化粧品のプレゼントが嬉しくないと思われる理由!こんな時は贈ってはダメ

女性は化粧品が大好きなイメージがありますが、プレゼントとなればどう思われるのか、気になっている男性は多いのではないでしょうか。たとえ、口コミが良い化粧品や人気ブランドのものでも、アイテムによっては贈った相手に嬉しくないと思われてしまうこともあります。

相手に似合うかどうか悩んで選んだせっかくのプレゼントを使ってもらえないと悲しいですよね。せっかくなら、贈った化粧品をつけている姿も見たいですし、喜びの声も聞きたいというのが贈る側の気持ちってものではないでしょうか。

そこで、この記事では化粧品のプレゼントが嬉しくないと思われる理由を解説していきますので、化粧品のプレゼントを迷われている方は、ぜひプレゼント選びの参考にしてください。

次郎
次郎
化粧品は相手の好みもあるから、選ぶのが難しそうな気がするなあ。

化粧品のプレゼントが嬉しくないと思われる理由

化粧品 プレゼント 嬉しくない
化粧品が好きな女性は多いですが、プレゼントでもらっても嬉しくないという声は意外と耳にすることがあります。その理由としては主に5つの観点が挙げられます。

  • 好みのブランドではない
  • 色が似合わない
  • 自分の肌に合わない
  • 好きではない男性から贈られた
  • 年齢層が合っていない

それぞれの理由を一つずつ解説していきます。

好みのブランドではない

プレゼントされたものが相手にとって好みのブランドのものではない場合は、あまり嬉しいと思ってもらえないでしょう。

たとえ、雑誌やSNSで話題の化粧品や人気のブランドでも、相手が苦手だと感じて喜んでもらえない場合があります。ブランドによっては独特の香りがあったり、使っている成分の違いもあったりするので「ここのブランドは何か好きではない」と思われてしまうケースは意外と多いのです。

また、お気に入りのブランドのものを持っていることでステータスを感じる人もいます。そういった人には年齢層に合ったブランドのものをプレゼントすることが大事です。

ですから、化粧品のプレゼントを喜んでもらうために、日頃から相手の使っている化粧品をチェックしたり、どこのブランドのものを愛用しているか聞いてみたりしながら、リサーチすることが大切だと言えますね。

色が合わない

化粧品の色が合わなかったから、素直に喜べないということも考えられます。

肌のトーンは人によって結構違うので、綺麗な色でも合う・合わないは実際につけてみないとなんとも言えないところがあります。「この化粧品の色なら相手に似合いそうだ」と思っても、本当に気に入ってもらえるかは分からないことも多いでしょう。

また、近年では「パーソナルカラー」という言葉がメジャーになってきています。生まれ持った肌の色を大きく2つに分けてイエローベース・ブルーベースといい、それぞれ似合う色味が違うという考え方です。

簡単にいうと

  • イエベ(イエローベース)は黄みがかった温かみのある色味
  • ブルべ(ブルーベース)は青みがかったクールな色味

が似合うとされており、パーソナルカラーに合っていないと似合わないだけではなく、顔色が悪く見えると言われています。

ですから、正反対の色味の化粧品をプレゼントされたとしても、似合わないので使いたくても使えないということになってしまうのです。そういった意味でも、もし相手に会う化粧品の色が分からなければ定番のものや、透明などの使いやすい色味を選ぶと無難だと言えます。

肌に合わない

贈った化粧品が肌に合わないと喜んでもらえるどころか、逆効果になってしまいます。肌質は人それぞれなので分かりにくいものですし、敏感肌の人や肌の弱い人は、決まったものしか使っていない可能性があります。

化粧品を選ぶうえで、肌に合うかどうかはとても重要なので、肌に合わなければ使わずに捨ててしまうことにもなりかねません。せっかくもらったのに使えなくて申し訳ないという気持ちが、化粧品をプレゼントされても嬉しくないという理由に繋がってしまうこともあるのです。

あまり好きではない男性からもらった

あまり好きではない男性から化粧品をもらった場合も、女性は嬉しくないと思う可能性が高いです。化粧品は色や肌質で好みが分かれやすく、ある程度、親しい間柄でないと贈るのが難しいプレゼントでもあります。他にもプレゼントしやすいものはたくさんあるのに、化粧品を贈られてしまうと女性は戸惑ってしまうものです。

自分のことを考えてくれて、たくさん悩んで選んでもらったプレゼントは嬉しい反面、その男性との関係や、もらうものによっては、気持ちが重たいと思われてしまうかもしれません。

ですから、そんなリスクがある時は、「化粧品」という枠を少し広げて、実用的なボディケア用品をプレゼントしても良いかもしれませんね。

化粧品メーカーの年齢層が合わない

化粧品メーカーの年齢層が合わない場合も、使いづらいと思われてしまう可能性が出てきます。化粧品はメーカーごとにターゲットにしている年齢層があり、成分やパッケージも変えたりしています。

特に、パッケージが年齢層に合っていないものだと外で使うのが恥ずかしいと感じる人もいます。例えば10〜20代向けの可愛いらしいものを30〜40代にプレゼントしたとしても、使わない可能性が高いでしょう。

また、化粧品の成分も年齢層ごとの悩みに特化してつくられているので、あまりに合っていないものだと効果を感じられず使わなくなるということも考えられます。

化粧品のプレゼントは嬉しいと思われる場合も多い

一方で、化粧品のプレゼントが嬉しいという声も多数あります。デパコスやハイブランドものは基本的には喜んでもらいやすいと言えますよね。

化粧品は毎日使うものなので、高級なものは気になりつつも、価格の安いものを使っている女性は多いものです。ですから、女性が自分では買わないような高めのものを選んでプレゼントすると「気分が上がって嬉しい」と思ってもらえるのではないでしょうか。

また、年齢やパーソナルカラーを考慮したものや相手の雰囲気に合ったものを選ぶと、より嬉しいと思ってもらえるでしょう。化粧品のプレゼントは、「自分に似合うだろうと考えて選んでくれた」という気持ちが伝わりやすい素敵なプレゼントだと言えますね。

花子
花子
自分がお気に入りの化粧品をプレゼントされたらテンション上がるわよね。

まとめ

化粧品のプレゼントが嬉しくないと思われる理由についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。一見選ぶのが難しそうに思える化粧品のプレゼントですが、合う合わないが主な理由であることがお分かりいただけるかと思います。

ただ、相手と親しくて好みが分かる場合でしたら、嬉しいと思ってもらいやすい贈り物ではないでしょうか。それに色々なことを考慮して一生懸命選んでくれたという気持ちも伝わりやすいですしね。

女性は化粧品の話をする機会が多いので、さり気なく話をふってリサーチしたり、使っているものをチェックしたりしながら、日頃からアンテナを張って情報収集しておくと良いですよ。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました