スポンサード リンク

エイプリルフールは、1年に1回のイベントです。

「誰も傷つけたくないから・・・」と思って、何事もなく過ごすことも良いですが、ちょっともったいない気がしませんか?

そこで、相手を傷つけないようにしながら、逆に、「なーんだ、もー」と相手を笑わせながら、ハッピーな人間関係を築くためのネタを厳選してみました。

家庭編

子供を見ながら

「あれっ、頭になんかついているよ」


子供をぬか喜びさせよー

「実はね、お父さんとお母さんに赤ちゃん出来んだ」


子供の友達の話をしながら

「○○君のお母さんに聞いたんだけど、今度引っ越しするんだって」


相手の裏をかくウソ

「エイプリルフールって何で4月1日になったか知っている?

最初は、1月1日だったけれど、新年早々ウソを付いたら

不謹慎だからということで、4月1日に変更されたんだって」


子供がウソをついてきた時の切り替えし

「あれっ、今日は、4月2日だよ」


会社に出社した後、家に電話しながら、

「ごめん、さっき、トイレで○○したんだけど、流すの忘れちゃったから、流しておいてね」

職場編

行きつけのコンビニがある同僚に

「ねえ、さっきあそこのコンビニ行ったんだけど、閉店するんだって」


同僚と食堂で食事しながら(男性の場合)

「あそこの女の子、さっきから、ずっとお前のこと見ているぞ」


総務の人から聞いた話ということで、

「実は、午後にビルの電気工事の予定があるから会社が臨時休業になるんだって」


身なりにを気にしている人がいたら

「あっ、鼻毛出ているよ・・・」


さりげなく言ってみよう。

「そういえば、この間、貸した5000円返して」


これから帰ろうととしている同僚にパソコンを見るフリをしながら、

「あれ、今、○○線、電車が止まっているんだって」

恋人編

相手が自分の体重を気にしていたら・・・

「ダイエットに成功したよ~」


自分がいなくなった時をイメージさせて、愛を深めよう

「実は、今度、アメリカへ転勤することが決まったんだ」


分かり切ったウソが逆にカワイイ

「今まで、隠していたんだけれど・・・、実は、俺、女なんだ」


ウソだと分かるとホットするウソ

「実は、私、整形しているんだよね・・・」

※ご注意

恋人相手の場合は、間違っても、「実は、子供が出来たの」、「結婚しよう」、「別れよう」
というウソは使わないようにしましょう。相手が驚きすぎます^^;

エイプリルフールにウソって、一歩間違えたら、人間関係にヒビが入ります

でも、気の利いたウソをつけば、人間関係を深めてくれます

エイプリルフールのウソをつく前は、ウソであることが分かった後、相手がどういう反応するかも想定しながら、じっくり考えて、ハッピーなエイプリルフールを過ごして下さいね!

スポンサードリンク