指輪をプレゼントする意味!相手に伝わる微妙な心理を徹底解説!

アクセサリーをプレゼントに選ぶことはありますが、中でも指輪のプレゼントとなると他のプレゼントとは違い、かなり特別感がありますよね。結婚指輪や婚約指輪は古くから「愛の証」の象徴と考えられていますし、ペアリングも固い絆を感じさせるものです。

もちろん、指輪はファッションの一環として、あるいはお守りとして身に着けるものでもありますが、「この指輪のプレゼントには何の意味があるのか」と贈られた側は気になることでしょう。ですから、やはり贈る側としてはその意味を事前にきちんと知ってからプレゼントすることが大事ですよね。

そこで、この記事では、指輪のプレゼントが持つ意味や、どんな人に贈っても問題ないのかという点についてケース別に解説していきます。ぜひ、指輪をプレゼントする際のご参考にしてください。

次郎
次郎
指輪は相手が本当に大切な人だからこそ贈るイメージがあるよね。

指輪をプレゼントする意味

指輪 プレゼント 意味
指輪のプレゼントには以下の3つの意味があると言われています。

  • 契約・約束
  • 永遠
  • 独占欲

さすが指輪のプレゼントということだけあって、深い意味がありますね。では、それぞれの意味について詳しく解説していきます。

契約・約束

指輪のプレゼントには契約・約束という意味があります。愛の証として贈られることもありますし、「誠実な付き合いをしたい」という気持ちが込められることも多いですよね。

契約・約束と聞くと重く感じる人がいるかもしれません。ただ、それほど指輪のプレゼントは大切なもので、特別だと感じている人は多いです。ですから、特に、そこまで関係が深くない相手に贈る場合は、このような特別な意味が伝わるかもしれないことを念頭に置いておきましょう。

逆にいえば、このような意味を持った指輪のプレゼントを贈ることで、遊びではなく本気で付き合いたいという気持ちをうまく相手に伝えることができるのではないでしょうか。

特にペアリングの場合は、周囲に公表できる仲であるという証にもなります。ですから、指輪のプレゼントは、誠実にお付き合いしたい相手に愛の証として贈ることが望ましいと言えますね。

永遠

指輪は切れ目がない形をしていることから、永遠という意味を持つと言われています。ですから、指輪をプレゼントすることで「二人の愛が永遠に続くように」というロマンティックな意味が込められているんですよね。

また同時に「これからもずっと一緒にいよう」「末永くよろしくね」というような二人の未来に前向きなメッセージも伝わりますので、指輪をプレゼントすることで、より関係が深まっていくことでしょう。

独占欲

指輪のプレゼントには独占欲という意味もあると考えられています。特に、左手の薬指ということであれば、結婚指輪や婚約指輪にも見えるので、異性を寄せ付けないようにというストレートな意味が伝わります。

たとえ違う指だったとしても、手という目立つところに付ける指輪には「あなたは私のもの」と周囲にアピールしたいという束縛の心理が表れる場合もあります。そのため、指輪をそこまで深い信頼関係で結ばれていない人にプレゼントすると、相手が束縛されたような気持ちになることもあるので、ご注意ください。

相手によっても指輪のプレゼントの意味は変わる?

指輪 プレゼント 意味
指輪のプレゼントの持つ意味は、贈る相手によっても違ってくるのでしょうか。ということで、それぞれのケースについて解説をしていきます。

彼氏・彼女からのプレゼントは結婚を意識したもの?

彼氏・彼女から指輪をプレゼントされると「もしかして私と結婚したいと思っているの?」と思う方は多いかもしれません。ただ、彼氏・彼女から指輪をプレゼントされたからといって、結婚を意識しているかは別問題であることも多いです。単純にこれからもこの関係が続くようにと愛をこめて、指輪を贈る人もいますからね。

また、指輪をプレゼントする側の立場で考えると、すぐに結婚とはいかなくても「今、二人が順調に交際している証」という良い意味で、記念日などのタイミングに指輪をプレゼントすれば、喜んでもらえると思いますよ。ただ、その一方で、結婚するまで薬指は空けておきたいという人もいますので、事前に相手の気持ちを確認してくださいね。

男同士・女同士だと変?

男同士・女同士で指輪をプレゼントすると変に思われてしまうのでしょうか。この点に関しては、普段から仲が良く、相手の趣味や好みが分かる間柄であれば友人でも指輪をプレゼントすることは変ではありません。同性であればファッションリングということで、気軽に贈れるのではないでしょうか。

もちろん、薬指につけるものやペアリングに見えるものは避けるなどの配慮をすることが大切ですが、友情の証としても指輪は良いプレゼントだと言えますよ。

付き合ってない人に贈っても大丈夫?

付き合っていない人に指輪を贈るのはかなりハードルが高いので、よく考えなければなりません。たとえ好意があったとしても付き合う前だとびっくりされる可能性は大いにあります。

ですから、指輪を贈るならやはり一緒に告白する流れになるのではないでしょうか。ただ、それなりの覚悟をもってなら、指輪のプレゼントはアリだと思いますよ。

まとめ

指輪のプレゼントがもつ意味と、贈る相手によってどんな違いがあるのかについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。指輪のプレゼントは特別感がありますが、実際、とっておきの深い意味があることがお分かりいただけるかと思います。

指輪のプレゼントは、独占欲がありながらも誠実に付き合っている気持ちと永遠に一緒にいようという意味の伝わる、愛の証でもあります。恋人同士では結婚するしないに関わらず、順調に交際している証ですので、そういった点ではお勧めのプレゼントだと言えますね。

また、指輪はファッションリングとして同性で贈り合ったり、場合によっては付き合っていない相手に贈ることもアリだと思うので、プレゼントの候補として、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

また、同じアクセサリー系であれば、ネックレスという選択肢もあるので、気になる方は、こちらの記事をご参考にしてください。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました