アスペルガー?有名人や芸能人で公表した人・疑われている人

スポンサード リンク

アスペルガー症候群に関して、有名人の中でも公表している人もいれば、疑われている人もいます。

ここでは、そういった有名人を紹介していきます。

アスペルガーであることを公表している有名人

スーザンボイル

2009年のイギリスのオーディション番組で一躍スターになった歌姫であるスーザン・ボイルは、アスペルガー症候群と診断されたことを公表しています。

スーザン・ボイルは、小さい頃から人と違う行動をすることが多く、いじめられたりして悩むことが多かったそうです。

しかし、大人になってから、アスペルガーだと診断され、何が問題であるかが分かり、安心したと語っていいます。

市川拓司

映画化されて大ヒットした「いま、会いにゆきます」の小説の原作者ですが、アスペルガー症候群であることを公表しています。

ただ、この方は、非常に高い集中力を発揮できたり、過去の記憶を鮮明に思い出せるようになったりとアスペルガーの特徴を良い方向で生かすことが出来ていると感じているそうです。

スポンサード リンク

アスペルガーであると疑われている有名人

アスペルガー症候群とは、

  • 特定のことにこだわり持ち、邪魔されると不快感を覚える
  • 場の空気が読めない
  • 人に興味がない
  • 対人関係が築きづらい
  • 記憶力に優れ、知識が豊富

という特徴を持った発達障害です。

この症状について、

「あっ、この有名人はアスペルガーかなあ?」
「この芸能人はアスペルガーに間違いない!」

という感じで、有名人や芸能人に対して、アスベルガーではないかと疑う人達は多いという実情があります。

ビル・ゲイツ

マイクロソフトの創業者で、世界的な大金持ちですが、ビル・ゲイツは、理科と算数が昔から得意で、かつ記憶力も抜群で、聖書の長い引用文もスラスラ暗唱できるほどです。

そういったところから、ビル・ゲイツはアスペルガーではないかと噂されています。

実は、アスベルガー症候群では、シリコンバレーというIT企業の一大拠点となっているところで、1割の人が掛かっているとも言われているため、シリコンバレー症候群とも呼ばれています

ITの仕事は、人と対話をしなくても、パソコンに集中すれば良いわけですから、そういった症状の方には向いているのかもしれませんね。

愛子様

皇室の愛子様は、小さい頃から、

  • 人を目を合わせようとされない
  • 関心のある分野では記憶力が優れている(好きな力士をフルネームで覚えるなど)
  • 対人関係が苦手で不登校になってしまった

という傾向があり、自閉症かアスペルガーではないかと言われています。

ちなみにアスペルガーは自閉症の一種ですが、自閉症に見られる言語障害や知的障害などは見られません。

もちろん、宮内庁は愛子様が、アスペルガーや自閉症である可能性は否定していますが・・・・

実際、アスベルガーの方は、誤解を受けることも多いのですが、才能が良い意味で発揮されると、天才的な活躍をされる方も多いです。

そういった観点で愛子様が、これからご自身の才能を発揮されるようになっていけばいいですよね。

鳥居みゆき

鳥居みゆきは、「高校三年生まで友達がいなかった」と自分で言っていたりしています。

そんな独特で奇抜な芸風を持っていたりする一方、計算などで天才的な能力を発揮する時があります。

そんな彼女の極端な性格や能力から、「アスペルガーじゃないの!?」と疑っている方もいます。

ただ、芸人の方の場合、どうなんですかねえ~

キャラを演じているという話もありますし、鳥居みゆきの芸は、実は計算し尽くされているという方もいますから(笑)

栗原類

ネガティブなキャラで大ブレークした栗原類ですが、栗原類の母親で、Twitterで自分が発達障害であることを
告白
して、話題になりました。

アスペルガーは発達障害の一種で、遺伝もしやすいという話もあります。

そういったところから、「栗原類はアスペルガーだ」という噂が広まっているようです。

ともさかりえ

ともさかりえは、息子さんも発達障害だと噂され、ともさかりえ本人もアスペルガーではないかと噂されています。

しかし、これは、彼女が2000年にドラマで、高機能自閉症の役を演じたので、そう疑われるようになったのではと言われています。

さかなくん

小さい頃から、魚に対して異常なまでの関心を示してきたさかなくん。

だからこそ、魚の専門家として有名人になったさかなくんですが、そのこだわりや性格から、さかならくんはアスベルガーではないかと噂する人もいます。

勝手な憶測であるケースが多い

ただ、いろいろ調べてみて感じるのは、なかには本当にアスペルガーの人もいるかもしれないけれど、所詮は勝手な憶測が多いことも分かってきました。

では、なぜ、人は、そんな憶測を立てたがるのででしょうか?

人は、自分が理解できない人達を見ると、何らかの形で定義したがります。

アスベルガーの症状の一つに、

「対人関係を築きづらい」

という症状があります。

逆の見方をすれば、周りの人は、その人を理解できないので、その人を理解するための言葉を探しているところがあるんですね。

そういった意味で、アスペルガーという言葉は、少し一人歩きをしてしまっているなあというところがあります。

また、アスペルガーは、対人関係が苦手という反面、天才的な能力を発揮する側面があります

そういった活躍をしている人を見ると、

「あの人は、アスペルガーだから、かなわない」

と思ってしまっているケースも多いです。

でも、人は誰でも天才的な側面を持っていますから、是非、自分の力を信じでがんばっていきたいものですよね!

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

サブコンテンツ

ブログランキングに参加しています。

このページの先頭へ