2円切手がかわいいのはなぜ?どうしてウサギなんだろう?

スポンサード リンク

消費税の増税に伴い、2円切手が11年半ぶりに復活しました。

ちなみに2円切手の絵柄は・・・かわいいウサギちゃん!

なんでウサギにしたのかな!?

ということで、これから私たちと関わりが深くなっていく2円切手について、まとめました。

定形郵便よりハガキの方がお買い得!?

消費税が4月1日から5%から8%に伴うにあたり、日本郵政は、郵送料を以下のように設定することを決めました。

ハガキ:50円→52円
定形郵便(50gまで):80円→82円

ちなみに、普通に計算したら、増税分はプラス3%だから単純計算したら、ハガキは、51.5円、定形郵便は、82.4円となります。

つまり、増税後は、

ハガキは割高、
定形郵便は割安になる

ということになります。

まあ、細かい話ではあるのですが・・・

スポンサード リンク

こんなにかわいい切手にしたのは何でだろう?

ちなみに11年半前まであった2円切手のデザインは、秋田犬でした。

しかし、今回、発売された切手は、かわいいウサギちゃんです。

このウサギは、北海道に生息しているエゾユキウサギとのこと。

その可愛さ故に、巷では

「かわいい~」
「これは20円の価値があるぞー」
「こんなにかわいかったら、値上げも許しちゃう」

という声が上がっているようです。

でも、疑り深い私は、

「なぜ、ここで敢えてかわいいウサギを持ってきたのか?」

と真面目に考えてしまいました。

もしかして、値上げに対する不満を鎮めるためとか^^;

日本郵便の見解によれば、今回、発行した新しい切手(2円切手以外にも52円、82円といろいろ出ています)のデザインテーマは、日本の自然になっています。

また他の切手のデザインは、季節ものがあったりするので、季節を選ばず年間を通して利用者に親しまれる
素材としてウサギが選ばれた
のだそうです。

実際、仁王様のような怖いデザインになっていたら、増税で重たくなっている気分が更に重たくなりそうですし・・・

 

癒し系のウサギちゃんであれば、重く苦しい気持ちも慰められそうですね。

ウサギは、飛躍という意味もありますから、ウサギちゃんパワーで増税後の日本経済も停滞することなく躍動して頂きたいところです!

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

サブコンテンツ

ブログランキングに参加しています。

このページの先頭へ