スポンサード リンク

暑い時は、暑中見舞いや残暑見舞いを出しますが、
寒い時には、寒中見舞いがありますよね。

ところで、寒中見舞いは、
いつぐらいの時期に書くのでしょうか?

また、冬の挨拶と言えば、年賀状ですが、
年賀状との兼ね合いはどうしたら良いのでしょうか?

いろいろとまとめてみました。

 

寒中見舞いを出す一般的な時期

寒中見舞いを出す時期は、
二十四節気と呼ばれる季節の中で、
小寒が始まる時期から、立春が始まる前まで
となります。

小寒の始まりは、年によって違いますが、
1月5日か6日になります。

ただ、この時期は、年賀状もあり、
年賀状は、松の内(1月7日)まで
されているため、それ以降は、
寒中見舞いを送る方が良いということになります。

また春の始まりを表す立春は、
2月4日から始まるので、
その前日は、2月3日となります。

まとめると、寒中見舞いは、
1月8日~2月3日までの間に送る
ということになります。

寒中見舞いは、どんなシチュエーションで出す?

では、寒中見舞いは、どんな状況の時に
出すのでしょうか?

寒冷地の方へ

寒中見舞いは、文字通り、寒いところで
暮らしている方を気遣う目的で出すものです。

またその際、自分の近況を知らせたり
するようにします。

年賀状を出すのが遅れてしまった場合

忙しい時は、ついつい年賀状を書くのが、
遅れてしまったりすることがあります。

また年賀状を書いていなかった人から、
年賀状が来たら、遅くなっても、
返事は書いておいた方が良いですよね。

ただ、松の内(1月7日)を過ぎると、
年賀状の時期ではなくなってしまうので、
少し失礼な印象を与えてしまいます。

そういった時には、寒中見舞いを出すようにしましょう。

相手や自分が喪中であった場合

相手の方が喪中で、年賀状を送れなかった場合、
その代わり、寒中見舞いを送るようにします。

それ以外にも
自分が喪中なのに年賀状が来たので、返事を書く
相手が喪中なのに年賀状を送ってしまったことに気が付いた
時などにも、寒中見舞いという形で送ると良いでしょう。

もちろん、その場合は、おめでたい言葉はNGです。

 

どんなことを書くか

寒中見舞いは、まず、

“寒中お見舞い申し上げます。”という
挨拶から書き出しをします。

その後、

時候のご挨拶
喪中の方へ出す場合は相手への気遣いの言葉
喪中の方へ年賀状を出してしまっていた場合はお詫びの言葉
年賀状の返信が遅れた場合は、感謝とお詫びの言葉
寒さが続いている中での相手への心遣いの言葉
今後に向けたご挨拶

などを書き、最後に日付を書いて締めます。

例文集は、以下のものを参考にして下さい。

寒中見舞い例文集①
寒中見舞い例文集②

どちらも、パターンごとの例文が載っているので、
とても分かりやすいです。

 

年の初めのご挨拶は、やはり何だかんだといって
とても大切ですし、年賀状で行き違いがあった場合の
フォローをするという観点でも、寒中見舞いは、
是非、有効に活用していきたいものですね。

スポンサードリンク