ボールペンをプレゼントする意味!相手が男性か女性かでも違う?

プレゼントでボールペンをもらったりあげたりしたことがある人、多いのではないでしょうか?ボールペンは値段もお手頃なものからデパートで売っているような高級なものまであって、贈るシーンに合わせて選びやすいですよね。名前を入れて加工してもらうサービスもあったりします。

観光地なんかにもご当地物のキャラクターボールペンがたくさん売られていたりするので、私の職場でも営業さんなんかは、ちょっとした話のきっかけにお土産としてプレゼントしている人もいました。

ボールペンはたくさんあっても困らないものですし、進学祝いや就職祝いなど人生の節目に贈ることも多いです。

そんなボールペンのプレゼントに込められた意味、あなたは知っていますか?ここでは、ボールペンをプレゼントする意味について、様々な観点からお伝えしていきます。

次郎
次郎
そう言えば昔、大学に合格した時、おじさんから高級なボールペンをプレゼントしてもらったなあ。

ボールペンをプレゼントする意味


ボールペンをプレゼントする際は、

  • あなたは特別な存在
  • 仕事を頑張ってほしい

という2つの意味を込めることができます。

あなたは特別な存在

何気なく渡すかのように見えるボールペンですが、実はプレゼントとして渡す場合、「あなたは特別な存在ですよ」という意味があります。そんなこと聞いてしまうと相手によってはドキドキしてしまうかもしれません。

でも、安心してください。この場合の特別な存在というのは異性としての「特別」ではなく「お世話になっている」や「期待している」という意味です。

仕事を頑張ってほしい

ボールペンの使い道からもボールペンをプレゼントすることには、勉強や仕事を頑張ってほしいといった応援や期待の意味も含まれます。社会人になった時に高級なボールペンをプレゼントされると、少し背筋がピンとした気分になりませんか?

私自身も社会人になりたての頃、会社の上司から高そうなボールペンをいただいたことがあります。普段使っているボールペンとは全然違った重みや書き心地に社会人の仲間入りをした何とも言えない心地よい緊張感を抱きました。

「期待と応援に答えられるようにがんばろう」という前向きな気持ちになれるボールペンは新生活のプレゼントにピッタリです。

相手が男性か女性かで意味が変わる?

贈る相手が、異性の場合、何か特別な意味が含まれていたりすると、勘違いされても困ります。かといって意味が伝わらなくてちょっと悲しい時もありますよね。

実際、女性が男性にボールペンを贈る時、あるいは男性が女性にボールペンを贈る時で、何か違いがあるのかお伝えしていきます。

男性にボールペンをプレゼントする意味

先ほどもお伝えしましたが、ボールペンを贈る場合、贈る相手に「特別な存在です」といった意味合いが込められます。彼氏や旦那さんに対しては「お仕事お疲れ様!頑張ってね」などと期待の意味を込めて少しハイブランドのボールペンを贈るとロマンティックな意味で伝わりそうですね。

逆にそこまで親しい関係なわけではないといった場合には、ブランド重視ではなく実用性を重視したものをプレゼントすると余計な誤解を招かないで済みそうです。

女性にボールペンをプレゼントする意味

女性にボールペンを贈る場合も同様に「特別な存在です。」といった意味が込められています。普段からお世話になっている奥さんに贈るのも素敵です。

「期待しています。」といった意味もあるので後輩の女性にちょっとした値段のものを贈るのも喜ばれそうです。お菓子などは上司からのプレゼントで定番ですがダイエット中なんて人も中にはいますしボールペンだと使い道に困ることもありません。

ただ、女性の場合は、ブランド志向というよりもデザイン重視な人も多いので選ぶときは相手の好みをよく考えて選んだ方がよいかもしれません。ハイブランドすぎるものをプレゼントしてしまうと、シーンによっては「なぜこんな高そうなもの?どうしてボールペン?」とちょっと引かれてしまう可能性もあるので、ご注意ください。

花子
花子
私も素敵なデザインのボールペンだったら、すごく嬉しいわ。

ボールペンを贈ってはいけない相手は?

実用的でプレゼントしやすいボールペンですが実は送ってはいけない相手がいます。

それは目上の人です。

特別な存在ですという意味はあるのですが、お仕事や勉強頑張って!などの期待の意味もあるので失礼に当たるのです。もっと精進してくださいと上司に言っているのと同じ意味になってしまいますからね。

これは、ボールペンに限らず、筆記具や文房具全般に言えることのようです。ちょっと上から目線の意味が含まれてしまうからなのですが、職場での上司やお世話になった先生など目上の人にはボールペンをプレゼントしない方がよさそうです。

太郎
太郎
ボールペンを贈って良いのは、目下の人か、友達など自分と同等の立場の人ということなんだね。

まとめ

日本でよく見かける3色ボールペンなどのたくさん色の入ったボールペンって海外で人気だと聞いたことがあります。なかなか機会があるものではないですが、留学生へのプレゼントなんかにも持ち帰るのにかさばらないですし、良いかもしれません。

普段のプレゼントにも節目のプレゼントにもピッタリのボールペン、ちょっと良いものが手元にあれば気分も上がって勉強や作業もどんどんはかどります。

デザインの良いものだと胸ポケットやデスクなど目につくところにあると嬉しい気持ちになれます。プレゼントする機会ができた時、選択肢の一つにボールペンを入れてみてはいかがでしょうか?その時は、くれぐれも目上の人には贈らないようにしましょうね。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました