パジャマをプレゼントされても嬉しくない!?伝わる意味や心理とは?

大切な人にパジャマをプレゼントしたいと考えている人はいませんか?パジャマは老若男女問わず毎日使うものなので、何枚あっても良いですよね。洋服と比べて多少サイズが違っても、家の中でゆったり着るものなので、プレゼントしやすい物でもあると言えます。

このように誰にでも喜んでもらえそうなパジャマのプレゼントですが、実は嬉しくないと思われてしまうこともあります。なぜ、そんなことが起こってしまうのでしょうか。この記事ではパジャマのプレゼントが嬉しくないと思われる理由や、パジャマをプレゼントすると伝わる意味や心理について解説していきます。

次郎
次郎
僕はパジャマをプレゼントされたら嬉しいけどなあ。

パジャマをプレゼントされても嬉しくない!?

パジャマ プレゼント 嬉しく ない
せっかく喜んでもらいたくてプレゼントしても、嬉しくないと思われてしまったら悲しいですよね。パジャマのプレゼントが嬉しくないと思われる理由として、以下の3つの点が考えられます。

  • 自分の趣味とは違う物だった
  • パジャマを着て寝ない
  • なんだか気持ちが重たい

それぞれの理由について、以下に詳しく解説していきます。

自分の趣味に合わないし・・

自分の趣味ではないパジャマをもらっても、使わないという人もいるでしょう。パジャマは家でしか使わないとはいえ、毎日着るのでお気に入りのデザインのものを着用して気分を上げたいと、こだわっている人もいます。

また、着心地を重視していたり、好みの素材を選んだりしている人もいるでしょう。パジャマにはいろんな素材や形があるので、相手に合ったデザインや素材をきちんとリサーチした上でプレゼントすることが重要ですよね。

パジャマなんて着ないし・・・

そもそもパジャマを着ない人もいるかもしれません。夏はTシャツ、スエットのラフな感じが好きな人もいれば、冬はモコモコした暖かいものじゃないと寒くて寝られないという人もいます。女性はワンピース型を着ている人もいますよね。ただ、寝るときの服装がどんなものか、ある程度相手のことを知らないと分からないところもあるかと思います。

ですから、パジャマをプレゼントしたい相手には、普段パジャマを着ているのか、どんなタイプの物が好きなのか、事前に聞いてみるのが無難だと言えます。

何だか重たい・・・

パジャマをプレゼントすると、気持ちが重たいと思われることもあります。

好意をもっている・もっていないに関わらず、付き合っていない相手に対するパジャマのプレゼントは気持ちが重く感じる可能性が小さくはないですよね。また、何か特別な意味があるのではないかと思われることもあります。

誤解されない為にも相手との関係性をよく見極めて、パジャマをプレゼントしても大丈夫な相手なのか、よく考えることが大切です。

花子
花子
好きでもない人からパジャマをプレゼントされたら確かに困るわよね。

パジャマをプレゼントして伝わる意味や心理は?

嬉しくないと思われそうなパジャマのプレゼントですが、実は相手を大切に思っているという気持ちが伝わりやすい素敵なプレゼントでもあります。パジャマのプレゼントにはどんな意味や心理があるのでしょうか。

体を大切にしてね

パジャマのプレゼントには「体を大切にしてね」という意味があります。パジャマは寝る前や、家でのリラックスタイムに身に着ける物であり、相手の体のことを気遣っているという心理が伝わりやすいプレゼントです。

また、相手にもパジャマを着る度に「体のことを気遣ってくれている」と感じてもらいやすいものでもあると言えます。一日の終わりにほっと一息つけて、着るだけで癒されるようなパジャマを選ぶと、さらに喜んでもらえるでしょう。

疲れを取ってね

パジャマのプレゼントには「疲れを取ってね」という意味もあります。健康には睡眠が大事だと考えられているので、寝る時に身に着けるパジャマのプレゼントは「ゆっくり寝てね」という心理が伝わります。

そのためには、伸縮性があったり、肌触りの良い差材のものだったり、寝ている間、ストレスフリーで着用できるパジャマを選ぶと良いですね。大切な人が日々元気にがんばれるように、パジャマをプレゼントして質の良い睡眠をサポートしましょう。

ちなみに夜にリラックスして疲れて取って欲しいという時にはキャンドルもおすすめですよ。

パジャマのプレゼントが喜ばれるシーン

パジャマはクリスマスや誕生日や記念日など特別な日はもちろん、母の日・父の日など感謝の気持ちを伝える日にもピッタリのものだと言えます。

さらに、デパートなどで取り扱っている綿やシルクの上質なパジャマや、可愛いデザインで若者に人気のジェラートピケのものなどを選ぶと、自分で買わないようなものをプレゼントすると喜んでもらえるでしょう。彼氏・彼女や夫婦などでペアのパジャマを選んでも素敵です。

せっかくなので「体を大事にしてね」「ゆっくり休んでね」という意味を込めた手紙を書いて一緒に渡すと、より思いが伝わりやすくなりますよ。

ただし、パジャマを贈ってはいけないシーンもあります。希望された場合は良いですが、入院中の人や療養中の人には「長く寝る」というのは「寝付く」と連想して縁起が悪いので、避けましょう。

太郎
太郎
相手の事情や相手との関係性をしっかり考慮すればパジャマは本当に喜ばれるプレゼントになり得るよね。

まとめ

自分の趣味とは違った物だったり、パジャマを着ない人からすれば、嬉しくないと思われるかもしれません。しかし、パジャマのプレゼントは「体のことを気遣ってくれている」という心理が相手に伝わりやすいものでもあります。

相手に合ったものや上質な素材のものを選び、「体を大切にしてね」「ゆっくり休んでね」という意味を込めた手紙を書いて一緒に渡すと、さらに喜んでもらえるでしょう。

ただし、気持ちが重たいと思われてしまう関係性の人や、入院中の人や療養中の人など、贈ってはいけないシーンもあるので注意が必要です。相手の体のことを気遣って贈るパジャマは、特別な日のプレゼントにぴったりですので、是非色々リサーチして、検討してみてください。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました