スポンサード リンク

5月の第二日曜日は母の日。

母の日と言えば、カーネーションですね!

ところでカーネーションって、赤、白、ピンクなどいろいろありますが、

「ん~、一体、どの色がいいのかなあ」

と思ったので、まとめてみました。

ちなみに、カーネーション自体の花言葉は、

女性の愛、感覚、感動、純粋な愛情

などがあります。

「じゃあ、カーネーションだったら、何色でもいいんだ」

と思ったあなた。

実は、色の選択を間違えると大変失礼になってしまう場合がありますので、ご注意ください^^

色で違う花言葉

カーネーションは、色によっても、個別の花言葉があるので、以下の内容を是非、参考にして頂ければと思います。

赤色

花言葉は、「母の愛情」、「母への愛」、「あなたを熱愛しています」

やっぱり、「情熱の赤」と言われるだけあって、愛に満ち溢れていますね。

「お母さん大好き~」という方には、是非、オススメの色です。

オレンジ

花言葉は、「純粋な愛」、「清らかな慕情」、「情熱、熱心」、「熱烈な愛」

赤色と似ていますが、オレンジは、より一途な印象を受けます。

また、慕情というのは、異性への愛情という意味しているので、異性間の愛情も表すようになります。

また、オレンジは、気持ちを元気にしてくれる色もあるので、この色もありだと思いますよ。

花言葉は、「誇り」、「気品」、「永遠の幸福」

イメージとしては、崇高な感じがします。

紫は、宗教にも使われ、レベルが高い色として認識されたりもしています。

そういった意味で上品なお母さんには、ぴったりの色です。

ピンク色

花言葉は、「感謝」、「気品」、「あたたかい心」

赤が熱烈なのに対して、ピンクは、少し落ち着いた感じになりますね。

赤が夏だったら、ピンク色は春という感じでしょうか。

お母さんに感謝の気持ちを表したいけど、ちょっと気恥ずかしいという方は、ピンク色のカーネーションを準備するのがオススメです。

白色

花言葉は、「私の愛情は生きている」、「愛の拒絶」

ん、愛の拒絶?

あれっと思って調べてみたら、白のカーネーションは、亡くなったお母さんに供える時に使うのだそうです。

もし、元気モリモリのお母さんに白のカーネーションを渡したら、大変失礼に当たりますので、気を付けましょう。

黄色

花言葉は、「軽蔑」、「嫉妬」

同じカーネーションでも黄色だと、ガラリと雰囲気が変わってしまうんですね。

一応、軽蔑や嫉妬は、愛を裏切られた時に、湧きおこる気持ちですから、愛情と関わりがあることには、間違いがないのですが・・・

つまり、黄色いカーネーションは控えた方が良いということになります。

花言葉をしっかり理解した上で、自分の気持ちやお母さんの性格や好みにあったカーネーションを選んで、素敵な母の日を迎えてください!

スポンサードリンク