ハーバリウムをプレゼントする意味は?2つの観点から徹底解説!

私は以前、ハーバリウムを使った置き型の時計をプレゼントされた経験があるのですが、綺麗で非常に気に入っています。そのため、今度は逆にハーバリウムを誰かにプレゼントしても良いかなと思っているんですね。ただ、そこで、一つ気になったは、ハーバリウムをプレゼントする意味です。具体的にはどういった想いが伝わるのでしょうか。

いろいろ調べてみると、ハーバリウムはそれ自体というよりは、その中に入れる花の色や種類を変えることによって、相手に伝える意味合いも変えていけるということが分かってきたんですね。そこで、この記事ではハーバリウムをプレゼントする意味について、掘り下げてご紹介していきます。

次郎
次郎
ハーバリウムは綺麗だし、手入れも要らないからプレゼントに良いんじゃないかな。

ハーバリウムをプレゼントする意味

ハーバリウム プレゼント 意味

ハーバリウムをプレゼントする意味について、いろいろ考える人も多いかと思いますが、簡単に言うと、

  • ハーバリウムをプレゼントすること自体に特別な意味はありません。

しかし、中に含まれている花やパーツの色によっては、特別な意味を持つことがあります。そこで、ここでは2つの観点から解説していきます。

  • 花の色
  • 花の種類

色によって意味が変わる

ハーバリウムのプレゼントは、カラフルな色も魅力的なポイントです。色にはそれぞれイメージするメッセージや、効果がありますよね。プレゼントにぴったりな色の意味を、それぞれ紹介します。

意味
オレンジ ハーバリウムに入っていると明るい印象になるオレンジは、見ていて楽しい気持ちになりますね。そのため、ストレスを和らげてほしいという意味があります。
黄色 黄色は見ていて元気になれる色なので、ハーバリウムのプレゼントにピッタリです。集中力が高まる色でもありますよ。オレンジや黄色のハーバリウムは、男性女性問わず人気が高いです。
緑のハーバリウムも、集中力が高まります。集中力を高めて仕事や勉強を頑張ってほしいという願いをこめてプレゼントを選ぶ人が多いですね。悪目立ちしないので、ナチュラルなインテリアを好む人にもおすすめします。
青はリラックス効果のある色です。ゆっくり休んでほしい相手にプレゼントをするのがおすすめですね。その場合は、原色が強い青よりも、水色に近い色を選ぶのがポイントです。
紫は、芸術や高貴を意味する色です。見る人によって印象が変わる色の一つですね。芸術家肌の人にハーバリウムをプレゼントするなら、紫の花を入れてみるのもいかがでしょうか。紫をメインにするよりは、ワンポイントとして入れるケースが多いです。
ピンク 愛情や友情、好意など多くの意味を持つピンクは、特に女性から人気のある色です。恋愛運や美容運をアップさせる色でもありますね。華やかで女性らしい印象が人気です。
ワインレッド 大人な雰囲気のワインレッドは、愛情や情熱を意味する色です。ハーバリウムに入れる場合は、プレゼントをする相手への愛情を込めて選びたいですね。また、赤の中でもワインレッドは深みのある色なので、落ち着いた印象のハーバリウムに仕上がります。
虹色 カラフルな虹色は、奇跡や幸運などラッキーな印象の意味合いが強いです。海外でも、幸運の象徴として知られていますね!虹色を取り入れたハーバリウムには、プレゼントする相手への幸運を願うという意味があります。
花子
花子
花の色によっても相手に伝わる印象は大分変ってくるわよね。

花の種類によっても意味が変わる

ハーバリウムのプレゼントは、色だけではなく花の種類によっても意味が変わります。花はプレゼントの定番で、花言葉を知っている人も多いです。だからこそ、プレゼントをする相手によって、適切な言葉の花を選ぶようにしたいものですね。そこで、代表的な花の意味を紹介していきます!

アジサイ

団らんや家族といった花言葉を持つアジサイも、人気です。アジサイは、色によっても意味が異なるので注意しましょう。例えば、ピンクのアジサイは元気な女性や、母の愛を意味します。そのため、母の日のプレゼントとして人気があります。

その一方で紫や青には、知的や辛抱強い愛といった意味のほか、冷淡や浮気という意味もあります。ネガティブな意味も持つので、ハーバリウムをプレゼントする際には注意したいところです。

カスミソウ

感謝や幸福といった花言葉を持つカスミソウは、ハーバリウムの中に入っている定番花の一つです。他にも清らかな心を意味するので、特に白いカスミソウを結婚祝いに選ぶ人が多いですね。

ピンクのカスミソウは切なる願い、水色のカスミソウは清い心を意味します。黄色のカスミソウには特別な花言葉はありませんが、明るい色なので元気になってほしいと願いを込めて選ばれることが多いです!

ペッパーベリー

つぶつぶが可愛いペッパーベリーは、ハーバリウムにも選ばれることが多いです。輝く心を、という花言葉なので、元気になってほしい人にプレゼントするのがおすすめです。

ちなみに、海外では熱狂するという意味の花言葉を持ちます。日本とは印象が違って、面白いですね。

ひまわり

ひまわりは、見ているだけで元気になれる花ですね。ひまわりを使ったハーバリウムのプレゼントも、とても人気です。

情熱や憧れといった花言葉を持ち、太陽の花と呼ばれているポジティブな印象の花ですね。西洋では偽りの富といったネガティブな意味もありますが、基本的に日本では明るく前向きな花という印象の方が強いです。

太郎
太郎
ハーバリウムは、花とは、また違った意味での魅力があるよね。

まとめ

ハーバリウムは、元々植物標本という意味があります。近年では、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを、専用のオイルに漬けたものを指すことが多いですね。その美しさから一気に広まり、プレゼントしても人気のアイテムになりました。

そんなハーバリウムをプレゼントとして贈る場合、デザインだけではなく、色や花の持つ意味から選ぶこともできます。最近では簡単に作れるハンドメイドキットも増えているので、プレゼントを手作りするのも良いですね。商品を購入する時も、一つ一つデザインが違うので選ぶ楽しみがあります。

ぜひ、そういった視点からも楽しみにながらプレゼント用のハーバリウムを選んでいただけたらうれしいです!

相手に喜んでもらえるプレゼントがきっとみつかる!
プレゼントを何にしようか悩んでいる方は、こちらの一覧記事をぜひご参考にしてください。
>>プレゼントの意味一覧!32種類の贈り物を上手に使い分けよう!

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました