スポンサード リンク

長くて苦しかった就職活動を終えて、晴れて迎える入社式

でも、入社式を迎えるにあたって、入社式のスーツの色は、どうしようかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、入社式で、浮かないようにして無難なスタートを切るためにどんな色のスーツを着て行けばよいのか、まとめてみました。

入社式のスーツを選ぶ際のポイント

入社式は、面接の時に会っていた面接官や人事担当のスタッフ以外の人達と初めて会う機会です。

相手に与える第一印象は、とっても重要です。

第一印象で、失敗してしまうと、その後もしばらくはズルズル引きずってしまう可能性があるからです。

やはり、目立ち過ぎない無難な色を選ぶことが大切になってきます。

入社式のスーツの色の具体的な選び方

それでは、具体的にどんなスーツの色を選んでいけば良いのか具体的に解説していきます。

無難な色のスーツを選ぼう

入社式の段階では、まだお互いに分からない状態なので、変に目立ち過ぎない、無難な色を選ぶことが大切です。

そういった観点では、黒色、紺色、グレーなどがオススメです。

黒色は、スタイリッシュで洗練された印象を与えてくれます。

紺色は、真面目な印象を与えてくれますし、落ち着いた雰囲気と、安定感があります。

グレーは、知的な印象を与えてくれ、清潔感とさわやかさも兼ね備えています。

無難かつ、少し明るめの色を出すには

でも、中には、

無難だけれども、少しだけ目立つようにしたい

という方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合は、どんな色のスーツを選んだら良いのでしょうか。

男性の場合、無難な印象を与えながらも、明るい印象を与えるためには、グレーがオススメです。

グレーは、明るさだけでなく、若々しい印象も与えてくれます。

女性の場合は、ベージュという選択肢があります。

ベージュは、ふんわりと柔らかい印象を与えてくれます。

入社式は、全体的に地味な色を選ぶ人が多いので、こういった色のスーツを選ぶと、明るい雰囲気を与え、少し目立つような感じにはなります。

また入社式は、春に行われるので、春らしい印象も与えてくれるというメリットがあります。

ただ、入社式は、会社での最初の機会なので、あまり目立ち過ぎないように気を付けましょう。

後々のことも考えて、スーツの色を考えましょう。

入社式で使うスーツは、入社した後も使っていくことになります。

また、スーツを長持ちさせるためにも、そして時々雰囲気を変えていくためにも、出来れば、1着ではなく、2着以上準備しておいた方が望ましいです。

そういった意味で、

1着目は、無難な色(黒色や紺色)
2着目は、少しアクセントのある色

を購入して、バランスよくスーツを着こなしていくことをオススメします。

是非、入社式では、目立ち過ぎて、浮いてしまうことがないように間違いのないスーツ選びをして、素晴らしい社会生活の第一歩を踏み出して下さい。

新入社員の方へのメッセージ

スーツに関しては、無難なスーツを選んで出発をするのが良いと思いますが、心まで無難な色でずっと行って欲しくないという思いが個人的にはあります。

やっぱり、これからは、自分にしかない色をしっかり出していかないと、結局、平凡なサラリーマンで終わってしまうからです。

新入社員の方には、是非、独自色を発揮しながら、会社を引っ張っていけるよう人材になっていってもらいたいと思います。

スポンサードリンク