サウナでの水風呂効果は?ダイエットやトランス状態にも!

スポンサード リンク

サウナ 水風呂 効果

銭湯などへ行くとサウナと水風呂を繰り返し行ったり来たりするのを好まれる方はたくさんいらっしゃるかと思います。

実際、サウナと水風呂にはどんな効果があるのでしょうか?

ここでは、自律神経や血管、そしてダイエットへの効果、そしてトランス状態になるという意外な効果までご紹介していきます。

また、サウナの後、水風呂を利用する場合は注意すべき点もありますので、その点も含めて解説をしていきます。

サウナの後の水風呂の効果

自律神経が活発になる

自律神経が乱れると、体温調節がうまくいかなくなり、めまい、頭痛、肩こり、吐き気など様々な症状が出て来てしまいます。

そんな方は、サウナと水風呂を交互に繰り返すと交感神経と副交感神経が交互に刺激されて、自律神経を活性化させる効果があるのでおすすめです。

血管が刺激され血圧が上昇する

サウナと水風呂では血管と血圧は以下のように変化します。

  • サウナに入っている時:血管が拡張して血圧が下がる
  • 水風呂に入っている時:血管が収縮して血圧が上がる

ですから、サウナと水風呂を交互に繰り返すと、血管の機能が鍛えられて、特に低血圧の人には、血圧を適度な値まで上げることが出来るという効果があります。

ダイエット効果もあり

サウナと水風呂を繰り返して、血液の循環が活発になると、その分、消費カロリーが増えます

それによってダイエット効果を期待することが出来ます。

また、サウナや水風呂を利用すると、汗をたくさんかいて、その結果、ダイエット効果があるのではと考える方も多いです。

ただ、実際は健康な体になることによって痩せやすい体になるという観点でのダイエット効果の方が高いと言えます。

トランス状態を作れる

サウナと水風呂を交互に行ったり来たりすると、全身の血行が良くなり、脳に大量の酸素が送り込まれるようになります。

その結果、快感ホルモンが分泌され、とても気持ちがいい状態(トランス状態)を作る効果があると言われています。

サウナと水風呂で病み付きになっている人は、そんな効果を知らない間に体験しているんでしょうね。

いきなり水風呂に入るのは死亡するリスクも?

サウナの後の水風呂は、血液の流れを活性化させるというメリットがありますが、その一方で、循環器系に負担を掛けるというデメリットがあります。

そのため、最悪の場合は、水風呂に入った途端に心臓麻痺となり、死亡してしまうリスクもあります。

特に気を付けないといけないのは、サウナをした後、すぐ水風呂に入ってしまうことです。

それによって、急激に血管が収縮し、ヒートショックを起こしてしまうことがあるからです。

水風呂の効果的な入り方は?

サウナの後、水風呂に入る時、いきなりドボンというのは、あまりオススメは出来ません。

ヒートショックを防ぐためにも、サウナの後は、一呼吸、置いてから水風呂に入ることおすすめいたします。

そして、体への負担を大きくしないためにも、心臓が離れたところか水に浸かるようにして下さい。

ちなみサウナの水風呂の温度は17°ぐらいが適温だと言われていますが、それより冷たい場合は、気を付けて入った方が良いでしょう。

あと、水風呂にずっと浸かっていると、湯冷めをして体調を崩す原因にもなってしまいます。

ですから、水風呂に入るのは30秒~1分程度に収めておくことのが効果的な入り方となってきます。

サウナと水風呂は基本的には健康に良い効果がたくさんありますので、正しい入り方を守っていきながら、是非、効果をたくさん実感して下さい!

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

サブコンテンツ

ブログランキングに参加しています。

このページの先頭へ