スポンサード リンク

2017年に入り、北朝鮮が崩壊するかもしれないというシナリオが現実味を帯びて来ました。

このブログでは、以前に北朝鮮が2017年に崩壊するという予言を以前、数字の観点から簡単にご紹介しました。

朝鮮戦争の原因、2017年までに北朝鮮が崩壊する!?ある理由とは?

もちろん、松原照子氏とジョセフ・ティテル氏など予知や予言で有名な人達も北朝鮮崩壊の予言をしています。

ただ、ここでは共産主義国家(独裁国家)と独裁者は70年を迎える前に終焉を迎えるという法則から、北朝鮮の崩壊は2017年いう予言があることをお伝えしていきます。

70数を迎える前に終焉を迎え共産主義国家(独裁国家)と独裁者

歴史を振り返ってみると、共産主義国家という独裁国家や独裁者が70年を超える前に崩壊や死を迎えるというケースは多くなっています。

ここでは、その例を具体的に挙げていきます。

ソビエト連邦の崩壊

1917年ロシア革命が起こった後、レーニン率いるボリシェヴィィキは1922年にソビエト連邦という一党独裁国家を形成しました。

一時期は、アメリカと冷戦という形で対立し、全盛を誇りましたが、ゴルバチョフの時代に急速に状況が変わり、1991年12月にソビエト連邦は解体されてしまいました。

ちょうど、70年目を迎える直前での出来事でした。

ポル・ポト

カンボジアの政治家です。

共産主義者として知られ、カンボジアの全国民の4分の1を死なせた独裁者としても有名です。

1928年5月19日に生まれたポル・ポトは、1998年4月15日、あと1ヶ月で70歳を迎える直前の時に心臓発作で亡くなっています。

サダム・フセイン

イラク共和国の元大統領で、1979年からイラクの独裁者として、絶対的な権力を誇った人物です。

イラン・イラク戦争(1980年~1988年)ではシーア派のイラクと対立し、湾岸戦争(1991年)ではアメリカと戦ったりしてきました。

しかし、2003年に起こったイラク戦争で、アメリカ軍によって拘束され、2006年12月30日に処刑されました。

1937年4月28日に生まれたフセインは、その時69歳でした。

ムアンマル・アル=カッザーフィー

いわゆるカダフィ大佐という呼称で有名だったリビアの軍人です。

リビアの最高指導者でもあり、革命指導者でもあったカダフィ大差は、1969年~2011年まで絶対的な権力を誇りました。

しかし、2011年に起こったリビアの内戦で、政権が崩壊した際、反カダフィ派の部隊によって2011年10月20日に殺害されてしまいました

1942年6月7日に生まれたカダフィ大佐が殺害されたのは、69歳の時でした。

金正日

北朝鮮を建国した金日成の長男であり金正恩の父親でもあります。

北朝鮮の最高指導者として、独裁的な権力を握り続けました。

1941年2月16日に生まれた金正日は、2011年12月17日に69歳で死亡したことが発表されました

北朝鮮は予言通り崩壊するのか?

北朝鮮、すなわち朝鮮民主主義人民共和国が成立したのは、1948年9月9日です。

そして、2017年に北朝鮮は69年目を迎えています。

共産主義という独裁国家も独裁者も、人権侵害や殺略そして虐殺という悪の限りを尽くしてきたという点では共通しています。

悪は栄えても70年を超えることが出来ないという法則があるのであれば、北朝鮮は2017年に崩壊するということになります。

いずれにせよ、今の北朝鮮は何が起こるか分からないので、注視していく必要は十分あるかと思います。

スポンサードリンク