スターバックスがフランチャイズを嫌い直営店方式にこだわる理由

スポンサード リンク

競争の激しいコーヒー業界の中でも、他のコーヒーショップと一線を画し、好調を維持しているスターバックス。

今回は、スターバックスが成功しているある深い理由について解説をしていきます。

スターバックスの直営店方式

スターバックスが取っている戦略の一つとして、直営店方式というのがあります。

直営店方式の反対は、フランチャイズ方式です。

つまり、スターバックスは、フランチャイズ方式を捨て、あくまでも、直営にこだわり続けています。

なぜでしょうか。

実は、そこにはスターバックスがブランドの確立と差別化を図るための深~い事情があるのです。

フランチャイズのメリットとデメリット

フランチャイズとは、会社が自ら開発したブランドをパッケージ化し、加盟店は、その営業ノウハウを実践しながら、お店を経営していく方式です。

フランチャイズのメリットは、まず本部側としては、加盟店が、土地や店舗を所有しているので、安く簡単に展開していけるというメリットがあります。

また、加盟店としては、ブランドを利用してお店を展開できるので、そのブランド力で利益を得やすいというメリットがあります。

しかし、その一方で、フランチャイズ方式には、いくつかのデメリットもあります。

まず、加盟店によって、サービスの質には、ばらつきが生まれてくる場合があります。

また、フランチャイズの加盟店は、資金を自分で準備しているため、本部にとっては、その経営方式に対して、強く関与できないというデメリットがあります。

スポンサード リンク

さらに、フランチャイズの加盟店としては、お店で利益が出れば出るほど、儲かるのので、当然のように、

人通りの多い所へお店を出す
回転率を上げて、収益を高める

という発想をします。

まあ、これは、普通に考えれば、デメリットではないのですが、実は、この二つの発想は、スターバックスのブランド戦略に真っ向から対立しているのです。

スターバックスが直営店方式を行うことにより得られる相乗効果

スターバックスが目指しているのは、あくまでも

「ゆったりとしたくつろぎの空間で、極上のコーヒーを堪能する」

ことですよね。

もし、フランチャイズ方式にして加盟店の店長が、

●たくさんの客が訪れるよう、人通りの多い所に出店したらどうなるでしょうか?
●客がたくさん入れるよう、テーブルと椅子を所狭しと店内に並べたらどうなるでしょうか?
●回転率を上げるため、慌ただしい店内の雰囲気を作ったらどうなるでしょうか?
●客単価を上げるため、コーヒー以外にもいろいろなサブメニューを売り出したらどうなるでしょうか?
●たくさんの客に対応するためスタッフがせかせかと動き出したらどうなるでしょうか?

スターバックスのブランドイメージは台無しとなってしまいます。

だから、スターバックスは、直営店方式を取ることにより、

●ちょっと人通りから外れたところに出店
●店内には、ゆったりできるテーブルや椅子を設置
●いつまでもお店にいたくなるような雰囲気を作り出す
●コーヒーをメインでじっくり楽しんでもらえるようなメニューする
●スタッフは、目先の収益にこだわることなく、ゆったりと接客する

ことが可能になってくる訳です。

直営店であれば、そこの店長やスタッフは、会社の方針に従ってこそ、ちゃんと給料がもらえるので、安心して、その方針に従えるようになります。

普通に考えれば、安い資金で店舗を増やせる方が良いですから、フランチャイズ方式を取りやすくなります

逆に、手間とお金が掛かる直営店方式には、なかなか手を出しづらくなります

だから、スターバックスがいくら直営店方式で、成功しているからといっても、なかなか直営店方式を真似ることが出来ないのです。

そういう構造が出来れば、スターバックスのブランドは更に確立されていくわけです。

スターバックスが好調を維持している理由がお分かり頂けたでしょうか。

ビジネスで成功するためには、いかにブランドを確立し、差別化を図ることが出来るか、ということがポイントになってきます。

スターバックスが取っている逆転の発想、そして、一つの方式から、様々な相乗効果が得られるよう設定された
緻密な戦略、その成功事例
から私たちが学ぶところは多いなと感じます。

フランチャイズだから良い、直営店方式だから良いという形だけにこだわるのではなく、そのやり方が、戦略の全体像の中のどこに位置し、どういう効果をもたしてくれるのか、その全体的な流れまでを考えていく発想が重要なのではないでしょうか。

目先のことや、形だけにとらわれるのではなく、全体像を考えながら、その中で、じっくりと戦略を考えていく時間が、私たちにも必要なのかもしれません。

スターバックスのゆったりとしたソファに座り、選び抜かれた豆を使用した極上のコーヒーの香りと味わいを味わいながら、3時間ぐらい、じっくり考えてみると、良い考えが浮かぶかもしれませんよ^^

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

サブコンテンツ

ブログランキングに参加しています。

このページの先頭へ