スポンサード リンク

節分の季節になると、
昔は、豆まきが定番だったのですが、
最近は、恵方巻きを食べる家庭も
増えてきましたね。

ehomaki

恵方巻きといえば、
「○○の方角を向いて食べる」
と毎年言われて、みんな言われる通りに、
実践していますが、そういった方角は
どうやって決まっているのでしょうか?

そして気になる2015年の方角は?

恵方巻きの気になる話を
いろいろとまとめてみました。

そもそも恵方巻きって・・・

太巻きを節分の時に食べる習慣自体は、
江戸時代の末期に、大阪の船場で商売繁盛を
祈願するために始まったと言われています。

ただ、正確な起源は、はっきりしたことが
分かっておらず、実は、「太巻きは男性の・・・」
という変な俗説もあったりします。

その後、恵方巻きは、関西を中心として
続いてきましたが、1989年に
広島のセブンイレブンが恵方巻きの販売を開始し、
1998年には、全国で商品展開をするようになって、
全国の風習として定着するようになりました。

また、”恵方巻き”という言葉自体も、
セブンイレブンが付けた商品名で、
元々は、「丸かぶり寿司」などと呼ばれていました。

そういった意味では、
恐るべしセブンイレブンですし、
商品開発担当者の方は、ものすごいことを
やってのけた訳ですね!

 

恵方巻きの方角の先には何がある?

では、恵方巻きを食べる方向は、
どうやって決まるのでしょうか?

皆さんは、その先に何があると思って
食べていますか?

恵方巻きを食べる時に向く方角は、
歳徳神(としとくじん)という神様が
いらっしゃる方向となります。

そして、歳徳神がいらっしゃる方向は、
毎年違ってくるわけですが、
実は、以下のような法則性があります。

西暦年の1の位が、
4、9の時→東北東やや東
0、5の時→西南西やや西
1、3、6、8の時→南南東やや南
2、7の時→北北西やや北

つまり、2015年の恵方巻きの方角は、
西南西やや西ということになります。

結構、複雑な決め方をしていると思いきや、
法則性だけ知ってしまえば、簡単に方角が、
分かってしまいますね!

 

恵方巻きを食べる時の重大ルール

恵方巻きは、七福神にもじって、
7種類の具材を使い(種類が変わる場合もあります)、
太巻きで巻くことによって、
福を巻き込むという意味があります。

また、恵方巻きを食べる際、実は、
守るべき大切なルールがあります。

それは・・・

恵方巻きの方角を向いて食べる時は、
願い事をしながら、食べるのですが、その際、
途中で話しはいけないということです。

途中で話すと、運が逃げてしまうだからだそうで・・・

実際、家族で、恵方巻きを食べ終わるまで、
みんなが同じ方向を向いて、黙々と食べ続けるのは、
はたから見ると、少し滑稽な感じもします^^

それでも、こういうのは、
素直に信じたもの勝ち!?だとも思うので、
これも家族の大切なイベントということで、
しっかり、福をゲットしていければいいですね。

もちろん、私も長いものには巻かれろ派なので、
みんなと同じ方向をしっかり向いて、
福にも、しっかり巻かれようと思います^^

スポンサードリンク