スポンサード リンク

韓国に住んでいると、日本人観光客が激減していることを実感していることがよくあります。

具体的にどういったところで感じるのか具体的にお伝えしていきます。

韓国の免税店の実情

妻は、つい最近まで、韓国の免税店で仕事をしたいと考えていました。

免税店と人脈のある友達がいるからです。

しかし、最近は、ほんとーに厳しいとのこと・・・

原因は、やはり日本人観光客が激減したからです。

「日本人観光客が減少しても、中国人観光客が増えているから、そっちで埋め合わせが出来るんじゃない?」

と思われる人もいるかもしれませんが、そうではない事情があるそうです。

つまり、中国人は、ブランド品や化粧品など、高いものは好んで買うのですが、食品関係や小物には、ほとんど手を出さないそうです。

つまり中国人は、目的買いが多い感じですね。

妻の友達が扱っている商品も韓国の伝統的なお茶なので、日本の韓流ブームの時は、結構、潤っていました。

しかし、今では、大幅な人員削減をしなければならなくなるほど、厳しいとのこと・・・

韓国ツアーを扱っている旅行会社の実情

この間、韓国行きのツアーや航空券を扱っている日本の旅行会社の方と会った時も、その方は、こんな話をしていました。

「日本から韓国へ行く人の数が30%ぐらい減っているけれども、残りの70%のほとんどは、仕事など観光目的以外で行く人達なんだよね。

だから、観光客に絞ってみると、減少率は、もっと高いはずだよ。」

その方が勤めている旅行会社も、本当に厳しいとのこと・・・

明洞の日本人観光客も激減

先日、明洞に詳しい方にお会いした時も、明洞に来る日本人がかなり減っているという話を聞きました。

明洞は、元々、韓国人は行かないところで、日本人観光客で賑わっていたので、今、明洞の飲食店や小物のお店などは、かなり厳しいとのこと・・・

ちなみに、私がソウルのいろいろなところを回っていますが、日本語で話す人達をほとんど見かけません。

 このままの状態が続くと・・・

日韓関係が悪くなって、久しくなってきましたが、その影響は、かなり深刻だなあという印象を受けます。

このままの状態が続いていくと、韓国の旅行会社や外国人を対象にしている免税店は、かなり深刻なダメージを受けるのではないかと思います。

もちろん、中国からの観光客を更に増やしてカバーしていこうという考え方もあるかもしれません。

それでも、日本は、GDPが世界第三位の国なので、その日本を無視するのは、やっぱりよろしくないと思います。

いずれ、こういう状態は、やがて限界を迎えるようになってくると思うのです、そこから、良い方向に話が進んでいけば良いですね。

スポンサードリンク