スポンサード リンク

私の妻は、よくアボカドご飯を作ってくれます。

実は、私は、昔からアボカドが大好きです。

アメリカへ留学していた時も、
アボカドがたっぷり入った、
ルフォルニアロールという名前のお寿司が
大好きでした。

そんなアボカドには、
どんな栄養があり、効果があるのか、
いろいろとまとめてみました。

ギネスでも認定されているほどの驚くべき栄養価

実は、アボカドは、栄養価の高さでは、
ギネスに認定されているほどの食品です。

原産地である中南米では、生命の源
呼ばれていますし、その他にも

森のバター
若返りの美容液

などと呼ばれています。

abokado

それほどまでに高い評価を受けているアボカドには、
どんな栄養が含まれているのでしょうか。

その効果と共に、ご紹介していきます。

ビタミンEが老化を防止してくれる

アボカドには、ビタミンEがたくさん
含まれています。

ビタミンEは老化の原因となる
活性酸素を防ぐ抗酸化作用があります。

ですので、アボカドには、
老化防止や若返りの効果があるのです。

またビタミンEには、
エストロゲンという女性ホルモンの分泌をうながす
作用もあります。

アボカドは、女性の美容と健康に欠かせない食品と
言えそうですね。

食物繊維が豊富だから便秘に効く

アボカド1個には、ごぼうと同じぐらいの
食物繊維が含まれています。

そのため、整腸作用で便秘の解消
つながりますし、腸が活発になる分、
ダイエットにも効果があります。

 

ビタミンB群でストレス解消

アボカドには、ビタミンB1やB2が
豊富に含まれています。

ビタミンB群には、脳や神経の働きを正常化させ、
ストレスに対抗するホルモンを作ってくれる
働きがあります。

ですので、アボカドには、
ストレスや鬱のリスクを減らしてくれる
効果があるのです。

またビタミンB群のひとつで、
アボカドにもしっかり含まれている葉酸は、
妊婦さんに欠かせない栄養素
言われていますし、
貧血や動脈硬化も防ぐ働きもあります。

カリウムで、高血圧防止

アボカドには、ミネラルが多く含まれていますが、
その中でも、カリウムが特に多く含まれています。

カリウムはには、余分な水分を体外に排出し、
血圧を下げてくれる効果があります。

ですので、アボカドには、高血圧を防いでくれる
効果があるのです。

 

不飽和脂肪酸で、血液サラサラ

アボカドは、脂質の占める割合が、
全体20%もあり、それが、アボカドの
とろけるようなやらわかさを生み出しています。

脂質というと、あまり良くないイメージがありますが、
アボカドに含まれる脂質は、バターなどに含まれる
飽和脂肪酸ではなく、不飽和脂肪酸と呼ばれるタイプの一つで、
オレイン酸という良質の脂肪酸を含んでいます。

オレイン酸には、

血液をサラサラにする
悪玉コレステロールを減らす
空腹感を抑えてくれる

という効果があります。

ですので、アボカドには、
動脈硬化を防ぐ作用もあるのです。

 

良質のタンパク質でしっかり栄養補給

アボカドに含まれるタンパク質は、
とても良質です。

タンパク質に含まれるアミノ酸の内、
必須アミノ酸と呼ばれている体内では作り出せない
種類のアミノ酸をアボカドは報復に含んでいるからです。

アボカドで体に必要な
タンパク質をしっかり補給していきましょう!

 

 

3分で作れるアボカドご飯の作り方

アボカドには、驚くほどの栄養があることが分かったところで、
3分で出来るアボカドご飯の作り方
をご紹介しておきます。

準備するもの

準備するものは、いたってシンプルです。

アボカド1個
ご飯(茶碗3杯分ぐらい)
醤油(適量)

だけあれば大丈夫です。

作り方

まず、アボカドを半分に切って、
スプーンを使って、中身を切り抜きます。

IMG_3009

ボウルの中に入れて、しゃもじで少し
細かくします。

IMG_3011

そこにご飯を入れてかき混ぜます。

IMG_3016

さらに醤油を入れて味付けをすれば、
出来上がりです。

IMG_3018

とっても簡単ですよね。

でも、このご飯は、アボカドのとろりとした
食感を楽しめて、実においしいのです。

さっと作れるアボカドご飯で、
皆さんも、しっかり栄養補給してみて下さいね。

スポンサードリンク