スポンサード リンク

ウクライナ南部のクリミア自治共和故国で、ウクライナ軍基地が襲撃され、兵士が一人死亡する事件が発生しました。

ロシア軍とウクライナ軍の軍事的な衝突が危惧されています。

でも、ウクライナ軍ってロシア軍に対抗できる力はあるのでしょうか?

実際、どれくらいの差があるのか、まとめてみました。

両軍の戦力を比較すると

ウクライナ軍とロシア軍の戦力を比較するサイトを見つけました。

それによると、ウクライナ軍とロシア軍を比較したら以下のようになってきます。

項目 ウクライナ軍 ロシア軍 倍数
現役の軍人 16万 76万6千 約4.8倍
予備兵 100万 248万 約2,48倍
航空機 400機 3,082機 約8倍
ヘリ 93機 973機 約10.4倍
戦車 4,112台 15,500台 約3.77倍
国防予算 0.48兆ドル  7.57兆ドル 約15.6倍

つまり、結論から言うと、ウクライナ軍はロシア軍にまったく歯が立ちません。

数字では見えてこないもの

しかし、問題なのは、数字だけではありません。

それは、ウクライナ軍の士気の問題です。

例えば、ウクライナ海軍のベレゾフスキー総司令官は、親ロシア派に投降し、クリミア半島のセバストポリにある
海軍の指令本部を明け渡しました。

総司令権は、「こんなんじゃ、勝てねー」と思ったのかもしれませんが、もう一つの背景として、現在のウクライナ政権の状況にも原因があるかもしれません。

現在のウクライナ新政権は、あくまでも、ヤヌコビッチ前大統領を追い出して出来た暫定政権です。

正式な選挙によって、国民の支持を得て、誕生した政権ではありません。

つまり、ウクライナ軍は現在の政権に対して、どこまで、忠誠心があるかは甚だ疑問なのです。

ロシアは、ウクライナ本土に侵攻していくか?

では、これだけの軍事力の差を背景に、ロシアはウクライナ本土にまで攻め入るでしょうか?

その可能性は低いと言われています?

その理由は、そこまでやっちゃうと、ロシアに対する国際的批判が一気に高まるからです。

ただ、だからといって、ウクライナの情勢が収まるかといえばそうでもなさそうです。

なぜなら、ウクライナの中では、

西部:親欧米派
東部、南部:親ロシア派(ロシア系住民)

と勢力が分かれてるからです。

今回、クリミア自治共和国がロシアに編入されることが確定すれば、ウクライナ内部のロシア系住民の中で、

「俺たちの地域も、ロシアに編入させよう!」

という動きが高まるでしょう。

それに対し、当然、親欧米派のグループは、黙っちゃいないですから、そこで内戦に発展する可能性があります。

いずれにせよ、ウクライナ情勢は、これからも益々混迷を深める可能性を秘めているのです。

とにかく、平和的な解決の道が生まれることを願っています。

スポンサードリンク