スポンサード リンク

10月31日はハロウィンです。

日本でも最近は、段々、盛り上がってきていますが、
ハロウィンと言えば、仮装
そしてもう一つは、かぼちゃですね。

kabocha2

 

かぼちゃの中身をくりぬいて作ったものを
ジャック・オー・ランタンと言います。

日本語に訳すと、”ジャックの提灯”という意味になりますが、
なぜ、かぼちゃをくり抜いて提灯を作る風習
が広まったのかまとめてみました。

 

ジャック・オー・ランタンの由来

この風習は、アイルランドに伝わる物語
由来となっています。

その話を、ちょっと詳しくお伝えしていきます。

悪魔との最初の出会い

昔、ジャックという酒飲みで怠け者の男がいました。
(もちろん、架空の人物です)

あるハロウィンの夜、ジャックは酒場で酒を飲んでいました。

ハロウィンは、元々、死者の霊などがやってくる日です。

ジャックのところに悪魔がやってくるのですが、
ちょうど、ジャックは、酒を飲むお金がなくなっていたので、
悪魔に対して、

「自分の魂をあげるから、最後にいっぱいだけお酒を飲ませて」

とお願いします。

(悪魔相手にこんなこと言うなんて、どんだけ酒が好きなんじゃ
という感じですね・・・)

 

そこで、悪魔は、自らの姿をコインに変えて、
そのコインを使って、ジャックがお酒を
買えるようにして上げたのですが・・・

ジャックは、そのコインお財布に入れて、
十字架で押さえつけ、悪魔を封印してしまいます。

 

困ってしまった悪魔は、
今後10年間、ジャックの魂を取りに来ない
という条件で、ジャックから解放してもらいます。

 

悪魔との2度目の出会い

そして、10年の月日が流れ、
悪魔がジャックの魂を取りにやってきました。

しかし、ジャックはまた知恵を使います。

悪魔に対して、

「魂を上げる前に、この木の上のリンゴを取りに行って欲しい」

とお願いします。

人の良い(!?)悪魔は、最後のお願いだから
ということで、リンゴを取りに木に登ります。

すると、すかさず、ジャックがその木に十字架を刻んで、
悪魔を木から降りられないようにしてしまいます。

まんまとしてやられた悪魔は、
もう二度と、魂を取りに来ない
という条件で、木から降りることが出来ました。

 

あの世でジャックを待っていたのは?

やがて、ジャックも天寿をまっとうし、あの世へ
行く日がやって来ました。

最初、ジャックは天国へ行こうとしますが、
ジャックは、悪い事ばかりしていたので、
もちろん、天国へは入れません。

しょうがないので、地獄へ行くことにします。

しかし、そこで、悪魔が、

「お前の魂は、取らないと約束したから。」

と言われ、地獄へも入れてもらえませんでした。

 

結局、ジャックは、どこへ行くことになったのでしょうか?

この世とあの世の狭間をさまよう歩くようになります。

しかし、その道はとても暗かったので、
ジャックは、悪魔から提灯をもらいました。

それが、ジャック・オ・ランタンです。

今でもジャックの魂は、ランタンの光だけを頼りに
さまよい歩き続けているのです。

 

“カブ”から”かぼちゃ”へ

元々と、ジャック・オ・ランタンは、カブだったのですが、
その風習が、アメリカへ伝わった時、かぼちゃに変わりました

かぼちゃに変わった理由は2つあります。

1つ目の理由は、

アメリカでは、カブがあまり一般的ではなかったからです。

それより、たーくさんあったかぼちゃの方がいいぞ
という話になった訳です。

 

2つ目の理由は、

ハロウィン用のかぼちゃがまずかったから
と言われています。

kabocha

結構、おいしそうに見えるのですが、
実は、まずかったんですね。

このかぼちゃは基本的に
家畜のえさとして使われるそうです。

 

なぜ、ジャック・オ・ランタンを飾るのか?

では、ジャック・オ・ランタンはハロウィンでは何のために
使うのでしょうか。

その目的は、魔よけです。

ジャック・オ・ランタンって、結構怖い顔をしていますよね。

あれで悪霊を怖がらせようとしているのです。

 

もちろん、最近は、宗教的な意味合いは消えて、
イベント化していますが、お子さんから、

「なんでかぼちゃなの?」

と聞かれた時に、説明出来ればいいかもしれないですね!

スポンサードリンク