アクセサリーをプレゼントする意味!種類ごとに徹底解説!

アクセサリーは他のプレゼントと比べて特別感があるので、好きな人から贈られるととても嬉しいですよね。私自身、パートナーにプレゼントに何が欲しいかと聞かれた時には、必ずアクセサリーをリクエストしますし、好きな人にもらって嬉しくない女性は少ないと思います。

アクセサリーはたくさん欲しい派ですが、実は、過去に恋愛感情が皆無な知り合いにアクセサリーをもらって少し困ったこともあります。どういうつもりで渡してきたのかが分かないといろいろと悩んでしまいますよね。そこで、そういった経験を踏まえて、今回、アクセサリーのプレゼントにはどんな意味があるのかをちゃんと調べてみることにしました。

この記事では、アクセサリーをプレゼントする意味をお伝えすると共に、アクセサリーといってもいろいろな種類がありますので、贈る物によって意味合いがどう変わっていくのか、詳しく解説していきます。

次郎
次郎
アクセサリーはきちんと選べばすごく喜んでもらえるんじゃないかな。

アクセサリーをプレゼントする際の共通した意味

アクセサリー プレゼント 意味
アクセサリーをプレゼントする際の共通する意味は以下の2つです。

  • 一緒にいたい
  • 束縛したい

やはり、他の実用的なプレゼントと比べるとアクセサリーの贈り物は深い意味が伝わりますね。それではここから、一つずつ解説していきます。

一緒にいたい

アクセサリーはプレゼントの定番ですが、男女ともに普通の友達ではなく、彼氏・彼女の恋人や夫婦といった大切な人に贈りますよね。ですから、アクセサリーのを贈ることで「一緒にいたい」という意味が一番に伝わります。

また、一日中肌身離さず付けて過ごすアクセサリーのチョイスは、常に相手に自分の存在を感じてほしいという願望が表れており、ストレートな気持ちを伝えることができます。これほど贈る側の愛情が分かりやすいプレゼントは他にないですよね。

このような背景から、アクセサリーのプレゼントをするということは、ある意味告白にもなります。ですから、あえて好意をもっていると伝えたいシーンでもとても効果的であると言えるのです。

花子
花子
普段、身に付けるものだからこそ、熱い思いが伝わりやすいわよね。

束縛したい

アクセサリーのプレゼントには「束縛したい」という独占の意味もあります。アクセサリーは高額なものもあり、基本的には好意があって特別だと思っている人に贈ることが多いので、自分のものにしたいという心理が働いているとも言えます。

束縛という言葉だけを聞くと重く感じますが、好きな人からであれば少しくらい束縛されていても嬉しいという人もいますし、そういった意味では相手との関係性によっては何の問題もないですよね。

また、束縛=深い愛情と捉えられる可能性もあるので、積極的なアプローチなら良いですが、誤解されたくない場合はアクセサリーは贈らない方が無難です。

様々なアクセサリーをプレゼントする意味

ストレートな愛情が伝わりやすいアクセサリーの意味は、種類によって違ってきます。それぞれについて以下でご紹介します。

指輪をプレゼントする意味

指輪は結婚や婚約の際に贈るものでもあるので、「束縛・約束」という意味が一番伝わります。ですから、指輪をプレゼントすることで、本気であるという気持ちをうまく伝えることができます。

また、指輪は切れ目がない形をしていることから「永遠」という意味を持ち、「二人の愛が永遠に続くように」というロマンティックなメッセージの込められたものでもあります。

ただ、同時に、目立つ場所に付ける指輪のプレゼントは「あなたは私のものだという」周囲へのアピールであり、「独占欲」の心理が強く働いているとも言えます。

ピアスをプレゼントする意味

ピアスは顔周りにつけるので鏡などを見た時に否応なしに目に入ってきますよね。ですから、「いつも自分の存在を身近に感じてほしい」という意味が伝わります。また、古くからお守りや厄除けとして考えられていたため「あなたは一人じゃない」というメッセージを込めて贈ることもあります。

一方で、ピアスは肌に密着して目に入りやすいアイテムでもあるので見張られているような気持ちにもなり、「独占欲や束縛」といった意味に捉えられがちでもあります。

ネックレスをプレゼントする意味

ネックレスのプレゼントには古くから相手の幸せや無事を願うお守り的な意味があるのですが、現代では「絆を深めたい」という意味になります。さらに、指輪と同じように輪状(りんじょう)をしているので「永遠に一緒にいたい」という強い愛情の意味も伝わりやすいので、本気度が伝わりやすいです。

また、「束縛」という意味もあるのですが、ネックレスは首につけるアクセサリーなので、なんだか納得がいきますね。

イヤリングをプレゼントする意味

イヤリングはただお洒落なだけでなく、魔除けの意味も持っています。古くから身に着けるだけでお守りになるとされていたので、プレゼントすることで「あなたを守りたい」という意味が伝わります。相手の身を案じるということは、強い愛情があるということにもなりますよね。

あと、イヤリングは顔の一部である耳につけることから目につきやすいので、自分の存在をアピールすることもでき、「ずっと一緒にいたい」という純粋な気持ちも伝わります。

ブレスレットをプレゼントする意味

ブレスレットは輪状(りんじょう)をしているので「永遠」という意味を持ちます。ですから、ブレスレットをプレゼントすることで「ずっと一緒にいたい」というロマンティックな意味が伝わります。

ただ、実は手に付けるブレスレットは手錠のようにも見えるため、「束縛したい」という独占欲を表わしてしまうところもあるので、注意が必要です。しかし、逆に言えばそれだけ相手が大切だと、ポジティブに想いが伝わることも多いんですよね。

太郎
太郎
アクセサリーといっても種類によって微妙に意味は変わってくるんだね。

まとめ

アクセサリーをプレゼントすることで伝わる共通の意味とアイテム別に意味について詳しく解説していきましたが、いかがでしたか。どのアクセサリーのプレゼントする意味とにも「束縛」という意味合いが強く、肌に密着させるものであることから「一緒にいたい」という意味が込められていることがお分かりいただけたかと思います。

また、アクセサリーによっては「永遠」というロマンティックな意味もありますが、どうしても独占欲の心理が働きやすいプレゼントにはなります。

そのため、恋人同士や夫婦間で贈るには全く問題ないですが、それ以外の人へのアクセサリーのプレゼントは重く捉えられてしまう場合もあるので、気軽に贈らないようにしましょう。

相手に喜んでもらえるプレゼントがきっとみつかる!
プレゼントを何にしようか悩んでいる方は、こちらの一覧記事をぜひご参考にしてください。
>>プレゼントの意味一覧!33種類の贈り物を上手に使い分けよう!

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました