スポンサード リンク

2014年9月8日は、中秋の名月です。

こういった時は、是非、ゆっくりお空を見ながら、
風情を満喫したいものですよね。

でも、その前に、その意味をもっとじっくり知っておきたいもの。

そこで、今回は、中秋の名月の由来などについて、
いろいろまとてみました。

中秋の名月っていつ?

中秋の名月の中秋は、文字通り、
秋の真ん中という意味です。

旧暦では7月、8月、9月を秋と読んでいます。

ですから、秋の真ん中というのは、
旧暦では8月15日となるので、その日が、
中秋の名月、そして十五夜と呼ばれるようになりました。

ですから、今後の中秋の名月は、

2014年:9月8日
2015年:9月27日
2016年:9月15日
2017年:10月4日

という感じになります。

ちなみに、仲秋の名月という表現もありますが、
仲秋とは、旧暦の8月全体を差した言葉です。

読み方は同じですけど、意味は、
少し違ってきますので、ご注意ください。

 

中秋の名月の由来は?

中秋の名月の由来ですが、
実は、その起源ははっきりと分かっていません。

日本では、昔から、
稲の豊作を祈願したり、
芋類の収穫を感謝する祭りとして行われたり
してきました。

また、中秋の名月を堪能する習慣は、
中国から平安時代に遣唐使を通じて、
伝わってきたという話もあります。

いずれにせよ、最初は、貴族の間に広まり、
江戸時代に入ってからは、庶民の間でも、
一般的に行なわれるようになったという流れのようです。

 

必ずしも満月ではなない理由

中秋の名月といえば、

きれいな満月というイメージ

mangetsu

があるかと思いますが・・・

実は、必ずしも、この日が満月になるという訳ではありません。

逆に満月ではない時の方が多いと
言いますから、ちょっと意外ですよね。

満月でない年が多くなってしまう理由は、
月の軌道が楕円を描いているからです。

旧暦は、元々、月の動きを中心として
作られた暦です。

そして新月(月が太陽と同じ方向にある)の時を
その月の始まり(1日)としています。

基本的には、月の真ん中である15日頃が、
満月になってくる訳ですが、

月の軌道が楕円を描いていたり、
月と地球の位置関係が変わったりするため

満月になる日が、15日よりは1~2日前後してしまうのです。

ですから、厳密な表現をすれば、
中秋の名月は、大体満月という感じになりますね。

 

この日は何をする?

では、中秋の名月は何をするのでしょうか?

中秋の名月は、いろいろなお供えものをする
イメージがありますが、その基本は、

穀物の収穫を感謝する

ということです。

具体的には、以下のようなものを
お供えします。

 

月見団子

定番と言えば、月見団子ですが、
穀物であるお米から作っていますので、やはり
豊作を感謝したり、祈ったりする意味があります。

地域によっては、十五夜なので十五個
積み上げると決まっているところもあるそうです。

 

里芋やさつまいも

十五夜は、芋名月(いもめいげつ)とも
呼ばれているため、里いもやさつまいもを
お供えしたりもします。

考えてみれば、この時期は、芋が旬の季節なので、
芋のおいしさをじっくり味わってみるのも
良いかもしれませんね。

 

ススキ

ススキを飾る理由は、
ススキが稲穂に似ているからです。

また、ススキには、邪気を祓うという
意味も込められたりしています。

 

空を見上げて、風情を満喫しませんか?

月は、私たちと深い関わりがありますし、
月から様々な影響を受けながら、
私たちは、生活をしてきました。

普段、忙しい生活に追われている時は、
そういったことを、考える暇さえないかもしれません。

しかし、こういった時は、是非、おいしいお供えものを準備して、
風情を満喫しながら、ゆったりとした時間を
過ごしてみたいものですよね。

スポンサードリンク