スポンサード リンク

最近は、光化学スモッグ注意報が出ることが
多くなってきました。

光化学スモッグは、

日差しが強い
風が弱い
真夏日が続いている

という条件で発生しやすいので、
これから、熱中症もそうですが、光化学スモッグも
気を付けなければならないですね。

ところで、光化学スモッグといえば、
空気が悪くなるというイメージがありますが、
そんな時に、洗濯しても大丈夫なのでしょうか?

洗濯ものに変なものが着いたら、やっぱり心配ですよね・・・

ということで、光化学スモッグの時に洗濯物を干しても
大丈夫かどうか、調べてみました。

光化学スモッグのメカニズムは?

まず、簡単に光化学スモッグのメカニズムを説明すると、

工場からの煙や車の排気ガスなどに含まれる
窒素酸化物や炭化水素が、太陽からの紫外線と
化学反応を起こしてしまい、そこで、
光化学オキシダントという有害物質が発生します。

この光化学オキシダントが、光化学スモッグを
引き起こすという構造になっています。

 

洗濯物には影響がないワケ

でも、光化学オキシダントは、洗濯物に対しては、
有害な影響を与えることはありません。

だから、光化学スモッグ注意報が、出ている時でも、
洗濯物を干していても問題はありません。

 

なぜなのでしょうか?

その理由は、

その理由は、
光化学オキシダントの主成分はオゾン(o3)だからです。

なので、洗濯物など物質にぶつかっても、
酸素(O2)に分解されるだけなので、
衣服などに有害物質が残ることはありません。

 

でも、体は要注意

洗濯物には、大丈夫なのですが、
その一方で、体には影響が出てしまうので注意が必要です。

 

具体的な症状としては、

目がチカチカする
目が痛くなる
のどが痛くなる
咳が出る

という症状が出てきますが、ひどくなってくると

頭痛
吐き気
呼吸障害
意識障害

など結構ヤバイ状態になってしまう場合もあります。

 

どのように対処したら良いか。

光化学スモッグ注意報が出たりしたり、
以下のように対処を行なって下さい。

屋外での運動を控える
屋内にいる時も窓を閉める

また症状が出てしまったら

目を洗う
うがいをする
安静にする
症状が回復しない時は病院へ行く

という対応が必要になってきます。

 

しばらくお休みしていた光化学スモッグが復活してきたワケ

実は、光化学スモッグって、 1970年代は、
日本でも深刻でしたが、その後、しばらくは収まっていました。

ところが最近は、また光化学スモッグが復活してきています。

その理由には、

ヒートアイランドの影響
紫外線が強くなっている
中国からの大気汚染の影響

などが、挙げられています。

 

いずれにせよ、これから、またしばらくは、
光化学スモッグに気を付けなくちゃいけないことが
多くなるということです。

光化学スモッグ注意報が発令されたら、
洗濯物は取り敢えず、後回しにして、
お子さんやご自身の体の安全を優先させて下さいね!

スポンサードリンク