服をプレゼントする意味!男性から女性に贈る場合は注意すべき理由

服のプレゼントはとても素敵ですが、贈り主のセンスが問われる難しいものでもありますよね。また、たとえ自分がお勧めのものでも相手が気に入るかは別問題ですので、相手の好みをよく知ったうえで選ぶことが重要なプレゼントでもあります。

服のプレゼントには難易度が高いだけではなく、誰にでも気軽に贈るものではないイメージがありますが、そもそも何か特別な意味があるのでしょうか?また、服をプレゼントする意味は、女性から男性に贈る場合、男性から女性に贈る場合、あるいは同性に贈る場合では、それぞれ別の意味があるのでしょうか。

そこで、この記事では、服をプレゼントする意味や贈る相手によって意味合いがどう違ってくるのかについて詳しく解説していきます。中には思いもよらない意味が隠されていたりするので、服のプレゼントを検討している方は、ぜひチェックしておいてください。

次郎
次郎
服は直接、身に着けるものだから、いろいろな意味で慎重に選ばないとね。

服をプレゼントする意味

服 プレゼント 意味
服をプレゼントする意味は、以下の3つのものがあると言われています。

  • 私の好意を受け取って
  • 素敵になって
  • 私の好みの恰好をして

それぞれの理由について、以下に詳しく解説していきますね。

自分の好意を受け取って欲しい

服のプレゼントには、自分の好意を受け取ってほしいという意味があります。洋服をプレゼントをしたいと思っても、ただの友達に贈ることってあまりないですよね。小物などの無難なプレゼントに比べて服は選ぶのが難しいですし、相手のことをじっくりと考えて選ぶので時間もかかります。

ですから、服は特別に思っている相手や恋人やパートナーだけに贈るものだと考えて、ほぼ間違いないと言えます。実際、あなたが服をプレゼントしする相手は自分にとって特別な存在だという心理が知らないうちに働いているものですし、そういった気持ちは相手にも自然に伝わります。

しかし、だからこそ逆に、万が一好意がない相手に贈る場合は、変な誤解を生まないためにも「似合いそうだったからプレゼントしたかった」と一言添えることが無難かもしれませんね。

花子
花子
服は好きな人だからこそプレゼントしたいものよね。

素敵になってもらいたい

服のプレゼントには、この服を着て素敵になってもらいたいという意味もあります。ファッションに敏感な人だと買い物をしている時に、ふと「あの人に似合いそうだな」と服をプレゼントしたくなることもあるのではないでしょうか。

ただ、その時に思い浮かぶのは、ある程度親しい間柄の人だけだと思うのですよね。ただの友達や知人にはなかなか選ばないのが洋服のプレゼントなので、大切な人だからこそ素敵になってもらいたいという気持ちが働いているものだと言えます。

しかし、逆にあなたの気持ちとは関係なく、中には服をプレゼントされると「もしかして自分はセンスが悪いと思われているのか」と深読みしてしまう人もいるので、「この服を着てさらに素敵になってほしかった」ということをきちんと説明するのが安心だと思います。

自分の好きな格好をして欲しい

服のプレゼントには、自分の好きな恰好をしてほしいという意味もあります。一緒にいる恋人やパートナーには、自分の好みになってほしいという人は意外と多いものです。自分の好きな恰好の服をプレゼントして、より自分好みになってほしいという純粋な気持ちで贈ってみる人もいるのではないでしょうか。

相手に好みを無理やり押し付けるのは良くないですが、プレゼントでなら相手にも挑戦してもらいやすいものです。また、その際には「こういう服も着てみたら似合うと思うよ」と理由を伝えると、受け入れてもらいやすいでしょう。

服をプレゼントする意味は相手によっても変わる


服をプレゼントする意味について解説していきましたが、その意味は自分と相手との関係性によっても少し違ってきます。

女性から男性に服を贈る場合

女性から男性に服を贈る場合は「私の気持ちを受け取ってほしい」という情熱的な意味があります。確かに、ただの友達には服をプレゼントしようという気持ちにはなかなかならないので、好意があると考えるのが自然だと言えます。

恋人やパートナーへ自分の好みの服をプレゼントする場合、相手に「より素敵になってほしい」という純粋に相手のことを想う気持ちと「私のプレゼントした服を身につけてほしい」という独占したい気持ちが入り交ざるかもしれませんね。ただ、いずれにせよ、女性は特別な存在にしか服をプレゼントしないことが多いと言えます。

男性から女性に服を贈る場合

男性から女性へ服をプレゼントする場合は、実はちょっと大胆な意味が込められている場合があります。その意味とはズバリ「その服を脱がせたい」です。

もちろん、それだけではなく服をプレゼントすることには「素敵になってもらいたい」「自分の好きな恰好をしてほしい」という意味もあるのですが、男性から女性へ贈る場合のみ「その服を脱がせたい」という下心があると伝わってしまうことありますので、注意が必要です。

ですから、誤解をされないためにも恋人やパートナーなど特別な存在にのみ贈ることが無難だと言えますね。

同性に服をプレゼントをする意味

同性への服のプレゼントは異性ほどの情熱的な意味なありませんが、特別な存在であると思っていることは同じだと言えます。たとえ親しくても、相手のことをよく知らないと選ぶのがなかなか難しいですからね。

特に、同性同士の服のプレゼントは、親友レベルの仲であればうまくいくのではないでしょうか。

太郎
太郎
服をプレゼントすることは相手が自分にとって大切な存在であることを伝えるという意味では共通しているよね。

まとめ

服をプレゼントする意味について解説しましたが、基本的に服のプレゼントは、男女ともに、特別な存在に贈る場合が多いですよね。しかし、男性から女性へプレゼントする場合のみ、「その服を脱がせたい」という大胆な意味が伝わる可能性がありますので、恋人やパートナー以外の女性には贈らないほうが無難だと言えます。

ただ、特別な存在だということが伝わりやすい服のプレゼントは、恋人やパートナーへのプレゼントにはピッタリだと言えますので、そういった相手にはぜひお勧めです。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました