しずかちゃんの苗字は?由来はロマンチック?身長などの豆知識もご紹介!

ドラえもんに出てくるしずかちゃんと言えば、登場人物のなかで紅一点みんなの人気者ですよね。しずかちゃんは、まじめでやさしく誰からも愛される女の子です。母性本能が強いのか困っている人を放っておくことができず、たびたびのび太のことを助けてくれるありがたい存在でもあります。

そんなしずかちゃん、いつもみんなからしずかちゃんと呼ばれているので、苗字を聞かれるととっさに浮かんでこない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでこの記事では、しずかちゃんの苗字と、その由来についてお伝えしていきます。

実は、しずかちゃんの苗字には意外な由来があるんですね。また、豆知識として、しずかちゃんの身長などについてもお伝えしていきますので、是非、ご参考にしてください。

花子
花子
しずかちゃんの苗字は聞いたことがあるけど、ちょっと変わった苗字だったような。

しずかちゃんの苗字は?

それでは、しずかちゃんの苗字について、詳しくお伝えしていきますね。

苗字は源

しずかちゃんの苗字は「源」です。ドラえもん公式ホームペーにもきちんとフルネームが紹介されていますよ。

なんだか、きりっとしていて、かっこいいこの源という苗字ですが、なにか由来があるのでしょうか?

苗字の由来

しずかちゃんの名前の由来は、実は歴史に名を残す悲劇のヒロイン「静御前」からきていると言われています。静御前と言えば、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも登場していていましたよね。

知らない人のために少しだけご紹介すると、静御前は鎌倉幕府をひらいた源頼朝の弟である源義経の恋人です。頼朝と義経は兄弟でありながら最期は対立関係にありました。そのため静御前は頼朝に捕らえられてしまいます。そして、その後に出産した義経の子供は頼朝の命によって由比ヶ浜(ゆいがはま)に沈められてしまったのです。

なんとも切ないお話ですね。静御前は源義経の妾、いわゆる愛人でした。しずかちゃんの苗字が源になっていることで、静御前が時を超えて、晴れて義経の正室になれたようにも捉えられて何ともロマンティックです。

しかし、この説はあくまでもファンの間で根強く支持されている説で、作者である藤子・F・不二雄先生が公式にこの説を発表したということは記録に残っていません。藤子・F・不二雄先生も亡くなられてしまったので、真相は謎のままになっています。

花子
花子
しずかちゃんの苗字には実は深い意味が隠されていたのかもしれないのね。

しずかちゃんの身長

しずかちゃんの苗字や名前の由来がわかったところで、しずかちゃんの身長についてもお伝えしていきます。のび太より高いのか、それとも低いのかという点についても実は、いろいろな意見があるので、その点も含めて解説をしていきますね。

身長は145cm!?

のび太の身長は140cmくらいと言われていて、それよりも少し背が高く描かれていることが多いために145cmという説になっているようです。

しずかちゃんよりも明らかに背の高いジャイアンは157cm、クラスの中で一番低いのではないかと思われるスネ夫は135cmです。

このことから、しずかちゃんの145cmというのは、なかなかいい線をいっているように思われます。

身長が変わって描かれることも

しずかちゃんの身長は145cmであるとご紹介したのですが、Wikipediaによると、のび太との身長差は、のび太より低く描かれていることもあるのでこの145cm説は定かではないようです。

もしかするとのび太としずかちゃんでは、そんなに身長が変わらないので成長スピードによって、のび太のほうが高かったりしずかちゃんのほうが身長の高い時期があったのかもしれません。

身長が登場シーンによって違うと突っ込みを入れたい気持ちになる人がいるかもしれませんが、小学生は成長も早いので、是非、温かい目で見守ってあげましょう。

次郎
次郎
小学生なんだから身長が変わってもしょうがない、しょうがない。

しずかちゃんってどんな子なの?

ドラえもんの中でヒロインであるしずかちゃんはどんな女の子なのでしょうか。最後にまとめ的な情報をお伝えしていきます。

上品だけれども意外な面も

しずかちゃんはハキハキとしていて、みんなのことを「さん」付けで呼ぶとても上品なイメージがありますよね。しかし、実は原作では、悩みを抱えたしずかちゃんを心配したのび太たちに向かって「どうせ無駄よ、あんたたちに話したって」なんて捨てゼリフがでてきます。

他にもドラえもんの道具でハンサムになったのび太を見て「のび太さんはもっと面白い顔よ」と言葉遣いは上品ですが、言っていることは、ひどいという場面がたくさん出てきます。アニメのお上品な姿とギャップがあってちょっとびっくりですね。

好きなのものは「焼き芋」と「お風呂」

しずかちゃんと言えば好きなものは「焼き芋」「お風呂」です。焼き芋をこっそり食べている場面や、お風呂ばかり入っているシーンはコミックでもアニメでもおなじみですよね。

ドラえもんを子供の頃、観ていた人たちは、ちょっとドキドキしたりもしたのではないでしょうか。

しずかちゃんの苦手なもの

しずかちゃんは成績もよく運動神経も良いようです。そのような話を聞くと、しずかちゃんは完璧な女の子に思えてしまうかもしれませんが、実はそうではありません。

例えば、クッキーなどのお菓子を作ってのび太たちにごちそうして喜ばれていますが、これらはしずかちゃんのママと一緒に作ったもの。一人で作っている時は砂糖と塩を間違えたりオーブンで焦がしてしまったり料理の腕は少し残念なところがあります。

残念と言えば、趣味のバイオリンの腕前がジャイアンの歌にも匹敵するほどの騒音になってしまうことです。ただ、本人は騒音となっていることに気づいていないんですよね。

親近感が湧くキャラクター

しずかちゃんは、おしとやかで礼儀正しいイメージがありますが、これはしずかちゃんのママの躾が影響しているようですよ。ただ、ママがいないところでは、たまに習い事をさぼったり寝っ転がってお菓子を食べたりしています。

そこら辺が、普通の小学生の女の子らしくて親近感がわきますね。

太郎
太郎
上品にも見えるけれども、子供らしい一面をたくさん持っていることもしずかちゃんの魅力なのかもしれないね。

まとめ

しずかちゃんの苗字がもしかすると歴史に登場する悲劇のヒロイン「静御前」にまつわるものかもしれないなんて、壮大な由来でびっくりですよね。静御前は悲劇のヒロインですが時を超えて「源静香」もといしずかちゃんは国民的ヒロインなっているなんてちょっと感慨深いです。

みんなに平等にやさしく一見スーパーウーマンに見えて、原作ではのび太に対して毒舌になるそのギャップがまた親近感があっていいですよね。原作とアニメとでしずかちゃんのどんなところが違うのかなど、気にしながら見るとまた面白いことに気付けるかもしれません。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました