牡丹と芍薬の違いは?簡単に見分けられる5つのポイント

スポンサード リンク

春に美しい花を咲かしてくれる牡丹(ボタン)と芍薬(シャクヤク)

昔から女性の美しさを表現する際に、

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

という言葉が使われていました。

この時、
芍薬は、女性の華麗さ
牡丹は、女性の清楚なさま
百合の花は、女性の美しさ
を表しています。

牡丹と芍薬は、どちらも女性の美しさを表す花ですが、それにしても、この2つの花は似ていますね。

↓これが牡丹です。

botan

↓これが、芍薬です。

syakuyaku

花だけを見ると、本当によく分かりません^^;

そこで、今回は、牡丹と芍薬の違いについて簡単にまとめてみました。

5つの見分けるポイント

牡丹も芍薬、どちらもボタン科・ボタン属なので、そういった意味では、似ているのは当たり前なのかもしれません。

ただ、その中でも、決定的ともいえる違いを5つのポイントに分けて、まとめました。

ポイント1: 根本的な違いは、樹木か草か?

一つの大きな違いは、

牡丹は、樹木であり、
芍薬は、草である

ということです。

なので、

牡丹は、木のまま冬を越して、茎から芽を出します。
芍薬は、冬、根を残して枯れてしまい、春にまた新芽を出します。

つまり、冬の越し方は、まったく違うというわけです。

ポイント2:葉っぱに注目

でも、今、目の前にあるのが、牡丹が芍薬か知りたいんだけど・・・

という方もいらっしゃるかと思います。

次に見て頂きたいのは、葉っぱです。

牡丹の葉は、ギザギザでツヤがない。
芍薬の葉は、丸みがありツヤがある。

つまり、葉っぱをみたら、すぐ違いが分かっちゃうんですね!

ポイント3: つぼみの形

また花が咲く前のつぼみの形を見ることが出来れば、そこでも違いが分かります。

牡丹のつぼみは、先が少しとんがっています。
芍薬のつぼみは、まん丸です。

スポンサード リンク

ポイント4:散り方の違い

散り際も、それぞれ特徴が分かれます。

牡丹の花は、一気にそして豪快に散っていきます。
芍薬の花は、最後までしがみつきながら散っていきます。

そういった意味では、牡丹の方が、男性的な感じでしょうか。
(あくまでも、個人的な感想ですけど^^;)

ポイント5:咲く時期も若干違います。

どちらも春の花ではありますが、咲く時期が若干違ってきます。

牡丹は、4月下旬~5月初め(晩春)
芍薬は、5月初旬~5月下旬(初夏)

まとめ

出来るだけ、分かりやすく違いをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

ちなみに、牡丹は、中国の国花であり、新年を祝う花として、中国では、上流階級を中心として、大変重宝された花です。

それに対して、芍薬は、漢方として、大変人気のある生薬で、葛根湯など、多くの漢方に配合されています。

どちらも花も、その存在感という観点では、同じくらい大切な花と言えるかもしれないですね~^^

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

サブコンテンツ

ブログランキングに参加しています。

このページの先頭へ