スポンサード リンク

今年は、雪がたくさん降って、
苦労されている方も多いですよね。

雪がたくさん降ったら、
やるべきことは、やっぱり雪かきです。

でも、雪かきは注意をしてやらないと、
腰痛や筋肉痛を引き起こしてしまいます。

私も、雪国で過ごした時期が長かったので、
その経験も活かしながら、雪かきのコツについて
7つのポイントを解説していきます。

yukikaki

ポイント1:雪質に合った道具を選ぼう

一口に雪といっても、いろいろな種類があります。

私は北陸や北海道に住んでいましたが、
本州は、ベタ雪といって水気の多い雪が多いです。

その一方で、北海道は、水気の少ない
サラッとした軽い粉雪、文字通りパウダースノーです。

また降り始めと、時間が経った後でも、
雪の質はかなり変わってきます。

 

雪が柔らかい順番に対応したスコップを並べてみると

プラスチック製(軽い雪用)

アルミ製(普通の雪用)

鉄、スチール製(固い雪用)

というように使い分けていきます。

雪が固くて重たいのに、プラスチック製のスコップを使うと、
スコップがなかなか雪の中に入っていきませんし、
雪を運ぼうとする時、壊れたりしてしまいます。

雪が柔らかくて軽いのに鉄製のスコップを使うと、
スコップ自体が重たいので、軽快に雪かきを
することが出来なくなってしまいます。

雪に合った道具を選ぶことが、
雪かきを効率的に行なっていくコツです。

雪かきスコップについては
↓こちらで詳しく解説しています。

雪かきスコップ、ランキングから見る購入の際の3つのポイント

 

ポイント2:雪は、早めに処理してしまおう

雪は、最初の内は、軽くて柔らかいですが、
時間が経つと、段々、重たくて固くなっていきます。

ですから、雪が積もってきたら、早めに
雪かきをしてしまうのが、雪かきの負担を
軽くするコツです。

鉄は熱いうちに打てですが、
雪は柔らかいうちに掃けです!

ポイント3:服装は重ね着で

外は、寒いですが、雪かきをしていると、
段々、体が暖かくなってきます。

ですので、重ね着をしっかりしておくと、
体が暖かくなって来た時、
服の調整がしやすくなります。

また、雪かきを続けていると
汗もかいてくるので、肌に触れる部分は、
吸汗性の良いものを着るようにしましょう。

 

ポイント4:準備運動をしっかり

雪かきは、かなりの重労働です。

いきなり雪かきをガンガンやると、
血圧が上昇し、脈拍が上がります。

ですので、準備運動はしっかり
行なって、体をほぐしてから始めるようにしましょう。

もちろん、雪かきが終わった後の、
クールダウンも大切です。

 

ポイント5: 雪かきは体全体で

雪かきは、腕だけを使ってしまいがちですが、
無理に腕だけに負担をかけると、
腕も痛くなりますし、腰も痛めてしまいます。

腰の位置を低くして、体の重心を下げるのがコツです。

そうすると、体全体の力を使えるようになります。

 

ポイント6:スコップは、逆手ではなく順手で

右利きの人は、右手でスコップの柄の先を持ち、
左手で、柄の真ん中あたりを持ちます。

この時、左手は逆手で持つ人が多いですが、
順手で持つ方が、力が入りやすくなりますし、
腰への負担が少なくなります。

こちらの動画が参考になります。

 

ポイント7:固めの雪はお豆腐を切る感覚で

雪が少し固めになっているところへ
スコップをガッと入れて、
力まかせに雪をどかそうとしたら、
かなり負荷が大きくなってしまいます。

ですので、雪を豆腐に見立て
奥、右、左と切り目を入れて、
立方体の状態にしてから、
雪を運ぶのが楽に雪かきをするコツです。

 

雪かきは、かなりしんどくて大変な作業ですが、
あなたが雪かきをしないと、歩ける範囲が
狭くなり、生活が不便になってしまいますよね。

是非、この記事を参考にして、雪かきの効率を
アップさせながら、雪に負けない環境作りを
実現していって下さい!

スポンサードリンク