スポンサード リンク

クリスマスが近づいてくると、小さい子供たちは、
サンタさんからのプレゼントを待望して、
ウキウキし始めますね。

santa

我が家の子供たちも、
クリスマスが始まる半年ぐらい前から、
サンタさんにお願いするものを考えたり、
お手紙の準備をしたりしていました。

でも、最近は、サンタさんが誰だか
分かってきたこともありまして^^;

ところで、サンタは何歳まで信じるものなのでしょうか?

一般的な傾向や、ばれるパターン、そして
サンタを出来るだけ長く信じさせる裏技(!?)などを
まとめてみました。

サンタは、何歳まで信じているもの?

アフラックが2012年に行った
クリスマスに関する意識調査によると、
「あなたは、いつ頃までサンタさんを信じていましたか?」
という質問に対して、以下のような回答結果が出てきました。

0歳~小学校入学前まで:15.1%
小学校低学年(1~2年生)まで:27.8%
小学校中学年(3~4年生)まで:22.9%
小学校高学年(5~6年生)まで:10.1%
中学生まで:2.5%
高校生まで:04.%
それ以上:0.1%
覚えていない:8.8%
信じたことがない:9.4%
今でも信じている:3.0%

この結果を見ると、小学校低学年まで
信じていた方が一番多いですね。

ちなみに我が家には、3人の子供がいますが、
サンタを信じていたのは、

長男:小学校5年生まで
次男:小学校4年生まで
娘:小学校2年生まで(!?)

という感じでした。
(※最後、娘が!?になっているのは、実は理由があります)

我が家では、比較的長くサンタさんを信じさせられたと
思ってはいますが、経験上、子供が多いと、
下の子供ほど、隠すのが難しくなってくる傾向はあります。

やっぱり上の子が信じていないと、
その雰囲気が下の子まで伝わって来てしまう
ところがありますので・・・

 

ばれるパターンとうまく防ぐ方法

ちなみに、子供たちは、どうやって、
サンタさんを信じなくなってくるのでしょうか。

長男や次男の場合、小学校3~4年生になってくると、
学校の友達から、

「サンタなんかいるわけないじゃん」

と言われるようになり、疑いの心が芽生え始めました。

また、娘の場合は小学校1年生の時に従姉から、

「サンタさんは、いないんだよ」

と入れ知恵されました(T-T)

(娘の夢をぶち壊した姪には、
しばらく怒りが収まりませんでしたが・・・)

ちなみに大昔の話ですが、私は、小学校3年生の時、
親がプレゼントをもって、部屋に入ってきた時、
目覚めてしまい、分かってしまいました。

その他にも、

プレゼントを買った時のレシートを発見されてしまった。
親が頃合いを見計らって告白する(経済的な事情もあるようで・・・)
保育園の保母さんが、ばらしてしまう(これは悲惨・・・)

という理由などで、サンタさんを信じなくなる
ケースが多いようです。

 

サンタさんを長く信じさせる方法

子供たちが大きくなってくると、
サンタさんを信じさせるのが段々難しくなってきますが、
少しでも長く信じさせるための良い方法
ご紹介しておきます。

「サンタは信じる子供のところにだけやってくる!」と言う

一つ目の方法は、子供から、
「サンタさんって本当にいるの?」
と聞かれたら、

「サンタさんは、信じない子供のところには、来ないけれども、
信じる子供のところには来るんだよ」

と言って上げることです。

そうすると、学校の友達から、「サンタはいない」
入れ知恵されても、それは、その友達が、
サンタを信じていないから来ないということになります。

そして、サンタがいることを疑ってしまうと、
サンタは自分のところに来ないと子供たちは考え、
変な質問はしてこなくなります。

ただ、親から見ると、子供は、
サンタを信じているのか、サンタを信じているふりをしているのか、
分からなくなってくるというデメリットも少しあるのですが・・・

実は、我が家の娘も今はそんな感じです^^;

 

サンタさんの居場所を教えて上げる

あと、もう一つの方法として、サンタ追跡サイト
子供たちに見せて上げるというのも一つの手です。

サンタ追跡サイト(Google版)
サンタ追跡サイト(英語版)

こういったサイトを見せて上げながら、
「ほら、サンタさんは、今、ここにいるんだよ」
と話して上げると、リアル感が出てきます。

ちなみに、我が家では、英語版を子供たちに
見せていましたが、その方が、なんとなく
説得力が増します^^

 

サンタはつらいよ・・・しかし!

私は、子供たちには、出来るだけ長く、サンタさんを
信じさせて上げたら良いのではと思っています。

サンタを信じる中で、子供たちは、ワクワクした気持ちで、
楽しくクリスマスまでの期間を過ごすことが出来ますし、
サンタさんはどうやってくるかなど、いろいろなことを
想像する力が身についていくからです。

実際、子供が大きくなってくると、
サンタさんに対するプレゼントの金額も高くなってきますし、
子供が増えてくると、プレゼントに掛かるトータルの
金額が増えてきます(T-T)

さらに、お年玉の準備とのダブルパンチ
親は、結構大変なものですが、
子供たちのために、一肌脱ぎ続けたいものですね。

がんばりましょう!

スポンサードリンク