スポンサード リンク

韓国に住んで、韓国のスーパーマーケットを利用していると、日本との違いにいろいろ気が付くことがあります。

そこで、日本のスーパーにはない韓国のスーパーの特徴をまとめてみました。

韓国のスーパーの驚くべき配達サービス

我が家の近くには、ロッテマートというチェーン店のスーパーがあります。

そこで、会員登録をしていて、住所が担当エリア内であれば、自宅まで配達をしてくれます。

もちろん、日本のスーパーでもそういうサービスを行なっているところは、あると思うのですが、韓国のスーパーのすごいところは、そのレベルです。

韓国スーパーで配達を頼んだ場合、無料で配達してくれます。
(もちろん会員登録の際、お金が掛かっているわけではありません)

さらに、驚くべきなのは、そのスピードです。

買ってから大体1時間以内には、届けてくれます。

早い時には、30分以内ぐらいです。

そこまで、早いとどうなるか。

時々、配達する人に抜かされます

つまり、自分たちが家に帰る前に、配達する人が家に到着してしまうことがあります。

もちろん、そんな時は、焦って家に帰るようになります^^;

床に貼られた広告

韓国のスーパーでは、よく床に広告を貼っています

chirashi

最初は、びっくりしましたが、よくよく考えてみれば、「床に貼ると、思わず広告を見てしまうなあ」と感じるようになりました。

韓国人は、結構、合理的な発想をすることが多く、例え見栄えが悪くなっても、「こっちの方が、便利じゃん」と思えば、どんどんその方法を取り入れます。

例えば、お店のシャッターもこんな感じで作っている所があります。

super

こうすると、お店の前に並べた商品をいちいち片づけなくても大丈夫ですよね。

これが韓国人的発想です。

韓国の小さなスーパーで悩むこと

韓国には、小さなスーパーがたくさんあります。

ソウルにある私の自宅から、最寄りの駅まで、歩いて15分ぐらいですが、その間に、スーパーは、7~8個ぐらいあります^^;

韓国の人は、独立心が強いので、自営のスーパーが多いです。

それに対し、日本はグループが好きなので、チェーン店のスーパーが多いです。

そういった韓国の小さいスーパーへ行くと、一つ困ることがあります。

それは、商品の値段が書いていないということです。

時々、お店の人に「いくらですかあ」と聞いたりもしていますが、あまりいちいち聞くのもどうかと思うので、そのまま商品をレジに持って行きます。

レジで計算するまでは、どれくらいの金額になるのか、予想が付きません。

だから、レジでは、いつもドキドキしています。

ちなみに、韓国の小さなスーパーは、夜遅くまでお店が空いています

ある時、お店の人に
「何時までやっているんですか」

と聞いたら、

「夜の12時ぐらいかなあ。深夜2時ぐらいまで開いている時もあるよ」

と言われました。

スーパーに限らず、韓国は夜遅くまでやっているお店が多いです。

だから、私も妻と二人で買い物に出かける時がありますが、夜9時を過ぎていても、「まあ、空いているでしょう」という感覚を持って出かけます。

日本のスーパーに比べると、韓国のスーパーは型にはまらず、自由にやっているような感じがします。

これもお国柄というやつですよね^^

スポンサードリンク