靴下をプレゼントする意味!知らないと失礼になって恥をかくかも

実用的な物のプレゼントの候補として靴下を候補に挙げる人は多いですよね。靴下は身に着けるものの中でもサイズ感が難しくなく、服の好みが分からなくても、毎日使う消耗品でもあるので、贈りやすいアイテムでもあります。

最近、私も、ちょっとした誕生日プレゼントとして靴下を贈ろうかと考えていました。ただ、靴下を気軽に贈っても大丈夫な物なのか調べてみたところ、意外な意味があることを知り、ちょっとびっくりしてしまったんですね。

そこで、この記事では、靴下をプレゼントする意味と、贈る相手によって注意すべき点について徹底的に解説をしていきます。

次郎
次郎
靴下は普段よく使うものだけど、プレゼントとしてはどうなのかなあ。

靴下をプレゼントする意味

靴下 プレゼント 意味
靴下をプレゼントする意味は以下の2つです。

  • 私を好きにしてください
  • 踏みつける、見下している

カジュアルなアイテムである靴下からは想像できない意味ばかりですが、以下で詳しく解説していきますね。

私を好きにして

靴下をプレセントすると「私を好きにして」という意味があります。これには欧米の文化が関係しています。日本と違い普段靴を履いて生活しているので、同じ寝室で過ごす親密な関係の人にしか靴下姿を見せません。つまり、靴下を贈ることで、寝室を共にするという、とても大胆な意味にも繋がってしまうのです。

そういった事情もあり、靴下を贈ると相手との関係によっては、変な意味に捉えられてしまう可能性があり、特に、自分に気がある人には余計な期待をさせてしまうことにもなりかねません。ですから、夫婦や恋人同士なら問題ないですが、それ以外の人へは勘違いや誤解を招かないためにも、十分注意をして贈る必要があると言えます。

踏みつける・見下す

靴下は踏んで身に着ける物なので「踏みつける」という意味に繋がります。また、靴下には「下」という漢字が入っていることで「見下す」というイメージに捉えられやすいです。ですから、これらの意味を知っている人に贈ってしまった場合は、不快にさせてしまいますよね。

このように、靴下のプレゼントはネガティブな意味が伝わる可能性もあるので、誤解されたくない相手には贈らない方が無難です。ただ、意味を知った上でどうしてもプレゼントしたいと思うなら、メッセージを一言添えるか、選んだ理由をきちんと伝えた上で渡すことをお勧めします。

花子
花子
いろいろと誤解を与えてしまう場合もありそうで、ちょっと面倒ね。

靴下をプレゼントする意味は相手によって変わる

靴下のプレゼントは贈る相手によって意味が大きく違ってきます。そこで、相手への伝わり方や注意すべき点などをシーン別に解説していきますね。

女性から男性へ贈る場合

女性から男性へ贈る場合は特に「私を好きにして」という意味が伝わりやすいので注意が必要です。夫婦や恋人関係であれば、このような大胆な意味をもつプレゼントでも問題ありません。ただ、そうではない人に「寝室を共にしましょう」という積極的なメッセージが伝わってしまうと、関係がややこしくなる可能性もありますよね。

また、欧米の文化では一緒に寝る相手にしか見せない靴下は下着と同じだとされているので、そういった意味でも、深い関係の相手以外への靴下のプレゼントは、避けたほうが良いでしょう。

男性から女性へ贈る場合

男性から女性へ贈る場合は特に「踏みつける・見下す」という意味合いが強くなります。ですから、もし女性側が意味を知っていた場合は、嫌悪感を抱いてしまう可能性があります。そのため、男性から女性への靴下のプレゼントは、たとえ親しい相手であっても勘違いされるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

また、肌に直接身に着ける靴下は下着と同じような位置付けであり、親しくない関係の相手に贈るといやらしいと思われてしまう可能性もあるので、靴下以外の贈り物にした方が無難だと言えます。

友達へ贈る場合

友達へ贈る場合も同様に、「私を好きにして」「踏みつける・見下す」という意味が伝わります。特に、靴下は安価な日用品であるということから「貧しいあなたに靴下を恵んであげる」というような見下している意味へ繋がってしまうことがあります。

もちろん、友達を見下して靴下を贈るという人はいないと思いますが、そう思われてしまう可能性もゼロではないので、なぜ選んだのかという理由を伝えるなど工夫をして渡しましょう。

目上の人には贈ってはいけない

靴下のプレゼントには「踏みつける・見下す」というイメージがあるために、目上の人に贈るのにはふさわしくないという声もあります。靴下は「下」という漢字が入っていたり、足に「踏みつけて」着用したりする物であることから失礼にあたり、意味を知っている人からすれば、嫌味だと捉えられてしまう可能性がありますからね。

このような背景から、伝統を重んじる年配の方や、礼儀に厳しい人には靴下のプレゼントはやめておいた方が良いでしょう。

太郎
太郎
靴下のプレゼントの意味を知っていそうな人であれば、贈るのは避けた方が良さそうだね。

まとめ

靴下のプレゼントがもつ意味について解説していきましたが、いかがでしたか。欧米の文化では靴下は下着と同じような位置づけであることから「私を好きにして」という大胆な意味と、踏んで身に着ける物であることから「踏みつける・見下す」という失礼な意味があることをお分かりいただけたかと思います。

比較的安価でいくつあっても良い消耗品でもある靴下は、一見ハンカチと同じように手軽に贈れそうですが、これらの意味が伝わることで、贈る相手によっては誤解を招いたり不快に思われたりする可能性もあり、注意が必要です。

実際のところ、靴下のプレゼントの意味を知っている人の方が少ないと思いますが、万が一のことを考え、家族や親しい関係の人にのみ贈る方が良いと思いますよ。

ちなみに同じ足関係で、靴をプレゼントするという選択肢もありますが、靴の場合、また違った意味が出てきます。

相手に喜んでもらえるプレゼントがきっとみつかる!
プレゼントを何にしようか悩んでいる方は、こちらの一覧記事をぜひご参考にしてください。
>>プレゼントの意味一覧!32種類の贈り物を上手に使い分けよう!

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました