本を読む人は顔つきが違う?知的で品があるように見えるのはなぜ?

本を読む人は顔つきが違うと言われたりしますよね。知的に感じたり優しそうに、見えたりなど、見え方は人それぞれですが、わかる!という人も多いかと思います。

私も本が好きですし、図書館に行く機会も多いので、そこで読書をする人たちを見かけながら、何となくそんなことを感じています。

では実際、本を読む人は、どんな感じに見えるのでしょうか?ここでは本を読む人の顔つきについて様々な視点から解説をしていきます!

花子
花子
本をたくさん読んでいると聞くだけで、何となく頭が良さそうに見えちゃうのよね。

本を読む人は顔つきが違う?


本を読む人は顔つきが違うと感じる人は多いと思います。この人は顔つきからして読書が好きそうと感じることもありますよね。

実際、本を読むと以下のような顔つきに変わっていくと言われることが多いです。

  • 私的な顔つき
  • 品のある顔つき
  • 穏やかな顔つき

それぞれの点について解説をしていきましょう。

知的な顔つき

本を読む人は知的な顔つきに変わっていくことが多いです。これはあくまでもイメージですがメガネをかけていたり、落ち着いていたりすると、どこか知的な印象を受けますよね。漫画などのキャラクターでも読書が好きなキャラはそのように描かれることが多いので、やはりそのように感じる機会は多いのではないでしょうか?

実際、読書をすることで文章を読み取る力は養われますし、知識量も増えていきます。そしてそれらの知識は日常生活の中で知的な雰囲気として表れていきます。なのでそのような経験から本を読むことで知的な顔つきになっていくことは、十分に考えられるのです。

品のある顔つき

本を読むことによって品のある顔つきにもなっている人もよく見かけます。本を読む人は静かで大人しい人が多く、そこから自然と品のある顔つきになっていくのかもしれません。

また本が好きな人の中には、本自体を大切にしている人も多いです。本を大切に扱い、一枚一枚のページを丁寧に扱う所作から品性を感じることもありますよね。そこから物を大切にするような心も芽生えてきます。

そのような所作や雰囲気から品のある顔つきになっていくのだと思います。

穏やかな顔つき

本好きで乱暴な人は少ないですよね。本好きの方はどこか優しそうで穏やかな顔つきをしている人が多いです。本の世界に触れることが好きで、他者との競争を好まないことから穏やかな顔つきになっていくのでしょう。

図書館などでもやはり穏やかで優しそうな人が多いです、ガヤガヤとしていない空間が心地よいと感じる人が多く集まっているからなのかもしれません。

次郎
次郎
なんだか本が好きな人に悪い人はいないんじゃないかと思えてきたぞ。

本を読む人は格好良く見える?

本を読んでいる姿を見ると格好良く見えるという人もよく見かけます。こちらはフェチや好みになるのかもしれませんが、本を読んでいる雰囲気にやられるという人が多いようですね。

また普段粗暴な人が本を読んでいることでギャップを感じることも好みという意見もあります。そこでこれからは本を読んでいる姿がなぜ恰好よく見えるのかという点から解説をしていきます。

真剣な顔つきをしているから

真剣な顔つきをしている人って格好良いですよね。そんな真剣な顔つきは特に本を読んでいるときによく見かけることができます。

本の世界に触れて、ついつい没頭をしてしまうと、顔つきも真剣そのものになってきます。そういった様子を客観的に見て格好良いと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

また本の世界に集中しているのも魅力的に見えます。自分の世界に入り込み、本に集中しているからこそ他の人から見るとその人が格好良く見えるものなのです。

視線を落とした顔つきが格好良く(美しく)見える

視線を落とした表情というのもどことなく格好良く感じるものです。考え事をしていたり、少し陰がある雰囲気を醸し出し、ミステリアスな様子を持っている人が好きという人もいます。

私は男性ですが、なんとなくこの感覚はわかります。物思いに耽っている女性を見るとなんだか不意にときめいてしまうところがあるからです。わかってくれる人が多いと良いのですが(笑)

本を読む場合、通常視線を落としますよね。そのように視線を落として本を読む顔つきは格好良く見えます。

また、本を読む人を見る場合、横から見かけることが多いですが、視線を落とすことによって顔つきがシャープに見えるので、横顔が格好良く見えやすくなります。これらのことから視線を落とした顔つきが格好良く、あるいは女性であれば美しく見えるのでしょう。

何かに夢中になっている顔つき

本に限らず何かに夢中になっている顔つきというのはとても素敵です。本の世界に夢中になっていて、無邪気に目をキラキラさせながら本を読んでいたら、気になってしまうという人も多いでしょう。

自分が何が好きか、何に夢中になれるかを知っている人は、それらに対して好奇心旺盛に取り組むことができます。そのような人は話していても楽しいですし、顔つきもやはり素敵に見えますよね。

太郎
太郎
本を一生懸命読んでいるだけで、魅力的な人だと思われることはやっぱり多いとよね。

まとめ

本を読む人は実際に顔つきも変わってくると思います。本に対しての思いや所作は自然とそのような顔つきに変えてくれますし、知的や品のあるように見られることも自然と多くなってきます。

また本を読む姿を見て格好良いと思う人もたくさんいます。本を読む際の真剣な顔つきであったり、視線を落とす表情が好きというのがわかったりする人は多いのではないでしょうか?

私はわかります。ただそのようなことを抜きにしても本は自分の知識を広め、空想の世界に導いてくれる楽しい娯楽です。ぜひ普段あまり本を読まない人も本を読んでみてください。きっとその面白さに気がつくはずですよ。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました