スポンサード リンク

アミノ酸は、体にとって必須の栄養素ですね!

でも、分かっているようで、
分かっていない方も多いかと思いますし。

「アミノ酸を摂取するには、どんな食べ物を
食べればいいのかなあ」

と思われている方も多いかと思います。

そこで、アミノ酸を含む食べ物について、
いろいろまとめてみました。

アミノ酸とは何なの?

まず、アミノ酸の重要性を説明しておきます。

アミノ酸とは、簡単に言ってしまうと、
タンパク質を構成するユニットです。

タンパク質を摂取すると、
最終的にはアミノ酸に分解され、
体に吸収されるようになります。

人の体は、60~70%が水分と言われていますが、
残りの成分の20%はタンパク質、すなわちアミノ酸
出来ていると言われています。

それだけアミノ酸は、体にとって欠かせない
大切な成分だという訳です。

実際、アミノ酸が不足してしまうと、

筋力の低下
疲れ
成長の阻害
精神的不安定、イライラ、うつ病
薄毛、脱毛
肌荒れ
肝機能の低下
不眠
免疫力の低下
むくみ

などの症状が出て来やすくなってしまいます。

 

必須アミノ酸と非必須アミノ酸

アミノ酸は、自然界には500種類あると
言われていますが、私たちの体に必要なアミノ酸は20種類です。

また、それらは、必須アミノ酸非必須アミノ酸という
大きく二つのグループに分けられます。

必須アミノ酸(9種類)

バリン、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、
リジン(リシン)、フェニルアラニン、トリプトファン
スレオニン(トレオニン)、ヒスチジン

非必須アミノ酸(11種類)

アルギニン、グリシン、アラニン、セリン、
チロシン、システイン、アスパラギン、
グルタミン、プロリン、アスパラギン酸、
グルタミン酸

 

必須アミノ酸と呼ばれる理由は、体の中で作ることが出来ないため、
体外から摂取するしかないからです。

ですので、重要度としては、必須アミノ酸の方が上になります。

ただ、非必須アミノ酸も、体内で合成することは可能ですが、
それでも大切な栄養素であることには間違いないので
摂取しておいた方が良いと言えるでしょう。

 

どんな食べ物を取るのが良いのか?

アミノ酸を摂取する上で、大切なポイントになってくるのは、
アミノ酸スコアという数値です。

アミノ酸スコアは、必須アミノ酸がどれだけバランスよく
含まれているかというのを数値で表したもので、
100に近いほどバランスが良いとされています。

実は、必須アミノ酸は9種類のうち、1種類でも
欠けると、体内でうまく活用されないため、

アミノ酸スコアが100に近い食品を中心として、
摂取していくことが大切になっていきます。

では、アミノ酸スコアが100の食品は
どういった食品になるのでしょうか?

肉類であれば、鶏肉、豚肉、牛肉
魚類であれば、アジ、イワシ、サケ、カツオ節、ツナ
乳製品・卵では、牛乳、ヨーグルト、卵

などが、基本的には100点です。

また、豆類でも、枝豆、おから、豆乳、大豆などは、
アミノ酸スコアの数値が比較的高い食品となります。

ですから、肉、魚、卵、乳製品、豆類は、
日々の生活の中で、しっかり摂取した方が良い
ということになります。

 

結局、バランスが大切

アミノ酸スコアが高い食品をとっていけば、
無駄がなくなることになり、ダイエット効果にもつながります。

実際、これはアミノ酸に限った話ではなく、
栄養をしっかり取る際は、バランスが感覚が
とても大切になってきます。

○○を食べたから大丈夫という訳ではなく、
何でも、バランスよく摂取していきながら、
是非、健康な体を作っていって下さいね。

スポンサードリンク