スポンサード リンク

パソコンやスマホで、電子メールを利用する際、IMAPとPOPという二つの方式をよく耳にすると思います。

POPもIMAPどちらもメールを受信する際のプロトコル(通信規約)です。

では、どちらの方式を使ったら良いのでしょうか。

初心者の方でも分かりやすく、その違いを比較してみました。

computer

POPについて

まず、POPについて説明します。

POPの方が、先に広く普及したからです。

POPとは?

POPというのは、Post Office Protocolの略で、改良される中で、名前がPOPからPOP3に変わりました。

イメージ的には、メールサーバーが郵便局でPOPのシステムは、そこに郵便物を取りにいくような感じです。

POPでは、メールを取りにいった後(ダウンロードした後)、メールサーバーから、元のメールを削除するようになります。

(もちろん、コピーしたものを残しておくことも出来ます)

POPのメリット・デメリット

POPは、メールサーバーに常に接続をするわけではありません。

なので、ダウンロードしたメールを削除したり移動したりする場合は、素早く処理出来るという利点があります。

また、メールサーバーからメールをダウンロードした後は、サーバーから元のメールを削除出来ます。

なので、メールサーバーの負担を軽くすることが出来ます。

その一方でPOPは複数の端末で管理する時は、使い勝手が悪いというデメリットがあります。

メールをダウンロードした際、メールサーバーからメールを削除する設定にしておくと、別の端末では、そのメールをダウンロードすることが出来なくなってしまうからです。

さらに、基本的にはメールサーバーにあるメールを削除してしまいます。

ですから、メールをダウンロードしたパソコンが故障したりすると、その中のメールは、二度と戻ってこなくなるというデメリットもあります。

IMAPについて

次にIMAPです。

GmailなどもIMAPの形式を採用しているので、馴染みのある方も多いかと思います。

IMAPとは?

IMAPは、Internet Message Access Protocolの略です。

IMAPの場合は、メールをダウンロードする際というよりは、メールサーバーにあるメールをそのまま見にいくという感じです。

IMAPのメリットとデメリット

IMAPのメリットとしては、何といっても、複数の端末(パソコンやスマホ)などから、メールの状態を一元管理することが出来るという点が挙げられます。

さらに、メールを開封したという状態も共有できるので、一人が2台以上の端末で、メールを管理する場合、どこまでメールを見たかがすぐ分かり、非常に楽です。

一方、IMAPのデメリットとしては、メールサーバーの容量制限いっぱいになったら、古いメールは完全に削除しなければならないという点が挙げられます。
(どこかにダウンロードするわけではないですから)

また、メールサーバーを軸として、データをやり取りするためメールの移動や削除などをする際、レスポンスがどうしても悪くなります

私は、時々、メールを削除する際、DELETEキーを連打することがよくあるのですが、その時、IMAPだと、途中でエラーが発生してしまいます。

なので、IMAPでメールを削除する場合は、削除するメールをまとめて選択して、DELETEボタンを一回だけポンと押すようにしています。

POPのIMPの違いを一覧表で比較

以上の点からPOPとIMAPの違いを比較した表を作ってみたので、ご参考にして下さい。

項目 POP IMAP
メールの保存 端末のパソコンにダウンロード メールサーバーと端末で完全に連動
メールサーバの容量 端末にダウンロードした後は、サーバーからメールを削除するケースが多い サーバーからメールを削除すると端末のメールも削除される
メールの削除や移動 素早い処理が可能 処理が遅い
複数端末での管理 使いにくい 使いやすい

私が勤めていた会社での事例

私が、以前、勤めていた会社では、POPを使っていましたが、ある業者の方から、「IMAPの方が便利ですよ~」と言われたので、一時期、検討したことがあります。

しかし、会社で使う場合は、重たいデータをやり取りする場合が、かなりあります。

ですので、メールサーバーにメールをため込むと、一気に容量をオーバーしてしまうので、やむを得ず、IMAPの導入は見送ることにしました。

でも個人で使う場合は、絶対IMAPの方がオススメです。

個人で使う場合、使用するメールの容量なんてたかがしれています。

それに、スマホでメールをチェックしたら、その状態が、パソコンにも反映されるので、本当に便利です。

もちろん、これからPOPもIMAPもそれぞれ進化を遂げていくのでしょうが、今のところは、POPは会社向け、IMAPは個人向けというのが、個人的な印象です。

スポンサードリンク