晩夏とはいつから?季語としての使い方は?

スポンサード リンク

うだるような夏の暑さを乗り越え、朝晩の風をひんやり感じる季節を迎えるようになると、

「もう、夏も終わりなんだなあ・・・」

という思いになり、少し気持ちがホッとしたりするものですよね。

その時期になってくると、晩夏(読み方は”ばんか”)という言葉を耳にするようになってきます。

晩夏とは時期的にいつ頃なのでしょうか?

また季語としての使い方についても、合わせてお伝えしていきます。

晩夏とは?いつからいつまで?

晩夏とは、文字通り、夏の終わり頃という意味です。

夏の季節は、大きく四つの時期に分けられます。

  • 初夏・・・5月半ばぐらいから梅雨入りまで
  • 梅雨・・・梅雨の季節6月中旬~7月中旬頃
  • 盛夏・・・梅雨が終わってから、お盆を過ぎるぐらいまで
  • 晩夏・・・夏の終わり頃

では、夏の終わり頃とは具体的にいつ頃なのでしょうか?

具体的には、8月下旬~9月上旬頃と一般的に言われています。

その頃になると、最高気温も30℃に行くか行かないかぐらいになってきますし、朝晩は、大分過ごしやすくなってくる時期でもありますよね。

またその一方で、晩夏は陰暦6月の異称とも言われています。

ただ、陰暦の6月は、新暦でいうと6月下旬~8月上旬頃になってしまいます

ですから、時候の挨拶などでは、こちらの意味で使われるこてとはないようです。

スポンサード リンク

晩夏の季語としての使い方

晩夏は、晩夏の候(ばんかのこう)という表現で、時候の挨拶文の8月の季語として使われます。

具体的な使い方は以下のようになります。

  • 晩夏の候、貴社いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 晩夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 晩夏の候、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

というような感じですね。

また、文頭だけでなく、文末に「平成○○年 晩夏」という形でもよく使われます。

ちなみに晩夏という表現は、残暑見舞いを出す時に使われる表現でもあります。

残暑見舞いを出す時期は、立秋(8月7日頃)を過ぎ~8月の終わり頃なので、晩夏の候という表現を使うのも、その頃ということにもなります。

9月になったら初秋や清涼

晩夏は8月の季語なので、9月になれば、

  • 初秋の候
  • 清涼の候

という表現を使うようになります。

最近は、残暑の厳しい年が、多くなり、晩夏といっても、結構、暑かったりもするものです。

それでも、季節の言葉を用いながら、季節の移り変わりを敏感に感じ取り、それを楽しめるようになっていければいいですよね。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

サブコンテンツ

ブログランキングに参加しています。

このページの先頭へ