スポンサード リンク

寒い季節を迎えると、ノロウイルスに気を付けなければなりません。
今回は、ノロウイルスについて、まとめてみました。

ノロウイルスとは?

ノロウイルスは、急性胃腸炎を起こすウイルスです。
ウイルス性食中毒の代表的なものであり、
厚生労働省も、ノロウイルスは、感染者が
年々増加傾向にある
危険なウイルスだと注意を呼び掛けています。

ノロウイルスは、乾燥に強い性質を持っているため
秋の終わりから冬場に掛けては、
学校などで集団感染する場合もあり、注意が必要です。

 

ノロウイルスの症状

ノロウイルスに感染した場合の症状は、以下の通りです。

吐き気
嘔吐
下痢
腹痛(チクチクする痛み)
発熱(微熱の場合が多い)

症状はいきなり襲ってくる場合が多いのがノロウイルスの特徴です。

赤ちゃんやお年寄りは感染しやすいので、ご注意を

赤ちゃんやお年寄りは、抵抗力が弱く、
ノロウイルスに感染しやすいため、注意が必要です。

また、お年寄りの場合は、嘔吐物をノドに詰まらせて
死亡してしまう場合もありますので、ご注意ください。

 

大人が発症した場合は、症状の重さにご注意を

大人がノロウイルスに感染して場合は、
嘔吐や下痢などが短期的ながらも、
症状が強く出てしまうことがあるため注意が必要です。

また、子供がノロウイルスに掛かった際、
子供の糞便や嘔吐物の処理ををしながら、
親が感染してしまうケースもよくあるので注意をして下さい。

 

軽い場合もありますが、注意すべき点

ノロウイルスに掛かっても、症状が軽い場合もあります。
「おなかにくる風邪」程度で収まる人もいます。

しかし、症状が軽くても、
感染力は、症状が重たい人と変わらないので、
注意が必要です。

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスの感染経路は以下のようなものがあります。

飲食物を通じた感染経由

ウイルスを持った食品(カキやアサリ、シジミなど)を通じて感染
ウイルスに汚染された水(井戸水や簡易水道)を通じて感染
ウイルスが付いた食器で食事をして感染

ノロウイルスがやっかいなのは、なかなか死滅しにくいという点です。
水道水から感染したりするのは、通常、水道水を殺菌するために
含まれる塩素では、ウイルスは死滅しないため、注意が必要です。

 

人を通じた感染経由(こちらからの方が多いと言われています)

人の糞便や嘔吐したものを通じて感染
(子供がノロウイルスに掛かって、親が対応をした際、感染する場合もあります)
感染者が手を洗わないで料理をしたものから感染

ノロウイルスに感染してから、発症するまでの潜伏期間は、
1~2日(24~48時間)です。

ですから、症状が出た場合は、1~2日前に食べた物やどういう物に
触れていたかチェックしましょう。

 

ノロウイルスに感染してしまったら

ノロウイルスに掛かった場合、胃腸がやられているので、
消化の良い食事をとることが大切です。

また、脱水症状が起きないよう、水分補給も大切です。

治療を受ければ、一般的には2~3日程度、長くても1週間以内で回復します。

 

ノロウイルスの予防

ノロウイルスの感染を予防するための基本は手荒いです。

食事をする前や、トイレを済ませた後は、石鹸でしっかり手を洗いましょう。
そしてうがいも大切です。

またノロウイスルは人を通じて感染するケースが多いので、
家族でノロウイルスに感染した人が出た場合は、糞便や嘔吐物、衣類、
そしてみんなで使うタオルなどに気を付けましょう。
(汚染されたものは、ビニール手袋を使って処理したり、マスクをすることも必要です)

また、調理をする場合は、85℃で1分以上を目安にしっかり加熱しましょう。

 

ノロウイルスの大変なところ

私もノロウイルスに掛かったことがありますが、
ノロウイルスが大変なのは、お腹が痛くなって
何も食べられなくなることです。

お腹がやられない風邪などの場合は、
とにかく、たくさん食べて栄養をしっかりつけながら、
回復させられる方法を取ることも出来ます。

でも、ノロウイルスは、いきなりお腹に来るのがキツイですよね。

お腹はやっぱり、健康の源なので、皆さんも特に寒い季節は、
ノロウイルスにご注意ください。

スポンサードリンク