいたわけではありませんでした。ただ、改めて考えてみると確かに本を読む理由というのは確実にあるんですよね。

そこで、私自身の経験も振り返りながら、読書が大事な理由を7つの観点からまとめてみました。

次郎
次郎
なぜ本を読むのかがはっきりすれば、より目的意識をしっかり持って読書に取り組むことができるよね。

なぜ本を読むのか?


学校では朝読書の時間など、しっかりと本を読む習慣をつけるための時間があります。また、街には必ず図書館もあり、本は私たちの生活の一部だと言っても良いでしょう。しかし、どうしてそこまでして本を読むことが大切なのでしょうか?

実際、本を読むことには様々なメリットがありますし、一般的には以下のような7つの理由から本を読むべきだと言われています。

  1. 脳の活性化
  2. ストレスの解消
  3. 語彙力のアップ
  4. 教養や知識の習得
  5. 文章力のアップ
  6. 想像力のアップ
  7. コミュニケーション能力の向上

順番に詳しく見ていきましょう。

脳が活性化するから

本を読むことは脳の活性化にも大きな効果があります。読書によって思考力や想像力を鍛えることが可能です。逆に何もしなければこれらの力は年齢を重ねるごとにどんどん衰えていきます。

本は、ただ読む以外にも、読み方ひとつで脳の活性化に役立てることができるのです。

  • 速読をしてみる
  • 声に出して読んでみる

など、様々な本の読み方があり、それらが健康法としても広く認知されています。

脳を活性化して若く保つことは、より良い人生を送るためには欠かすことができません。だからこそ本を読む習慣が大切になるのですね。

ストレスの解消になるから

本を読むことがストレス解消につながることもあります。読書はどこでも気軽にできる娯楽です。本の世界に触れて、その世界に没頭することはストレス解消になりますよね。

また本を読むことに年齢制限などありません。子供のうちから本の楽しみ方を知っていれば、年齢を重ねてもいつでもストレス解消の術を知っていることになります。

大人になればなるほどストレスとの接し方が大切になります。スキマ時間にも楽しむことができる本を趣味にすることで、ストレス社会で癒しを得ることもできます。

花子
花子
私もストレスが溜まったら本を読んで発散するようにしているわ。

語彙力がアップするから

語彙力というのは生活をする上で非常に大切なものです。語彙力が足りないと自分の考えや気持ちを相手に対して適切に伝えることができません。また同様に相手の考えや気持ちも汲み取ることができませんよね。

そんな語彙力を効率的に鍛えることができるのが読書です。作家というのは表現のプロです。情景一つにしろ作家によって様々な表現が使われているので、そのような表現に触れることで自然と語彙力がアップさせることができるのです。

教養や知識が身につくから

本を読むことは教養や知識を身につけるのにも役に立ちます。本は時事、社会問題、最新技術など、様々な内容のものがあります。これらを本を通して知ることは教養や知識に繋がります。またそれ以外にも作者の考え方や意見も本を通じて知ることができます。

教養や知識というのは自分だけの考えで成り立つことはありません。他者の意見や考え方にも触れることによって、よりバランスの取れた考え方ができるようになります。

そうやって本から学ぶことによって、より人間的にも成長をすることができ、多くの人に好かれる人にもなりやすくなるのです。

文章力がアップするから

文章力は、生きていく上で非常に大切なものです。仕事でもメールなどで文章を書きますし、プレゼンでは文章を使って相手にわかりやすく伝えることが必要となってきますよね。

そんな文章力を鍛えるためにはやはり本を読むことが大切になります。本を通して質の良い文章に触れれば、効率的に文章力を鍛えることができます。

文章力、そして先ほどお伝えした語彙力を身に付ければ、物事をより分かりやすく相手に伝えられるようになるでしょう。

想像力が豊かになるから

子供のうちから本を読む習慣をつけることにより想像力が豊かになります。

本の中には空想の世界やSFの世界が広がっています。そんな世界に触れることで想像力を豊かにすることができるのです。

想像力が豊かだと、ひらめきやアイディアも出やすくなり、頭もよくなるでしょう。だからこそ子供のうちから読書の習慣をつけるのはとても大切なのですね。

コミュニケーション能力が高まるから

本を読むことはコミュニケーション能力を高めることにも役に立ちます。

本を読むと、見識を広めたり、自分の考えを持てたりするようになって、好奇心をより強く持てるようになりますよね。そしてそのような好奇心を持っている人は多くの人に囲まれて、コミュニケーション能力も自然と鍛えられていきます。

自分の考えを主張した上で相手も尊重するというのは、今の時代には欠かすことができません。そんなコミュニケーション能力を本を読むことで自然と手に入れることができるのです。

太郎
太郎
本を読むと見聞も人脈も広がりやすくなるから良いことづくめだね。

まとめ

本を読むことは様々なメリットがあります。もちろん全てに当てはまることはないかもしれませんが、子供の頃の読書習慣は大人になっても良い効果を与えてくれるでしょう。

本を読む習慣は、遅すぎることはありません。ぜひ本を読む習慣がない人は、しっかりと本を読んでその効果を実感してくださいね。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました