スポンサード リンク

ベランダや畑などで、植物を育てていると、アブラムシが付いていることがあります。

アブラムシが集団で付くと、植物の汁を吸われて、植物が衰弱してしまいます

もちろん、「おりゃー」という感じで、一匹ずつ取り除いても良いですが時間が掛かりますし・・・

薬を使うのは、お金が掛かりそうですし・・・

もっと手軽な方法はないかなと思って調べていたら、牛乳がアブラムシ駆除には有効という話があったので、その方法についてまとめてみました。

牛乳は、原液、それとも薄める?

では、どうやって牛乳でアブラムシを駆除するのでしょうか。

具体的には霧吹きでアブラムシに直接ふりかければ大丈夫です。

牛乳を飲み切った後のパックに水を入れて、すすいだ時の水でも効果があるとも言われれています。

でも、効果が薄れるという話もあるので、やぱり原液を使うのが良いです。

牛乳をふりかけたら、アブラムシは窒息してくれます。

なぜ、窒息するのかというと、アブラムシは、体に気門というところがあり、そこで呼吸をしているのですが、牛乳の脂分が、その気門を塞ぐからです。

ですから、低脂肪乳よりは、ちゃんとした牛乳が良いということになります。

また牛乳の中でも特濃牛乳がより効果が高いです。

その後の、処理の仕方

ただ、問題があるとすれば、牛乳をふりかけたら、アブラムシは、その場で死に絶え死骸が残ってしまうということです。

ですので、その死骸を水で洗い流すか、テープなどで取って上げる必要があります。

また、牛乳を振り掛けると、

植物によっては、葉っぱが枯れてくる
牛乳の臭いで臭くなってしまう
オブラートのような薄い膜が出来てしまう

という現象も起こってしまいます。

いずれにせよ、一度、水で洗って上げるのが良いでしょう。

実は、アブラムシは、体内で卵を孵化させる能力を持っており、受精しなくても増えることが出来るため、放置しておけば爆発的に増えてしまう可能性があります。

また、アブラムシがいると、体内から出る甘い液体を求めて、アリも集まってきてしまいます。

ですので、アブラムシを発見したら、早めに対応するのが良いですね。

あなたの家庭菜園が、アブラムシを撃退し、実り豊かなものになっていくことを願っています!

スポンサードリンク