スポンサード リンク

韓国に移住して、体調が悪くなった事があり、さあ、どうやって治療をしようかという話になりました。

日本だったら、普通の病院へ行くという選択肢がありますが、韓国の場合は、いろいろな選択肢があります。

韓国の鍼治療

まず、鍼治療という選択肢です。

日本だと鍼治療は、まだ浸透していませんが、韓国では、かなり浸透していますし、みんなその効果を信頼しています。

鍼治療の先生に診てもらうと、まず、脈診というのを受けます。

手首に指をあて、脈を取るように診断をするやり方です。

私の脈を診た先生は、私の胃が炎症を起こしていると、ズバリ指摘されました。

脈を診て、胃の調子が分かるシステムは、よく分からないのですが、実際、胃の調子が悪かったので、結構、びっくりしました。

結局、胃の周辺に鍼を2本、その後、背中に4本ぐらい、鍼を刺しました。

差す時は、やっぱり注射針を差す時みたいにチクッとします。

鍼を刺した後は、20分ぐらい放置しておきます。

一緒に来ていた娘は、「お腹に針が刺さっている~」と言って逃げていませしたけれど^^;

ちなみに鍼を抜く時は、痛くありません。

実際、鍼治療をした後、その時は、胃の違和感がサッとなくなりました。

鍼治療の底力を実感した瞬間でもありました。

ちなみに、韓国には、針灸など韓方の治療を行なっているチェーン店みたいなところがあります。

もちろん、保険も効きます

妻も、体の調子が悪い時は、普通の病院へ行かず、韓方の医院へ行きます。

日本にいる時は、ずーっと体の調子が悪かった妻ですが、韓方治療で、大分、体調が良くなりました。

韓方医院の方が、病院みたいに重苦しい雰囲気がないので、結構、気軽に通えるみたいです。

雑草を売る健康食品のお店

先日、妻が、「健康食品のお店へ行こう」と行って、一緒についていきました。

そこのお店には、体に良い草や木の実などを売っていましたが、やはりどう見ても、雑草に見えます。

そのお店のご主人にも私の状態を診てもらったのですが、

「では、手のひらを見せて下さい」

と言われました。

手のひらを見た後、私の体のどこが悪いか、細かく話をしてくれました。

結構、その内容は思い当たる節があったので、本当に不思議なものだと思いました。

妻は、そこで草や木の実を買い、家で、じっくり煮込んで、薬を作りました。

「良薬口に苦し」という話もありますが、それ以前にやっぱり元々、草なので、かなりまずいです。

こんな感じで、韓国には、不思議なところが、たくさんあります。

「怪しい」と思う人もいるかもしれませんが、私は、そんな韓国の奥深さが結構好きです。

韓国の伝統的な東洋医学を体験されたい方は、是非、お試しください!

スポンサードリンク