お彼岸とお盆の違いは?時期や特徴など一体何が違うの?

スポンサード リンク

私たちが、こうやって生きていけるのは、
ご先祖様のお陰です。

そういった意味で、ご先祖様の供養は
大切にしていきたいものですよね。

ところで、ご先祖様を大切にする時期には、
お彼岸やお盆がありますが、
この二つは何が違うのでしょうか?

分かりやすくまとめてみました。

時期の違い

まず、それぞれの時期を簡単に説明しますと、

お盆の時期は、

東京などでは、7月15日(7月13日~16日)
全国的には、8月15日(8月13日~16日)

というのの基本的な期間となっています。

8月にお盆の行事が多い理由は、
7月だと、農家の人達が忙しかったという事情もあるようですが、
現代は、やっぱり、その方が親戚一同集まりやすい事情が
あるからなのかもしれません。

それに対して、お彼岸は、1年で2回ありますが、

春の彼岸:春分の日と前後3日間、計7日間
秋の彼岸:秋分の日と前後3日間、計7日間

となります。

2014年の場合だと、
春分の日が3月21日、秋分の日が9月23日なので、

春の彼岸:3月18日~3月24日
秋の彼岸:9月20日~9月26日

となりますね。

 

共通点と違いは?

まず、共通点から話していくと、
お彼岸もお盆も仏教の伝統行事です。

また、ご先祖様を敬うという観点も同じです。

 

では、何が違うのでしょうか?

大きな違いは、簡単に言ってしまうと、

お盆:ご先祖様を迎えて供養していく
お彼岸:ご先祖様がいる世界に想いを馳せる

というところにあります。

 

実は、お彼岸は、元々、
先祖供養をするのがメインの目的ではありませんでした。

ちなみに、彼岸(ひがん)という言葉はあの世を意味します。

それに対して、この世は此岸(しがん)と呼ばれています。

彼岸が、春分の日や秋分の日と前後3日間となった理由は、
彼岸であるあの世が、ちょうど西方にあると言われており、
この期間は、太陽がちょうど真西に沈むため、

彼岸の方向=太陽の沈む方角

が一致するからだと言われています。

 

また、お彼岸には、六波羅蜜(ろくはらみつ)という
6つの修業を行なう習慣もあります。

つまり、お彼岸とは、

仏教徒として、この世から、あの世(悟りを開いた世界)へ
到達するための悟りを開く訓練をすることが
メインの目的なのです。

 

また同時に、この日は、太陽が真西に沈むので、
この世(此岸)とあの世(彼岸)が、もっとも通じやすい期間
されるため、この期間に、先祖供養をするようになったと
言われています。

実際、お彼岸の期間は、

お墓参りをしたり
仏壇を掃除したり、
季節の花をお供えしたり、
おはぎやぼたもちを食べたり、

しますが、元々は、仏教徒として、
正しく過ごして悟りの世界に想いを馳せよう
という意味合いがあるわけです。

 

昔から、暑さも寒さも彼岸までと、よく言われていますが、
少し過ごしやすくなるこの期間に、ご先祖様に感謝をしながら、
心をしっかり正していければいいですね!

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ